検索

夏のおしゃれに差がつくリストウォッチ3ブランド

おしゃれな人は、夏こそ腕時計!

 

 

夏はノースリーブにデニム、すごくシンプルなスタイルが好きだ。

しかし暑くてもネックレスにリング、ブレスレットなどアクセサリーまで気を使える女性には憧れる。

そう夏の軽装にこそアクセサリーがよく映えることを、彼女たちはよく知っているのだ。ピアスやネックスレスはもちろんのこと、プラスしてここ数年、夏のワードローブに腕時計を選ぶ女子が急増中。昔より気軽に腕時計をするようになった気がする。高級時計思考の人が多かったが、今はお手頃価格のおしゃれな腕時計も増え、ストラップも簡単に交換出来ることで、アクセサリー感覚で楽しめる。カジュアルになりすぎた日は大人っぽくて上品な時計を、素敵なワンピースを選んだ日はメンズライクな時計を選んでみたりして、その日の気分とスタイルで時計を変えてみる。なんだか素敵なことに思えてきた。欲まみれの私は、時計探しに没頭中。そこで人気ブランドのおすすめアイテムをリストアップ!

 

 

 

アンティーク調のデザインが魅力のスイス製

《Rosemont(ロゼモン)》の人気ウォッチ


 

《Rosemont(ロゼモン)》の腕時計は飽きのこないクラシカルでアンティーク調のデザインが味わい深い。どんなスタイルにも合わせやすく、流行り廃り関係なく愛情を持って使い続けられる、これが人気の理由ではないかと勝手に分析。“Rosemont Collection”の華奢な腕時計は、女性の腕を上品に演出してくれる。1つ持っていたいし、さまざまなシーンで活躍してくれそうだ。一方、“Rosemont Nostalgia Collection”の腕時計は、同じ上品でもハンサム。少し大きめのサイズが絶妙で、古典的なスタイルが雰囲気を作ってくれる。見ているとつい心の声が出てしまう、、、「素敵!」。それぞれの持ち味が生かされた《Rosemont》のコレクションは、どれも欲しいので、自分へのご褒美として1つずつ買っていこう。

 


 

http://www.rosemont-swiss.com/rosemont/rs49-01cy-mt/

1960~70年代のヴィンテージ時計を彷彿させる、クラシカルなモデル。当時の雰囲気を漂わせるシャンパンゴールドの文字盤は、伝統が作り出す洗練のデザイン。Antique Touch Rose Series(RS#49-01CY MT)¥26,000(税抜)/Rosemont

 

 


 

http://www.rosemont-swiss.com/rosemont-nostalgia/n011-ywr-dlb/

50年代に流行したスクエア型の新作。小ぶりなケースとアンティーク調のデザインが、女性らしさをより引き立てくれること間違いなし。お手頃な価格も魅力的。Rosemont Nostalgia(N011-YWR DLB)¥23,000 (税抜)/Rosemont

 

 


 

http://www.rosemont-swiss.com/rosemont-nostalgia/n008-ywa-cwh/

文字盤と針のシェイプが高級アンティーク時計のよう。ケースの接続部分・ラグが、上品さを演出してくれるこだわりのデザイン。なんだか自分も上品になれそう。Rosemont Nostalgia(N008-YWA CWH)¥20,000(税抜)/Rosemont

 

 

Rosemont(ロゼモン)商品のお問い合わせ先

(株)ピークス 

tel:03-5778-3260

 

 

 

 

 

 

《Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)》

“クラシック ペティットシリーズ”の新作「ボンダイ」 


 

 

 

 

