検索

装いは“6割トラッド、4割フェミニン”が合い言葉! おしゃれな法則【スカートコーデ編】

昔から愛され続けるベーシックなものに女性ならではのデザインやニュアンス、着こなしを組み合わせることで完成するフェミニン・トラッドスタイル。押さえるべきポイントは?

私たちの“フェミニン・トラッド”のおしゃれな法則

【スカートコーデ編】

 

ミックス&マッチを散りばめたフェミニン・トラッドの王道スタイル

 

ギンガムチェックのフリルブラウスにメンズライクなメガネ、フレアスカートにレザーのビッグバッグと腕時計。ふたつの要素を自在に組み合わせてギャップの妙を楽しんで。このとき色数を絞るのが、上品にまとまる秘訣。

 

 

永久定番の小花柄ワンピースを大人顔に味つけするには?

 

二種類の生地による切り替えデザインが特徴的なワンピース。一枚で着るのもいいけれど、首元にちらりとTシャツを覗かせ、肩にはスウェット、足元は白スニーカーにしてスポーティにシフトすれば、おしゃれ度がさらに上昇!

 

 

プレッピースタイルを、モダンかつエレガントにアレンジしたら

 

フロントは黒、バックはグレンチェックの個性豊かなプリーツスカートが主役。トラッドな薫りのショルダーバッグとローファーも、五分袖のリブニットにゴールドのフープピアスが加わることで一層シックな印象に昇華する。

 

 

大人の女性こそが着こなせるロマンティック・トラッド

 

ときには甘やかな装いを思いきり満喫したい日もある。そんな気分にぴったりな、イチゴ柄ブラウスとミルキーピンクのスカートのコーディネート。上質レザーのバッグとシューズがさりげなくも優秀な引き締め役に。

 

 

存在感大のワンピースも一枚では着ないのが今の気分

 

潔いほど真っ赤なワンピースは、真っ白なTシャツを中に着てデコルテにニュアンスづけを。耳元にはゴールドの一粒ピアスがちらり。肌見せせずに、コケティッシュな魅力を感じさせることがフェミニン・トラッドの鉄則。

 

 

クラシックとモダンを融合させた気品がにおい立つ佇まい

 

ドット柄とオーセンティックなシルエットがヴィンテージドレスのような一枚。そこへレースアップブーツとフープピアスで旬なムードをオン。シンプルな組み合わせも、各々の凜とした美しさが共鳴し、そこはかとない品の良さが生まれる。

 

photograph:Keita Goto、styling:Ayako Tsukada、hair & make-up:Aya Murakami、model:Ririan Ono

 

vikka vol.32より

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!