検索 はてなブックマーク

誕生から愛され半世紀以上。今もなお愛され続ける《カリモク60Kチェア》に注目!

なぜ人気? さらなるファンを増やし続ける理由

1963年に誕生したKチェアは、カリモク60を代表する定番家具。Kチェアが誕生するまで、カリモクは主にアメリカへ輸出する家具の部品を生産していた。そこで習得した家具製造の技術を活かして生み出されたのが、このチェア。じつはカリモクが国内向けに生産した、一番最初の自社製品なのだ。古いものや日本のものづくりの良さに注目が集まる昨今、世代を超えて注目され続けるKチェアの魅力を探ってみた。

 

懐かしくて新しい普遍的なデザイン

 


Kチェアの魅力は、なんといってもレトロモダンで飽きのこないデザイン。どこか懐かしい独特の存在感でありながら、現代の空間にも不思議とマッチし、モダンな空間はもちろん、和風、洋風、北欧風、どんなインテリアにもしっくりなじむ。また、広くないリビングに置いても圧迫感がないコンパクト設計は、メイドインジャパンならでは。

 

立ち座りのしやすさと適度な弾力

 


バネとウレタンクッションの二層式の座面は張りのある座り心地。一般的なソファが奥行き80cmから100cmなのに対し、Kチェアの奥行きは70cmとコンパクト。そのため背中と背もたれの間に隙間をあけることなく背中を落ち着けることができる。またアーム部分は手馴染みがよく、肘から指先までしっかり置くことができるので、肩の力を抜いてくつろぐこともできるのも魅力。

 

安心の3年保証やメンテナンス体制

 


アフターフォローがしっかりしていることも長く使われる理由のひとつ。購入したあとに万が一不良が見つかった場合は、3年間無料で修理、交換をしてもらえる。傷んだ部分はパーツのみ購入して取り替えることができるのもうれしい。また、背もたれ、座面、肘掛け、桟からなるシンプルな構造なので、自分で解体することができ、すき間に入ってしまったほこりや髪の毛をきれいに取り除けるというから、長く使い続けている人が多いのも納得!

 

いかがでしたか? 世代を超えて愛され続ける理由は、飽きのこない洗練されたデザインと、確かな職人の技に裏付けられた使い心地にありました。あなたのくつろぎの空間にもKチェアを置いてみませんか?

 

問い合わせ先

D&DEPARTMENT PROJECT

tel:03-5752-0120

http://www.d-department.com/jp/karimoku60 

出典:D&DEPARTMENT

text by:keiko kurata

 

fudge.jpより

Share
はてなブックマーク
Follow us!
Follow us!