今年の夏は東京・谷中にあるお寺の「幽霊画展」へ行ってみよう

谷中の全生庵で2019年8月1日(木)〜31日 (土)まで、谷中圓朝まつり「幽霊画展」が開催される。年に1度しか公開されない全生庵所蔵の貴重な幽霊画が見られるチャンスです!

落語中興の祖・三遊亭圓朝ゆかりの「幽霊画展」

東京谷中にある全生庵(臨済宗国泰寺派)で、2019年8月1日(木)〜31日 (土)まで、谷中圓朝まつり「幽霊画展」が開催されます。

江戶末期から明治にかけて活躍し、「牡丹燈籠」「真景累ケ淵」「死神」など、多くの名作落語を創作した落語中興の祖・三遊亭圓朝は、怪談創作の参考に数多くの幽霊画を収集していました。伝・円山応挙から、柴田是真、伊藤晴雨、河鍋暁斎など、著名な画家たちが描いたさまざまな幽霊たち。現在は、圓朝の墓所がある全生庵でこれらのユニークな幽霊画を所蔵し、毎年8月の1ヶ月間のみ特別公開しているのだとか。

左から、伊藤晴雨「怪談乳房榎図」、池田綾岡「皿屋敷」、鰭崎英朋「蚊帳の前の幽霊」。
すべて全生庵所蔵。

谷中圓朝まつり「幽霊画展」

【開催概要】
会  期:2019年8月1日(木)~2019年8月31日(土)
※土日祝祭日も開催
開館時間:10:00~17:00(最終入場16:30)
拝 観 料 :500円

今年は8月3日 (土)に「幽霊の怨返し ― 落語にみる情愛」と題した記念イベントも開催されます。(※定員に達したため、受付終了)

「幽霊の怨返し ― 落語にみる情愛」8月3日(土) 16:00 ー 18:00(開場15:30)

【ゲスト】                      【聞き手】

雲田はるこ(漫画家)
金原亭馬玉(落語家)
平井正修(全生庵 七世住職)

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年NHKでドラマ化された大人気漫画「昭和元禄落語心中」の作者・雲田はるこさんと落語家・金原亭馬玉さんをゲストに迎え、三遊亭圓朝がこれほどまでの幽霊画をコレクションしていた理由や、なぜ落語には幽霊がよく登場するのか、人々が「幽霊」に見た意味と、そこから受け取ることができる「生」への学びを考えるトークセッションです。

ほか「谷中圓朝まつり」として、全生庵で多くのイベントが開催されます。

■8月11日(日)
「圓朝忌」
法要/奉納落語/扇子のお焚き上げ
「圓朝座」
出演:鈴々舎馬桜、古今亭菊之丞

■8月17日(土)
第三十五回 圓朝寄席
出演:三遊亭鳳楽、三遊亭好楽、三遊亭圓橘

■8月24日(土)
実話怪談師が語る
「掛け合い噺『死神』」
出演:牛抱せん夏、上間月貴

詳細は、特設ウェブサイトより

ぜひこの貴重な機会に谷中に足を運んでみては?幽霊画展で暑い夏を涼しく乗り切りましょう!

全生庵
(東京都台東区谷中5丁目4−7)山岡鉄舟居士が明治維新の際に国事に殉じた人々の菩提を弔うため、明治十六年に建立。
居士との縁で落語家・初代三遊亭圓朝の墓所があり、圓朝遣愛の幽霊画五十幅が所蔵されている。アクセス
◯JR・京成電鉄「日暮里駅」より徒歩約10分
◯東京メトロ千代田線「千駄木駅」(団子坂下出口) より徒歩約5分