外苑前の「水」という名のフレンチレストラン

2018年11月にオープンしたモダンフレンチレストラン。宇宙のような空間で、お料理で自然を楽しむ幸せな時間【Bliss! Happy Foodie Life ーVol.55】

 

まだ、桜が咲いている頃のことです。お天気が良い土曜日、昨年できたばかりのフレンチレストランへランチに伺いました。外苑前の駅から5分ほど、R246から少し入った所にあるビルの地下にお店はあります。階段を降りると、スタイリッシュなレストランが現れました。

 

 

L’EAUはフランス語で「水」

 

実は想像していた「水」のイメージではなく、もっと、大きな、宇宙を感じる空間でした。インテリアも素敵で、ディスプレイされている古木にはサボテンや苔、葉のない枝が飾られていて、それが「水は生命の源」という印象を強く受けました。そして、人間は水も必要ですけれど、食べることも大切。お料理が楽しみになります。

 

そして、現れたアミューズは、こちら。

「え!?」です。驚きです。森の中で食べ物を探す妖精になった気分。「水・葉・石」がコンセプトで、左奥にあるイラスト、お店の方が描かれているという素敵なイラストに、説明があります。

 

「水」は、蛤にあおさのりやいくらの入ったジュレがぷるん、「葉」はジャガイモのチップスにハーブサラダ、そして「石」は牛タンのポルトのジュレ。食べながら笑顔になるお料理って、いいですね。

 

 

 

 

そして、森から今度は、川へ。前菜の一皿目は、岩魚。皮はパリッとかなり歯ごたえがあり、身の縁には砕いたピスタチオ付いていて、身は中心に向けて外側から綺麗にグラデーションが付いていて、火の入れ方がとても丁寧なんですね。ナスタチウムの影に隠れているのは岩魚の卵です。ソースは、バターミルクにパセリオイル。

 

 

 

 

そして、前菜のふた皿目は、「鮑に菊芋」とあります。すると、出てきたのは、金色の卵。サービスの方が、蓋を取ると現れたのが、こちら。

オレンジ色が美しい!ウドのソースに、菊芋はサクラチップのスモークです。桜の季節、お料理にも桜がほんのり香ります。鮑の弾力と菊芋チップスのパリッと感のコンビネーションもいいです。

 

 

 

 

春の生命力の強さを感じるメイン

 

春爛漫なメインのお魚は、鰆と蛍烏賊。鰆は、パリッとした外側から中に進めばふんわりと柔らかい。どこから食べても、違う感触を一緒に味わえる感じです。そして、ソースは蛍烏賊の肝のソース。泡のソースはふんわりと香って蛍烏賊と鰆の柔らかさととても良い調和。そして、もう一つのしっかりしたソースは味の凝縮で、たんぱくな味わいの鰆と一緒に蛍烏賊の肝の美味しさを味わえます。鰆はシェフの料理の方法で、色々な顔を見せてくれる美味しいお魚ですね。

 

 

 

 

 

そして、メイン。「経産牛」のヒレです。「経産牛」はお産を経験した雌牛のこと。ヒレといっても、ただ柔らかいというわけではなく、むしろ、ちょっと歯応えを感じるし、噛むほどに美味しさが広がるという感じです。グリーンピースのソースと、蕗味噌のソース、付け合わせは山菜のフリット、そしてアクセントにマッシュルームの粉。春というとほんわかした桜色のイメージが強いですけど、こういうお皿に出会うと、春の生命力の強さを感じます。

 

 

 

緑で終わるコース

 

メインで生命力の強さを感じていたところに現れたのは、真っ黒なデザート。写真はかなり明るめになっていますが、店内のあかりで見るともっと黒く見えます。スプーンで、コンコンとノックして黒い扉を開けると。。。

 

 

 

抹茶です。この黒い物体は、竹炭のパリッと硬い蓋を割ると、中から美しい緑の抹茶が湧き出るイメージ。森の中を彷徨う旅が、美しい湖に辿り着いて、幸せな気持ちで終わりを迎えました。美味しさももちろんなのですが、清水崇充シェフの宇宙観、世界観がコースの流れ、一皿、一皿に確実に表現されています。

 

 

 

 

こちらのコースは、桜の季節のコースなので、ちょっと時差投稿になっていますが、新緑の季節の今、どんなお料理が出てくるのか、楽しみです。

 

 

Restaurant L’EAU

https://leau.tokyo/