ご褒美はデパートの地下にあり!ひとりでお祝いしたいときに、ちょっとゴージャスな美味しいプレゼント

仕事が忙しいのはいいことだけど、続きすぎると辛い。ちょっと自分を励ましたいとき、仕事が山を越えたとき、ひとりで自分を褒めてあげるときのとっておきです【Bliss! Happy Foodie Life ーVol.54】

 

 

今年のゴールデンウィークは10連休。手放しに喜んでばかりもいられないのが、社会人の宿命。連休にはいるまでにやることがたくさんあって、毎日が忙しくて、レストランに食事に行く時間もなかなか取れない状況になってしまっています。4月はいろいろ忙しい月なのに、今年はいつもと違います。残業して、会社を出て、「さぁ、帰ろう!」と家路についても、仕事モードからの切り替えがうまくできなさそうですなとき、ありますね。そんな時は、ちょっと寄り道をして、「今日も、よく働いたね」って自分をねぎらっても、いいと思うのです。

 

 

Champagne & Caviar

 

大好きなChampagneをちょっと飲みたい、というときにぴったりのお店があります。銀座東急プラザの地下2階にある「Caviar House & Prunier(キャビアハウス&プルニエ)/ SANDWICH HOUSE Tokyu Plaza GINZA」。白いカウンターが目印のこちらのお店は、23:00まで営業しているのが嬉しいです。ヨーロッパスタイルのサンドイッチがあるので、遅くなってしまって、あまりたくさんは食べたくないけど、お腹空いているというときにとても便利です。そして、同じプルニエのカフェが新宿にもあります。「Café Prunier Paris ISETAN SHINJUKU(カフェ プルニエ パリ 伊勢丹新宿)」はその名の通り、伊勢丹の本館地下1階にあります。こちらもカウンターだけです。銀座店よりこじんまりしているのですが、伊勢丹らしくゴージャスな印象です。

 

私が好きなのは、バリックサーモンのサラダ。粒マスタードのドレッシングが美味しいです。トーストもついているので、軽いなりに、しっかり食べた感があります。もう少し軽くつまみたいときは、バリックサーモンのタルタルやメダリオンカット(1〜2cmの厚さにカットしたもの)もオススメです。サーモンは、スモークがきつくなく、塩味も強くなく、とても上品な味わいです。ガーゼに包まれたレモンを絞って、香りと酸味を少しプラスすれば、スッキリしたブリュットとの相性がもっとよくなります。

 

 

 

そして、キャビア。こちらは10gです。キャビアはチョウザメの卵を塩漬けにしたもので、ビタミンB12やミネラル、たんぱく質、抗酸化物質、オメガ3などが含まれていて、コレステロールの増加を抑えたり、貧血の予防に繋がったり、心疾患の予防になるなど、体に良い食べ物と言われています。そして、大人女子には大変嬉しい、お肌に潤いを与える効果もあるということです。(でも、毎日食べ続けるなんて、それは無理ですけどね)最近、疲れたな、って感じた時に、足が向いてしまうのも、体が潤いを欲しているからかもしれません。ちょっと贅沢ですけど、頑張ったご褒美にシャンパーニュとキャビアを自分にプレゼントすると、何より心が潤うことは、間違いなしです。

 

 

 

 

MICHALAKのケーキ

 

伊勢丹のプルニエは8時にクローズ、そして、デザートがメニューにないので、デザートはうちに帰ってからがオススメのコースです。今一番気になるのは、この春登場した「MICHALAK(ミシャラク)」です。2018年10月に表参道に国内初出店をして、約5ヶ月後の今年3月に伊勢丹に出店しました。Christophe Michalak(クリストフ・ミシャラク)は Pierre Hermé(ピエール・エルメ)と並ぶフランスを代表するパティシエです。心電図のようにミシャラクのイニシャルMをアレンジしたポップなロゴ、スタイリッシュで遊びココロのあるスイーツが人気のミシャラクがスイーツ天国(激戦区?)にあります。

 

 

 

何と言っても、まず、目に飛び込んでくるのは、情熱的な真っ赤なハートを思わせる「MICHALAK MONKOEUR(ミシャラク・モンクール)」。ショーケースの中でも、ダントツで目を引く美しさです。チョコレートのムースに、パッションフルーツのソース、そして柚子のクリームで構成されています。甘さと酸味のバランスが絶妙で、見た目から想像する濃厚さはさほど感じることもなく、美味しかったです。そして、伊勢丹限定というケーキもひとつ買ってみました。

 

 

 

こちらは、「MONAK NOISETTE(モナック・ノワゼット)」。ピンク色のモナカの間にココアのメレンゲ、プラリネノワゼット(ヘーゼルナッツのプラリネ)とミルクチョコレートのクリームを絞り、ローストしたヘーゼルナッツとチョコが飾られています。モナカは別に包んでくれて、食べる前に自分でサンドします。チョコレートが甘そう、と想像していたら、全てが軽い!モナカも軽い、メレンゲも軽い、そして、クリームも軽い。これは、2つ目でも全然問題なしです。(ミシャラク・モンクールの後にいただきました。完全に、別腹!)

 

今、伊勢丹は、「ノワ・ドゥ・ブール(noix de beurre)」と「ECHIRE(エシレ)」の行列が大変なことになっていますけど、ミシャラクは穴場かもしれないです。

 

 

プルニエはラグジュアリー・ファストフードという新しい形を提案してるように思います。ちょっとでいいから美味しいものを、そんな気持ちになる大人女子にこれから流行りそうですね。MICHALAKのスイーツも、見た目のインパクトから想像する濃厚な味とはちょっと違う上品な美味しさで、すっかりお気に入りになりました。頑張って働いて、たくさん自分にご褒美をあげたくなってしまいます。

 

 

 

Caviar House & Prunier

https://www.caviarhouse-prunier.jp/

 

MICHALAK

https://michalak.jp/