今すぐ急げ!…ウォークマンの40年の歴史を辿る。銀座「WALKMAN IN THE PARK」開催中【プチDIY女子達のお部屋案内】

初めて買ったCDをカセットテープに入れて音楽を聴いていた、懐かしいあの頃。ソニーがウォークマンをこの世に生み出してから40周年を記念して行われるプログラムが銀座で開催中です。会期は9月1日まで。

 

読者の方の中には、「ウォークマン」と聞いても、どこかピンとこない方も多くなっているかもしれません。

 

ウォークマン

 

ウォークマンとは、カセットテープを入れていつでもどこでも音を愉しむことのできる画期的な商品でした。わたしの父も、音楽好きでは決してなかったはずだけれど、わたしたち娘にウォークマンを与えてくれて、好きな音楽を持ち歩けることの楽しさを教えてくれたような気がします。やがてソフトはCDやMDへと変わり、iPodが世の中に出てきたときにも、それはもう世間は大変な騒ぎだったことはたしかわたしが大学生だったころ。

 

1979年に世の中にウォークマンが現れてから、もう40年。その節目となる今年、ウォークマンが音楽とともに常に寄り添い歩んできた“人”にフォーカスしたプログラムが、「Ginza Sony Park」で開催中です。

 

ウォークマン

 

体験型展示「My Story, My Walkman」では、ミュージシャンのサカナクション・山口一郎氏や、俳優のたなか氏、バレエダンサーの飯島望未氏ら、さまざまな著名人40名に伺ったウォークマンとのエピソードを、1979年から1年毎に紹介。当時彼らが聴いていた楽曲を、その年代に販売していたウォークマンで実際に聴くこともできます。

 

ウォークマン
Big Walkman:
高さ約2.5メートルの巨大なウォークマンのオブジェを地上フロアに登場。ポップなデザインで夏にぴったりな、スポーツモデルの初号機「WM-F5」が、来園をお出迎えします。

 

ウォークマン
My Story, My Walkman:
1979年から現代まで1年ごとに区切り、実際にウォークマンを愛用していた各年代のアーティストやクリエイターなど総勢40名の著名人の方々に伺った思い出とともに、当時聴いていた楽曲をその年に発売されていたウォークマンで実際に楽しむことができます。

 

ウォークマン
Custom Walkman:
Ginza Sony Parkがもつ空間の”余白”スペースには、アーティストが自由にカスタマイズしたウォークマンを期間限定で展示されています。

 

また、8月24日からは、ウォークマンをモチーフにしたオリジナルポーチも販売。Discman やMDウォークマンなど、実物大ポーチのデザインは全部で8種類。昔実際に使っていたモデルのポーチに出会えたら、なんだかあの頃に戻れるような気がしませんか。数量限定ですので、気になる方はお早めに!(※即日完売の可能性もあります。ご了承ください)

 

ウォークマン
数量限定で発売です。お早めに。

 

「音楽を外で愉しむ」というライフスタイルが今や当たり前にあるのも、すべてのスタートはウォークマンがあったから。過去の歴史をたどり、今あるものに想いを馳せる。そんな時間の過ごし方も、とっても贅沢なものだと思います。残りわずかな期間です。ぜひ足を運んでみてください。

WALKMAN IN THE PARK

会期:2019年7月1日(月)- 9月1日(日)
時間:10:00 – 20:00
会場:Ginza Sony Park PARK GL/地上フロア – PARK B4/地下4階
料金:無料
https://www.ginzasonypark.jp/program/015/

 

 

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

*