【教えて!グッドルーム 】寝苦しい夜を快適に過ごす「ベッドルーム」アイディアまとめ【プチDIY女子達のお部屋案内】

暑くて寝苦しい夜が続きますね。視覚や触覚、嗅覚からも人間は「涼しさ」を感じることができるそう。少しでも「涼しさ」を感じられるような、ベッドルームのアイディアをまとめてみました。

 

「ブルー」が涼しさをつくる鍵

青い海を想像させる寒色系のインテリアは、「視覚」から涼しさを感じる鍵になります。心を穏やかにしてくれる効果もあるので、ベッドルームのファブリックは「ブルー」を選んで、落ち着く空間をつくってみましょう。

 

夏の寝室対策
貼って剥がせる壁紙で淡いブルーの壁をつくり、クッションカバーなどのファブリックも青に合わせた、落ち着くお部屋。(このお部屋はこちら

 

夏の寝室対策
「海」をクジラと一緒に泳いでいる、こんなアート作品を飾るのもとても素敵!(このお部屋はこちら

 

 

オススメは「リネン」素材

吸水・発散性に優れるリネン(麻)素材は、夏にぴったり。
肌に触れたときにも冷感を感じやすいので、シーツや布団カバーなどのファブリックにはぜひリネンを選びたいところです。

 

夏の寝室対策
ベッドシーツだけでなく、カーテンなども「リネン」に揃えられた、見るからに涼しげなお部屋(このお部屋はこちら

 

 

白熱電球はLED電球につけかえて

ベッドルームには温かみを感じるような間接照明を用意している方も多いですよね。もし、電球がまだ白熱電球のままだったら、LEDへのつけかえを検討してみましょう。LEDは省エネ性にも注目されていますが、室温上昇を抑える効果もあるんです。

 

夏の寝室対策
部屋についている照明を今すぐチェック!(このお部屋はこちら

 

 

「ガラス&植物」の組み合わせが涼しさを生みます

ガラスの素材と、風を感じる植物の組み合わせもおすすめ。見た目にも爽やかで、涼しさを感じさせます。

 

夏の寝室対策
暑い時期でも保ちのよいドウダンツツジ。爽やかなガラスの花器と組み合わせたいですね。(このお部屋はこちら

 

 

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

*