【教えて!グッドルーム 】新しい自分になるための一歩を踏み出したい。憧れの湘南ライフを叶えてくれる「aruka024」を内覧してきました【プチDIY女子達のお部屋案内】

平日は仕事で毎日朝早くから遅くまで頑張って、土日はどこにも出かけず睡眠に充てる日々……。でも待って、それでいいんだっけ?一息ついて、いざ新しい自分になるために、一歩を踏み出したいとき。そんなときに、ぜひお勧めしたい、街とお部屋を見つけました。

※記事内のお部屋の募集状況は時期により変動いたします。ご了承ください。

「仕事前のサーフィン」は当たり前。湘南で暮らす人の本当の日常

「湘南の暮らしを覗きに来ませんか?」そうお声がけいただいたのは、湘南エリアを拠点に構え、不動産管理業を営むユーミーClassの下山太郎さん。湘南といえば、海が近くてサーファーの方がたくさんいるイメージ。逗子や鎌倉、長谷といった江ノ電方面は、以前カフェ巡りや散策がてら観光に行ったことはあったけれど、江ノ島以西の湘南エリアには、正直なじみがなかったわたし。

 

「湘南で暮らすということは、どういうことなのかをイメージしながら、とっておきのお部屋をご案内しますよ」

そう話す下山さんに連れられて訪れたのは、小田急江ノ島線の「鵠沼海岸」駅。都内からでは、新宿駅からはJR湘南新宿ラインに乗れば約1時間。東京駅からもJR東海道本線で約1時間、という距離にある神奈川県藤沢市の小さな街です。最寄のターミナル駅である藤沢駅までは電車で5分の距離で、歩いても30分程度。「都内と比べて、この辺りに住んでいる方は“駅”にこだわる方は少ないかもしれませんね。みなさん、だいたい自転車やバイクで駅をまたいで移動している方が多いんですよ」

 

今回街と物件を案内してくださった、下山太郎さん。

 

住宅地の多いエリアの中でも鵠沼海岸駅は、駅と海の距離が一番近いということもあり、とても人気があるのだそう。朝4時、5時にもなれば海はサーフィンをする方でいっぱいになるといいます。そこで一汗かいたら、そのまま会社へ向かう。そんなどこか夢のような生活を送っている人が多いというので驚きます。サーフィンという趣味を通じて海で出会い、そのまま友人となって食事に行ったりする方も多く、外部の方を受け入れてくれる、アットホームな雰囲気が、鵠沼海岸に住む方々の魅力だそうです。

 

駅に降り立つと、さっそく小さな商店街がありました。スーパーやドラッグストアはもちろんのこと、個人経営の飲食店や雑貨屋さんも多くあり、利便性は十分。それでいて騒がしくなく、海沿いらしいゆったりとした空気は、どこか東京の下町の雰囲気を感じさせるものがあります。

 

 

*

サーフィンを通じて生まれる、住人と地域がつながる仕掛け

実際に、おすすめのお部屋を案内してもらうことに。今回ご紹介したいのが、ここ「aruka024」です。

サーフィンなどの暮らしを充実させるアクティビティを通じて、街と関わり、日々の生活をちょっとだけ豊かにするような、そんな暮らし方をしてみたい方をイメージしてつくられたというこの物件。

 

鵠沼海岸にある賃貸住宅は、築年数が経過したものが多いという中で、ここはまだ誰も住んだことのない、ぴっかぴかの新築物件です。

 

さっそく入り口にあったのは、シャワーブース。ここでサーフボードを洗っていれば、入居者同士で「今日、波どうだった?」、「こんど一緒に入りにいかない?」といった会話が自然と生まれるように、という想いがあり、設置されました。

 

内装で特徴的なのは、部屋が3層構造に分かれている「スキップフロア」という造りになっていること。玄関・リビング・ロフト(寝室)をそれぞれ独立させるために、あえて平面ではなく立体的な造りにしました。そのため、約20㎡という専有面積とは思えないほど、広く感じます。

 

ロフトへの階段の段数も、あえて少なくしました。そうすることで荷物の上げ下げをしやすくすることが狙いです。

 

ロフト奥は収納スペースに。ここはリビングから死角になるため、遊びに来た友人などに見せたくないものなどを置くのに利用しましょう。

 

3層構造になっているため、バルコニーから見える景色は、隣の家や道路を歩く人の目線の高さよりも高い位置にあります。1階でありながら、まるで2階に住んでいるかのよう。これなら防犯面でも安心です。

 

