ニャンとも可愛いいちごデザート【ストロベリーCATS コレクション】


モフモフにゃんこといちごデザートの可愛すぎるコラボレーションが大好評の『ストロベリーCATS コレクション』(ヒルトン東京)が、2019年6月3日(月)まで延長決定!さらに5月からはフランス南プロバンスからお友達にゃんこも登場。絶対に行き逃せない最強のデザートビュッフェのご紹介です。

 

 

2018年12月26日(水)からヒルトン東京のマーブルラウンジで開催中の『ストロベリーCATS コレクション』。
いちごの季節に合わせて開催するデザートフェアはヒルトン東京の恒例企画。今年は、パリの街を自由気ままに闊歩する猫たちを甘酸っぱいいちごデザートとコラボレーションさせた、とってもキュートなビュッフェが登場。

 

花の都・パリの街並みを見事に再現したおしゃれなビュッフェ会場は、オブジェの細部にまでこだわっていて見応えも抜群!どこを撮ってもインスタ映え間違いなし。もちろんデザートはどれを食べても間違いなくおいしい!最強のデザートビュッフェです。

アーケードをくぐって… 猫たちが主役の都・パリへ

 

ヒルトン東京で開催するデザートビュッフェでは、毎回テーマに合わせたアーケードを制作しています。
今回も、『ストロベリーCATS コレクション』のイメージで作られた可愛いポールのアーケードがお出迎えしてくれます。アーケードの中に一歩足を踏み入れると、そこはもう異国の街。
足跡をたどって、猫たちの世界に迷い込んでいきます…!

 


転々と続く足跡を追ってビュッフェ会場へ進みます。ねこたちが狙うデザートは…?

ビュッフェ台は大賑わい!昼と夜のパリの顔

 

「ムーラン・ルージュ」のムーディーで絢爛なステージと、華やかさと賑わいある「パリの街並み」を再現した2つの大きなビュッフェ台に加え、猫たちが自由自在に動き回る「チョコレートファウンテン」と、会場には旬のデザートが所狭しと並びます。

 


パーティーの始まりはここから!出迎えてくれるたくさんのねこたち。

 

パンを狙ういたずらにゃんこ。ひよこもいます。なんとオブジェのパンも一つずつ手づくり!

 

スキあらば…とパンやデザートを狙うお茶目なにゃんこの姿が可愛くて、見ているだけでも胸キュンもの。ムーランルージュの演目やマルシェで起こるストーリーを想像しながらも、いつの間にかお皿はデザートでいっぱいに…!
可愛い猫たちに誘われて、昼と夜のパリの街を堪能しながらデザートをいただきましょう!

 


あそこにもここにも?どこから狙っているかわからない!路地裏の猫は神出鬼没。

 


チョコレートの中に現れる自由自在な猫たちの、気ままなプロジェクション・マッピング。

 

おっと、こんなところにも!会場は猫だらけ

丸々として、まるで一口デザート見たいな茶トラ。木を隠すなら森の中、猫が隠れるのはデザートの中?

 


肉球の描かれたマカロンツリー。細部まで世界観にこだわった会場。

 

テーブルに置かれたナプキンには、版画家・西脇光重さんのイラストが。なんとこのイラストは、西脇さんがデザートビュッフェのテーマに合わせて都度描き下ろすそう。プロジェクション・マッピングのイラストにもぜひ注目してみてください。ここでしか見られない限定イラストに胸が躍ります!

 


西脇さんの愛らしいイラストにワクワク。可愛すぎて使わずに持ち帰ってしまったナプキン。

 


マカロンでできたエッフェル塔も、ヒルトン東京のペストリーが自作!手先の器用さに脱帽。

 

おいしくて全部食べたい!いちごのデザート

 

セイヴォリーなどの軽食メニューを除いて、約30種類のデザートが全ていちごづくし!
味が重ならないよう綿密に考えられたデザートは、どれをとっても間違いないおいしさ。

フレッシュいちごも食べ放題で、お腹も心も満たされる幸せのデザートビュッフェです。

 

ストロベリーサントノレ「マルシェの苺」

 

本場フランスでは、「サントノレ」はブーランジェリーやパティスリーの守護聖人として知られています。スイーツの好きな方は「サントノレ」と聞くと、パイ生地の上にキャラメリゼされたシュークリームを思い浮かべる方もいるかと思いますが、元はサントノレ通りにあった有名パティスリーの菓子職人であるシブーストの弟子が、カスタードクリームにイタリアンメレンゲを混ぜ合わせた”シブーストクリーム”をアレンジして作ったお菓子が由来とのこと。このお菓子は守護聖人「サントノレ(聖オノレ)」に捧げるために作られたともいわれています。


「マルシェの苺」は、薄めのパイ生地に焼きりんごが入った、サントノレのアレンジデザート。食感のアクセントとして、時々胡桃の歯応えがあってバランスが良いです。さっぱりとして軽いフレッシュクリームと、すっきりした控えめなりんごの酸味で、爽やかさが際立ちます。

 

パリの春「ストロベリーイスパハン」

 

「イスパハン」は「ピンクの宝石」とも呼ばれるパリ生まれのデザート。マカロン生地の中に、ライチとフランボワーズ、そしてバラ風味のクリームをサンドしたもの。
「ストロベリーイスパハン」は、タルト生地にバラ風味のスポンジ・ラズベリージャム・ライチ・ストロベリーをあしらったクリームで仕上げたデザート。春満開の華やかなデコレーションには食用花も使用。生花のすべすべした花弁の触感にテンションが上がります。
口に含んだ瞬間、ライチがロマンチックに香り、咲く花のようなうっとりした余香に包まれます。マリーアントワネット時代のパリを彷彿とさせる、乙女心をくすぐるようなデザートです。

