2019年夏は「真面目に、ハンサムかぶれ。」

はたらくオトコ、いや、はたらくオンナのハンサム道。 ココロはレディ、ときどき紳士、たまには男前で、ファッションはハンサムに。 独自の流儀で、ハンサムにかぶれてます。

男の子になりたいってワケじゃないけど、なりたい時もあったりしておじさんやおじいちゃん達のハンサム師匠をリスペクトして、今日も明日も、真面目なハンサム修行は続くのです。

 

私のハンサムスタイル

襟のないポロシャツ

T シャツ¥14,000 /SCYE BASICS、スカート¥49,000/ Scye(ともにマスターピースショールーム)、眼鏡¥28, 000 /YELLOWS PLUS(コンティニュエ)、腕時計※メンズ¥32,000 / ISSEY MIYAKE WATCH(セイコーウオッチ お客様相談室)

「そろそろ私も、普通のポロシャツは卒業かな」と、背伸びしすぎると本当にかぶれてるだけな気がするけど、行儀良くきれいにポロシャツを着るのも違う気がする。〈SCYE BASICS〉がそのもやもやを晴らしてくれました。4 0/1 鹿の子素材をベースに襟元をヘンリーネックにチェンジ。サイジングもゆとりのある大きめに仕上げた。ゆとり=余裕というのは、大人っぽさやスマートさに直結する気がする。

 

ド直球なオールインワン

オールインワン¥48,800 / Album di Famiglia(ビショップ)、T シャツ¥5,900 / Champion(ヘイ
ンズブランズ ジャパン カスタマーセンター)、バッグ¥34,000 / Hender Scheme(スキマ恵比寿)、
シューズ¥4,500 / PRO-Keds(ケッズ インフォメーションセンター)

「ちょっとオーバーサイズワタシならド直球に着る」オールインワンは作業着の世界を超えて、さまざまなスタイリングで楽しめる。けれども〈Album di Famiglia 〉のお得意の一本、洗練されたデザインは、あえてド直球でコーデしてみる。シンプルで軽い生地感は、腰巻すると出で立ちもサマになる。
レディなバッグなど小物使いでもっと楽しく広がるんじゃないかな?

 

 

全身白い

シャツ¥26,000/Yarmo(グラストンベリーショールーム)、スカート¥16,000/HELIOPOLE(エリオポール代官山)、バッグ¥10,000 / ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)、スニーカー¥9,800 / K/SWISS(凛)

「白黒つけたい日もあるこの女、真っ白につき」いろんなアイテムやスタイルにトライするマルチ
なひとは多々いるけど、白1色でコーディネートするひとって実際のところあまりいないわけで。そのスタイリングサンプルも貴重だし、私はコレって決めてる感じが何だかハンサム。春らしいパリッとしたトップスやスカート。遊び心はふんだんだけど全く嫌味にならないって素晴らしい。あ、スニーカーのトリコロール色はご愛嬌。

 

 

遊んだ開衿ワンピース

シャツワンピース¥58,000 / JAN MACHENHAUER ※参考色(メイデン・カンパニー)、パンツ¥44,000 / ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)、サンダル¥9,500 / TEVA FOR MHL(アングローバル)、その他 スタイリスト私物

「私だけの、オープンカラー。シャツワンピースで着るの巻」開襟シャツは数あれど、デザイン性の高い開襟シャツがかなり気になる。美しく構築された襟元、ハリと光沢のあるコットンポプリン生地、一目で分かる〈JAN MACHENHAUER〉のシャツワンピースの特別感。それもそのはず最高峰のインドのテーラーが1人1着で全て仕立てているそう。つまりハンサムを独占できるってこと。一枚ですとんと着ても素敵。大人っぽくね。

 

 

onkul vol.11より