ほかにも、サーフライフを愉しむ方にはうれしい仕掛けも。まず、玄関を入ってすぐのところにあるのは、奥行きのある収納スペースが。もちろん、サーフボードを収納するのに最適なサイズで造られています。(写真は103号室のもの)

 

室内にも、窓際には強度のある物干しが。これはウェットスーツをかけるために使用するもの。濡れて重くなったウェットスーツをかけても支障のないように取り付けられました。ほかにも、ボタニカルなインテリアをかけるなどして、自分らしくアレンジしてもいいですね。

 

今後は、入居者同士の方や近所の方がコミュニケーションをとれるようなイベントも企画していくとのこと。誰でもすぐに地域に溶け込めるように、配慮をしてくださるのがうれしいですね。

 

 

*

これから住む入居者を考えて行われる、マイスターの小さな気遣い

さて、次は街をいろいろと案内いただこうと物件を出ようとしたときに、「ぜひ紹介したい人たちがいるんです」と下山さん。aruka024の建物からすぐのところに、現在建設中の建物がもう1件あるとのこと。ついていくと、そこではまだ数名の大工さんたちが作業をしていらっしゃいました。

 

 

「彼らが、今回aruka024を手掛けてくれた、『湘南マイスター・ネットワーク』の大工さんです」

 

湘南マイスターの皆さん。一番右が、棟梁の小野正さんです。

 

「湘南マイスター・ネットワーク」とは、湘南を基盤に活躍する職人の方々のこと。在籍する職人さんはみな、豊かな経験と実績を持っていて、「地産地造」を合言葉に、地元のため、地域のために活動をされています。

 

棟梁の小野正さんに「よかったら、どうぞ中を見ていってください」とお声がけをいただき、建設中の建物の中に入ることができる、という新しい体験に驚きました。マイスターは常に、地域の方に開かれた現場づくりを心掛けていて、それを皆さんは「現場のショールーム化」と呼んでいます。

 

「工事現場、というと、職人は怖くて近寄りがたく、危ないし、汚いし、といったイメージがどうしてもありますよね。僕らはそのイメージを払拭したいんです。そこで何ができるか考えた時、やはり中を見ていただくしかないかな、と。自分たちが見せられる場所はここしかないので、中を見て、話をしていればきっと僕らのやりたいことが伝わると思ったんです」ユーミーClassさんが作りたい、想いのこもった物件のイメージを、「着工前会議」という場で事前にしっかり理解をし、その上で現場での一挙手一投足に配慮しながら、正確に作り上げていく。すべては、これからここに長く住んでくれる、住民の方のためです、と棟梁は笑います。

 

毎日黒板に、今日はどんな工事をするのかを記したり、植物を植えて殺風景な現場を少しでも明るくするよう心掛けたり。物件が建つ前から、こんなに入居者のことを考えてくれている人がいるのかと思うと、なんだかうれしくなります。

 

 

ここに通えば、すぐになじめる。つながりのできる店

このあとは、実際に鵠沼海岸の街を案内してもらうことに。まずはaruka024から徒歩3分のところにある、引地川へ。

 

このあたりは海までたどり着く間に、いくつか川が流れており、引地川もそのひとつ。歩道から川へは降りれるように階段がついていて、ここでSUPに乗り、そのまま海まで行ってしまう方もいるそうです。中には、子どもや犬などを乗せて向かう方もいるというので驚きます。本当に、サーフィンを生活の一部として暮らしている方が多いようです。

 

続いて訪れたのは、カフェ「鈴鵠(すずくぐい)」。世界のラテアートの大会でベスト8に選出された実力者である谷尾陽平さんがバリスタを務める、本格派のコーヒーが味わえるお店です。

 

土日には観光客や、同業者の方が多くくるものの、普段は地元の方の憩いの場となっています。初対面の方が、たまたま隣同士になって会話をしているうちにすっかり仲良くなって、そのまま連絡先を交換する姿を見たりすることもあるそうです。

 

谷尾さんも元々は都内に住んでいて、このあたりにお店を出した、いわば移住組。たまたま見つけた現在の物件に一目惚れをして、鵠沼海岸に来たといいます。商店街の人もみな温かく受け入れてくれ、お互いの店をお客様に紹介しあうような文化があり、ここに決めてやっぱりよかった、と笑います。

 

「鵠沼海岸の雰囲気は、背伸びをしない、無理をしない、忙しなくない。元々は鎌倉や長谷の方面で探していましたが、結果的にここにしてよかったです。駅を降りた時の風が好きなんです。いろんなところに小さなお店があって、ただの散歩がとっても楽しい。満足度はかなり高いですね」

 