2011年にスウェーデンで誕生し、その人気ぶりはハンパない。日本に至っては2014年に上陸して以来、急速に拡大中。インスタでハッシュタグを打ち込むと、件数の多さに圧倒されつつ参考になる。街ゆく女子を見ていても、目につくのは《Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)》の大きなフェイスにおしゃれなストラップ。私はブランドを見て、遅ればせながらブラックの文字盤が素敵なことに気づいた。最新の注目アイテムは“クラシック ペティットシリーズ”の新作「ボンダイ」だ。2017年に登場したばかりの32mmのケースサイズに、ブランド初のホワイトレザーを採用したクリーンかつエレガントな逸品だ。またシンプルな文字盤がいい、どこか懐かしくて新しい。ミニマルなデザインはカジュアルなスタイルにもよくハマるので、スタイルアップは確実。

 


 

https://www.j-connection.jp/fs/jcstore/dw00100189

意外にもブランド初となるホワイトレザー採用の新作“クラシック ペティットボンダイ”。ローズゴールドの輝きがポイントとなった大人っぽいアイテム。CLASSIC PETITE BONDAI¥18,000(税抜)/Daniel Wellington

 

 


 

https://www.j-connection.jp/fs/jcstore/dw00100190

シルバーのケース×ホワイトレザーは、タウンユースはもちろんリゾート地でもクリーンに演出してくれる、夏にピッタリのアイテム。ローズゴールドとどちらにしようか悩むのもまた楽しい。CLASSIC PETITE BONDAI ¥18,000(税抜)/Daniel Wellington

 

 

商品のお問い合わせ先

Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)原宿店

tel:03-3409-0306

 

 

 

 

やっぱり可愛い《TIMEX(タイメックス)》の

ミリタリー&オーバーサイズ


明治神宮前にに4月に誕生した世界初の直営店『TIMEX TOKYO 』

 

 

おしゃれな人は、昔からミリタリーとオーバーサイズをどこかに取り入れる。今は腕時計だ。《TIMEX(タイメックス)》のミリタリーウォッチの名作_“キャンパー”は、センスの良い人がいち早くアクセントにつけていて、いつも横目でチェックしていた。オーバーサイズの“キャンパー”を女子がつけ始めた時は、すごく新鮮だった。今ならマネしてもバレないので買い時だ。世界中で人気となったストラップブームの火付け役“ウィークエンダー”も定番ではあるが、デザインがどんどん進化しているので見逃せない。決められない、、。どうせ迷うならオープンしたばかりの路面店で思いっきり見比べたい。ショップでは国内展開モデルはもちろん、限定モデルの販売や刻印サービス、ストラップ・バーなどが設けられているそう。絶対お店で買いたい!

 

 

 


 

http://www.timexwatch.jp/fs/timex/TW2P88400

 

1980年代に発売された“キャンパー”の復刻版。変わらないドーム型風防、モノトーンで見やすい文字盤、女子にも似合うミリタリーデザインなので、時代に左右されず愛着を持って使えるアイテム。オリジナル キャンパー¥8,300(税抜)/TIMEX

 

 

 


 

http://www.timexwatch.jp/fs/timex/T2N364

 

タイメックスのロングセラー“キャンパー”のオーバーサイズは、その存在感がいい。軽い付け心地で視認性も高いので実用的だ。暗い場所で見えるインディグロ®ナトライト機能付き。オーバーサイズ キャンパー¥8,800(税抜)/TIMEX

 

 

 

 


 

http://www.timexwatch.jp/fs/timex/T2P142

 

上品なクローム仕上げのケースにカラフルなナイロンストラップを採用した、タイメックスの中で新しい雰囲気のミリタリーデザイン。気軽に取り入れられるスタンダードなアイテム。ウィークエンダー セントラルパーク¥8,300(税抜)TIMEX

 

 

TIMEX(タイメックス)商品のお問い合わせ先

DKSHジャパン 

tel:03-5441-4515

http://www.timexwatch.jp/

 

 

TIMEX TOKYO(タイメックス・トーキョー)
東京都渋谷区神宮前6-9-13
(東京メトロ明治神宮前7番出口より徒歩5分 / JR原宿駅より徒歩10分)
open:11:00-20:00

不定休
tel:03-6427-6551

 

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!