約10万本のひまわり畑。農のある風景を伝える清瀬ひまわりフェスティバル

2019年8月17日〜24日で開催された清瀬ひまわりフェスティバルは、今年で開催12年目を迎えました。約10万本のひまわりが咲き誇るこのイベントは、清瀬市の夏の風物詩として毎年来場者を楽しませてくれます。広大な農地に咲くひまわり畑の中で、とっておきの写真を撮ることもできる、知るひとぞ知るフォトスポットに行ってきました。

駅から少し歩くと、すぐに農園風景が広がる西武池袋線「清瀬駅」。
農地の緑と土の香りは都会の風景からかけ離れたものなのに、どことなく懐かしくほっとするような気持ちにさせてくれます。

都内郊外に位置しながらも自然環境が多く残るこの街には、「夏の風物詩」と呼ばれるイベントがあります。

それが、清瀬ひまわりフェスティバルです。

約10万本のひまわりが咲き誇る農園

清瀬ひまわりフェスティバル

毎年夏になると、2万4千㎡もある広大な農地にひまわり畑が出現します。
約10万本が咲き誇る、まさにひまわりの祭典。

このひまわり畑が始まったのは、もともと小麦栽培をしていた畑に次の作付けを行うまでの期間、土を育てるための肥料としてひまわりを植え始めたことがきっかけだそう。
農地一面にひまわりが咲き誇るその光景を、せっかくなので見てもらおうと一般開放されるようになったのが、この清瀬ひまわりフェスティバルです。

今年で開催12回目を迎える清瀬ひまわりフェスティバル。
2019年は8月17日〜24日の期間で開催されました。

約2万4千㎡の広大な農地のひまわり畑

清瀬ひまわりフェスティバル

夏休み中ということもあって、平日の午前中でもたくさんの人が来場していました。
会場内にはスロープ状の高台があり、ひまわり畑を上から見渡すこともできます。

咲いていたのは、大輪のひまわりと小さめのひまわり。
種類の違うひまわりはそれぞれに良さがあって、どちらもひまわりらしい凛とした姿が印象的です。

清瀬ひまわりフェスティバル

清瀬ひまわりフェスティバル

残念ながらこの日はあいにくの雨模様。
晴れていれば、ひまわりの黄色と空色のコントラストが美しく映えると思います。

ひまわりと一緒に、思い出を記録する

広大なひまわり畑は、”夏”を写真に残すのには最適な、知るひとぞ知るフォトスポット。
会場では、撮影した写真を応募する「ひまわり写真コンテスト」も開催されていました。

全てが自然のものだからこそ、その年にしか出会えない風景があります。

家族を、彼氏を、友達を。大切なだれかを。
トクベツな1枚を記録に残せば、何度でも繰り返しその夏を思い出すことができます。

清瀬ひまわりフェスティバル

清瀬ひまわりフェスティバル

来場時は暑さ対策が必須。熱中症に注意

会場までの道のり、そして会場内でも約2万4千㎡の広大な農地を歩くため、暑さ対策をしっかりとして来場することをおすすめします。

会場内にはドリンクやフードのテント、近隣農地で採れた新鮮野菜、清瀬市の特産品などが並ぶので、水分補給をしながら会場内を散策しましょう。
休憩用のテントも設置されていますが、農地内は基本的に日陰がないと思って対策を!

清瀬ひまわりフェスティバル

清瀬ひまわりフェスティバル

会場ではミニひまわりの切り花も販売。自宅でも残りの夏を楽しめますね。

会場までのルートについて

清瀬ひまわりフェスティバル

会場まではバスか徒歩のルートがあります。徒歩なら約35分。バスは約15分で到着。

また会期中は、西武鉄道池袋線「清瀬駅」北口の臨時バス停から無料のシャトルバスが運行しています。(シャトルバスは、平日20〜30分間隔、休日15〜20分間隔でそれぞれ運行)

ただし、かなりの人が利用するため、清瀬駅到着後スムーズに乗車するのは難しいかもしれません。
また、日によっては炎天下の中でバスを待たなければいけないので、列が長蛇の場合は路線バスの利用をおすすめします。

※通常運行のバス
「清瀬駅」北口から西武バス「清61系統 志木駅南口」行き、「清61-1系統 新座営業所」行き、「清61-2 系統 中清戸東」行きのいずれかに乗車し、「グリーンタウン清戸バス停」下車。
会場まで徒歩6分ほど。

 

清瀬ひまわりフェスティバル

毎年8月下旬に開催される、清瀬ひまわりフェスティバル。
ぜひ来年は農のある風景を楽しみに、ひまわり畑へ行ってみてはいかがでしょうか。

 

清瀬ひまわりフェスティバル
西武鉄道池袋線 清瀬駅下車
9:00〜16:00(最終入場 15:50)
入場無料