もしも、aruka024に住むことになったら、引っ越してきてすぐにここでカフェラテをいただきに来よう。その後も通い続けていたら、谷尾さんがまた新たな出会いを結び付けてくれるかもしれない。そうしたご縁がつながって、知人が一人もいなかったこの街での暮らしが、もっと楽しくなりそう。初めての人でもまったく気にしない谷尾さんの優しい笑顔に、ついついそんな妄想が広がってしまいます。

 

鈴鵠(すずくぐい)
住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-7-7 都ハイムE
https://localplace.jp/sp/t200443860/index.html

 

 

初心者大歓迎!プロが教えてくれるサーフィンスクール『Warm up』

次に訪れたのは、サーフショップ「Warm up」。プロサーファーである塩坂信康さんが運営されています。塩坂さんが指導するサーフィンやボディーボードのスクールは、先生一人に対して、生徒は2人、という少人数制で行われます。また、他の店ではなかなかない、1回あたりのコースで乗れる波は約10本。

 

塩坂さんが「初心者でも初日で99%が立てるようになりますよ」というだけあって、その確かな指導技術に、満足度が高いと評判のお店です。

 

「はじめは都内からわざわざ来て、趣味の一環としてサーフィンを愉しんでいた方も、少しずつ乗れるようになって、そのまま住み始めてしまう人も何人も見てきていますよ」

一人で乗れるようになった後も、お店に顔を出して差し入れを持って来てくれたり、サーフボード購入の相談にのってほしいと遊びに来てくれたり……。卒業生の方々はサーフィンだけでなく、塩坂さんの気さくな人柄に惹かれ、スクールを巣立って行った後も関係はずっと続いているようです。

Warm up
住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸1-3-20
http://warmup-surf.com/

 

さあ、最後は肝心の海へやってきました。aruka024の物件からは、自転車でおよそ5分。まだまだ猛暑日が続いているとはいえ、9月の平日、日中だというのに、多くの方であふれていました。みんな、日焼けして真っ黒になった方ばかり。

 

海に入りサーフィンを愉しむ人ばかりでなく、ビーチバレーやサイクリング、ジョギングをしたり、テントを張ってただただビールを飲みながらゆっくりしていたり……。

 

ここに暮らす方はみんな本当に、海が好きで、海とともに暮らす、それぞれの楽しみ方を知っているんですね。

 

他にもたくさんある、鵠沼海岸のおすすめスポットはこちら

出来立てのパンがおすすめ-QUINTO(クイント)
住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-2-11
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14071509/

 

こだわりの素材でつくられた「おむすび」でおなかを満たそう-KUGENUMA RICE

住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-12-12
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14054681/

 

aruka024の空室を見る

 

 

*

新しい一歩を踏み出すあなたをサポートしたい

最後に、下山さんにaruka024に住んでくださる方への想いを聞いてみました。

 

「ここは、一般的な賃貸住宅とは違い、都心から移り住んできて、知り合いもいなくて不安を感じている方が、1日も早くこの部屋や街になじんでほしいための仕掛けをいろいろと用意しています。都心でバリバリ働いていてふと、仕事だけでなく、ライフスタイルも充実させたいなぁと思い立った時。そんなときにぜひ思い出してほしいですね。ちょっと都会で疲れちゃったけど、また環境を変えて1から新しいことにチャレンジしてみたい。そう思った方の一歩を踏み出すお手伝いが、ここからできたらうれしいです」

*

「自分が自分らしくいられるように、心地よいと思える街は自分で選ぼう」

それがわたしの合言葉。もしも何か行きづまっていたり、悩んでいたりしているならば、思い切って環境を変えてしまうのもありかもしれません。鵠沼海岸であれば、ただ何もせず、ただぼーっと眺めているだけでいい、海があります。そしておなかが空いたら、温かい人たちがいるお店に行って、新しい仲間ができるかもしれない。さらにもう少し元気になったら、勇気を出してマリンスポーツにチャレンジしてみたら、もしかしたら人生変わるかも。

 

一歩を踏み出すのは、あなたです。ぜひ、一度鵠沼海岸に行ってみませんか。

 

aruka024の募集中のお部屋はこちら

101号室(ワンルーム/19.05㎡/家賃7.7万円/管理費0.3万円)

この部屋の詳細を見る

 

 

102号室(ワンルーム/19.05㎡/家賃7.7万円/管理費0.3万円)

写真は101号室のものです。

 

 

 

103号室(ワンルーム/22.36㎡/家賃7.6万円/管理費0.3万円)

この部屋の詳細を見る

 

 

202号室(ワンルーム/19.05㎡/家賃7.1万円/管理費0.3万円)

 

 

この部屋の詳細を見る

 

 

 

*

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

*