2019年秋開催!都内で行けるグルメと文化を味わう世界各国のフェスティバル

アジアは台湾からヨーロッパはドイツまで。東京都内で開催される、この秋行きたいワールドフェスの紹介です!いろいろな国の文化やグルメを味わうショートトリップはいかが?

東京タワー台湾祭 ’19秋

2019年9月13日(金)~16日(月・祝)の4日間、 東京タワー南側駐車場 特設会場と1階正面玄関前の2面で「東京タワー台湾祭’19秋」が開催されます。

「東京タワー台湾祭」は日本と台湾の交流を目的として、今回で開催4回目を迎える国際交流フェスティバル。今年は「中秋節に東京タワーで夜市を楽しもう!」をコンセプトに、台湾の本場「夜市グルメ」、台湾占い横丁、夜市ゲーム屋台や台湾ゆかりのアーティストを迎えたステージショーを開催。

また、ショッピング・食事・展望フロアなど観光スポットとしても人気のある、台湾随一のランドマーク「台北101」が東京タワーとコラボレーションします!

台湾夜市グルメには、肉汁たっぷりの「小籠包」や海老のだしのスープに肉そぼろをかける台南の有名「担仔麺(タンツーメン)」、鶏むね肉を地瓜粉で揚げたカリカリの唐揚げ「鶏排(ジーパイ)」、大粒のタピオカが入ったドリンク「珍珠飲品(ゼンズウインピン)」、マンゴーをふんだんにつかったかき氷「芒果冰(マングゥオービン)」など、台湾料理の定番メニューから日本ではここでしか味わえない本格的な台湾グルメまでずらり。


小籠包

鶏排(ジーパイ)

人魚の涙

紅イモ入りタピオカドリンク

台湾マンゴーかき氷

台湾牛肉麺

絶対にお腹を空かせて行きたい「東京タワー台湾祭」。台湾の文化・美食・芸能などの魅力を存分に体感できる4日間です。

東京タワー台湾祭 ’19秋
日程 2019年9月13日(金)~16日(月・祝) 雨天決行
開催時間 13日(金)17:00~21:00 /14日(土)・15日(日)11:00~21:00/16日(月・祝) 11:00~18:00(※ラストオーダー:終了時刻の1時間前)
会場 東京タワー屋外特設会場(南側駐車場、1F正面玄関前広場)
料金 入場料800円、小中学生500円 ※未就学児無料
※入場券に2杯分のドリンク券(ビール、サワー、ソフトドリンク等)、台湾名産のお菓子1個、各日先着でオリジナルトートバッグがつきます。

公式HP:https://www.taiwanfesta.com/

公式Facebook:https://www.facebook.com/taiwanfesta/

公式Instagram:https://www.instagram.com/taiwan_matsuri/

公式FBイベント紹介:https://www.facebook.com/events/918008448545634/

チャイナフェスティバル 2019

2019年9月21日(土)・22日(日)に代々木公園イベント広場にて「チャイナフェスティバル 2019」が開催されます。

「チャイナフェスティバル 2019」は、日中青少年交流推進年でもある本年、両国の交流を幅広く実現・相互理解を深めるリアルなプラットフォームとして実施。
イベントでは中国の芸能・芸術、食、観光資源、経済、パフォーマンスに至るまで、様々な中国文化を体感することができます。

圏9 (マルキュー) 、ウェイウェイ・ウー 、サンプラザ中野くん/パッパラー河合など来日アーティストを含む豪華出演者によるライブステージや、中国4千年の歴史を伝える伝統芸術団による特別公演と、「チャイナフェスティバル 2019」でしか見られない本場のパフォーマンスに期待が高まります!

また、フード企画では「炎の激辛中華G1グランプリ」を開催。
2017年・2018年開催時の優勝店である正統派の中国料理「陳家私菜」からは、頂天石焼麻婆豆腐・皇帝よだれ鶏・三種類花椒しびれ鶏を用意。「東京穆斯林(ムスリム)飯店」では羊モツ煮込み・麻辣牛モツ煮込み・揚げパンなど、そして「麺処よっちゃん」からは、激辛汁なし担々麺や3日間かけてつくる煮豚チャーシュー出店予定。

激辛好きなら、ぜひ本場の味を試してみてください!

他にも、「日中友好スリッパ卓球大会」など会場内に出店される約100店のブースやステージでは、中国を存分に体験できるコンテンツが満載です。代々木公園が中国になったかのような2日間。

”中国の今”を味わえる日本国内最大級の祭典に足を運んでみては?

チャイナフェスティバル2019
日時 2019年9 月 21 日(土)・22 日(日) 両日とも 10:00~20:00
※開会式 21日(土) 11:00~
会場 代々木公園 イベント広場 ※雨天決行 荒天中止
※入場無料(ただし飲食代・物販は有料)

【日中友好スリッパ卓球大会】
開催日程 9月21日(土)
※参加無料、ホームページで申込み受付。
当日参加も大歓迎!
※ 優勝、準優勝には賞品もご用意しています。

公式HP:https://www.chinafes.net/

公式Facebook:https://www.facebook.com/chinafes/
※ライブスケジュールは決定次第、公式サイトで発表いたします。

東京ハーヴェスト2019

2019年9月21日(土)・22日(日)に駒沢オリンピック公園 中央広場にて「東京ハーヴェスト2019」が開催されます。

今年で7回目を迎える「東京ハーヴェスト2019」は、2013年よりスタートした企画。農家、漁師、畜産家など「食のつくり手の素晴らしさ」を国内外に発信し、感謝と尊敬の気持ちを形にして伝える大収穫祭です。

昨年は2万人以上が来場し、日本の豊かな食を体験。秋の味覚や旬を味わえるキッチンカー、生産者のこだわりが伝わる食材を販売するマルシェなど、ここにしかない「体験・参加型」のフェスティバルです。


古山果樹園「とろもも」古山浩司さん

2019年の「東京ハーヴェスト」には、過去最大規模となる約40名の生産者が集結!

魚をおいしく食べるための「神経締め」実演、刈った稲を自分で結いあげ、お米を乾燥させるための骨組みにかけて干す「はざかけ」体験、地元多摩川の漁師さんによる「投網」のパフォーマンス、畑で収穫した泥付きねぎの外皮を空気の力で優しくむく、知る人ぞ知る「ネギの皮むき機」体験、農家さん直伝おいしい桃の見極め方レクチャーなど、その道のプロが日々磨き上げた技・知識を体験できるコンテンツが盛りだくさん!


ねぎむき機

各地のグルメが産地より直送されるキッチンカーには、わかめやこんぶの未利用部位を使った「海藻ワッフル」、世界で唯一五味「(旨味、甘味、塩味、苦味、酸味)を感じられる食材「ほや」のクッパや焼きそば、サメの水揚げ量日本一である気仙沼から直送されるサメ肉でつくる「サメバーガー」「サメガパオ」など、東北の珍しい海の幸をはじめ、和牛の中でも国内流通量が肉用牛全体のわずか1%しかない短角牛の牛串と貴重な食材も味わうことができます。


サメバーガー

短角牛

地酒や日本ワインといった蔵出しの酒を生産者から直接買えるのも「東京ハーヴェスト」ならでは。全国各地からフレッシュな野菜やフルーツ、平飼いのたまご、自家製パン、非加熱のはちみつと、数々の農産加工品が並ぶマルシェも見逃せません!

日本が誇る食や農業、漁業、畜産業の魅力をまるごと味わえる「東京ハーヴェスト2019」。
ここでは紹介し切れないたくさんの魅力が詰まった収穫祭です。

東京ハーヴェスト2019
日時 2019年9月21日(土)11:00~18:00・22日(日)10:00~19:00
会場 駒沢オリンピック公園・中央広場(〒154-0013 東京都世田谷区駒沢公園1-1)
※入場無料(ただし飲食代・物販は有料)

公式HP:http://www.tokyoharvest.com/
公式Facebook:https://www.facebook.com/tokyoharvest/
公式Instagram:https://www.instagram.com/tokyo_harvest/

チェコフェスティバル2019 in 東京


※画像はイメージです。

チェコ文化を体感できる「チェコフェスティバル」は、中央ヨーロッパの国・チェコの魅力を紹介する日本最大級のイベント。

2016年に東京駅前のKITTEで初開催後、昨年は1万5千人を超える入場者数を記録した人気のフェスティバルです。

今年は9月27日(金)〜29日(日)の3日間、原宿クエストホールにて開催が決定。チェコビールやチェコ料理をはじめとするフードブースをはじめ、マリオネットやクリスタルガラスなどチェコ製品や民族衣装といったチェコ好きにはたまらないお店が多数出店します!


※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

魅力的なチェコ音楽とダンスのステージ、チェコの歴史や文化、そしてデザインについてのトークショーと、チェコの魅力を余すところなく味わえる3日間です。

チェコフェスティバル2019 in 東京
日時:2019年9月27日(金)〜9月29日(日) 10:00-21:00(最終日は18:00まで)
会場:原宿クエストホール(東京都渋谷区神宮前1-13-14 3F)
※関西でも開催!9/22(日)〜23日(月)11:00-17:00
公式HP:https://czechrepublic.jp/sneak-peak/czechfestival2019/

ドイツフェスティバル2019

今年で9回目を迎える「ドイツフェスティバル」は、元々は2010年〜2011年にかけ、日独交流150周年記念として全国で様々なイベントを開催したうちの一つでした。その後、「ドイツと日本の交流の場となるこのイベントを一度限りのものにしてはもったいない」との声を受けて、2012年から継続して開催しているフェスティバルです。

東京ベルリン友好都市関係締結25周年であり、ベルリンの壁崩壊30周年である本年は、フェスティバルのテーマを『ベルリン』として、会場にはベルリンの街並みや食べ物を再現した『ベルリンエリア』が登場します。

見どころの一つには、当時ドイツ東西を隔てていた「ベルリンの壁」のオブジェを設置。壁の大きさを実際に目で見て体感することができます。他にも、旧ドイツやベルリンの壁崩壊時の様子がわかるパネル展示など、歴史も一緒に学ぶことができます。

フードブースには、ドイツビールやワイン、本場さながらのドイツ料理に大人気のドイツパンなど、ドイツの食文化が堪能できるお店が出店します。
そして、ベルリンのソウルフードである「カリーヴルスト」も登場。ベルリンやルール地方、ハンブルクで人気のソーセージ料理に舌鼓!

毎年恒例となった、誰が1番ビールジョッキを長時間持っていられるかの力比べ「ビールジョッキリフトアップチャンピオンシップ」や、行ってみたいドイツの場所をピンで刺したり、サッカーのリフティングチャレンジなど、大人から子供まで楽しめる企画多数!

ドイツ歴史や食文化をたっぷりと体感できる「ドイツフェスティバル2019。ビール片手に「ドイツ」を堪能しに行きましょう!

ドイツフェスティバル2019
日程 2019 年11 月1 日( 金)~4 日( 月)
開催時間 1日15:00-21:00、2・3 日11:00-21:00、4 日11:00-20:00
会場 都立青山公園(南地区)
※入場無料(ただし飲食代、物販・ワークショップは有料)
公式HP:https://www.deutschlandfest.com/

この秋開催の世界のフェスティバル、あなたはどの国を旅しますか?