 

「苺のダックワーズ」子猫の公園デビュー風

 

フランスの温泉地「ダクス」にその名が由来するといわれるダックワーズ。アーモンド風味のメレンゲを使用したふんわりと軽い食感の生地が特徴です。
「苺のダックワーズ」には、ピスタチオ生地のダックワーズにピスタチオバタークリームが使われていて、バターの風味が食べた後から豊かに広がります。まるで春風のようなマイルド感。ふわりとした食感はシフォンケーキにも似ていて、いくつでも食べられそう。

 

「ル・シャ・ルージュ」苺とルビーチョコレートのタルト

 

ルビーチョコレートとパッションフルーツのガナッシュのタルトです。ルビーチョコレートとは、ルビーカカオ豆から発見された、ダーク・ミルク・ホワイトに続く「第4のチョコレート」。着色やフレーバーが一切入っていない天然のカカオ豆なのに、その特殊成分によってルビー色のフルーティーなチョコレートになる面白いカカオ。まだ希少性の高いルビーチョコレートを使った「ル・シャ・ルージュ」は絶対に食べてみてください!
濃厚かつまったりとした口溶けに、カカオのコクが芳醇に香る、希少なだけでなく満足感の高い一品。タルト生地に含まれたシナモンがスパイシーなアクセントになっていて、甘いだけじゃなくエキゾチックな風味も。

 

猫もときめく 苺モンテリマール

 

モンテリマールは、フランスのローヌ・アルプ地方のお菓子。ナッツと蜂蜜がポイントで、現地ではヌガーとして売られていることが多いよう。
苺モンテリマールは、胡桃・アーモンド・ヘーゼルナッツ入りの蜂蜜ムースにストロベリークリームをトッピング。口の中で溶けてなくなるほど柔らかいムースに、カリカリとした食感のナッツと蜂蜜の優しい味わいが絶妙にマッチする不思議でクセになるデザート。

食べれば「猫もときめく」理由もわかります!その柔らかさゆえ、取り分ける際は慎重に。

マ・ミネット

 

「子猫」という意味の一口サイズのストロベリースイーツ。

ドーム型の苺ムースの中にはフレーズデボアが入っています。

 

 

とろけるムースにクランベリーの甘酸っぱさが加わり、軽快に食べられるスイーツです。
一口サイズだからパクパクと食べられてしまいそうだけど、急いで食べてしまうのがもったいない!
一口ひとくち、しっかりと味わいたくなる上品さを楽しんでください。

 

ソルティーキャットカップケーキ

 

甘いスイーツが並ぶ中にやってくる、安定感ある塩バターカップケーキ。
ストロベリークリームとフレッシュ苺のマッチングもグッド。

 

ストロベリーシュークレーム(画像:中央)

 

苺とラズベリーのクリームと、ピスタチオクリームの一口シュー。ちょぴり塩を効かせたシュー生地に、2種類のベリークリームとピスタチオクリームがバランスよく調和された、甘すぎない技巧派のシュークリームです。一口サイズだからこそ、全てが「一口」で完結するように計算された見事なデザート。マカロンも絶品。

 

ストロベリーティラミス「ムーランルージュ・エトワール」

 

マルカルポーネクリームに苺のコンポートがトッピングされたカップデザート。チーズ感は控えめでマイルドなティラミスです。
ティラミスの語源はイタリア語で、「Tira mi su ! 」。直訳では「私を引っ張り上げて」ですが、転じて「私を元気づけて」という意味になります。「食べると元気になる」という意味の、ハイカロリーな強力なデザート。

 

本来は強力なデザートですが、この「ストロベリーティラミス」は苺の酸味を引き立たせるために、マスカルポーネチーズが主張しすぎないように工夫されています。見た目はしっかりとティラミスですが、食べてみると上品で、上質なレディーのための優しいデザートです。

柚子&ストロベリータルト

 

柚子クリームとストロベリーの一口サイズのタルト。「苺と柚子?」と思うかもしれませんが、この意外な組み合わせは、食べることできちんと成立します。柚子クリームがさっぱりとしていて小粋な味わい。ぜひご賞味を。

 

グラスデザート4種類を食べ比べ

 

ストロベリーシャンパン風味ゼリー(上画像:左上)

 

炭酸が口の中で弾けるのが楽しいゼリー。シュワシュワ食感で、トッピングにのったフレッシュ苺との相性も良いです。見た目も可愛いので、ついついお皿に乗せたくなります。

 

ストロベリーシェイク(上画像:左下)

タピオカが入った苺とバナナのミルクシェイク。バナナの丸い甘みが苺と一緒にシェイクされることで、昔懐かしい味わいに。こんなスムーズを毎朝食べたい!

 

リコッタ・ストロベリー(上画像:右上)

 

レモン風味のリコッタチーズクリームは、酸味とほのかな塩味を感じます。ストロベリーソースがアクセントでフレッシュなマリアージュに仕上がっています。塩味が「いい仕事しているな」と思わず感心してしまうほど、チーズの優しさを限界まで引き出したデザート。苺の季節に食べたくなるグラスデザートです。

 


ストロベリーパルフェ(上画像:右下、下画像:左前)

 

ベリーコンポート、ホイップクリームとメレンゲのパフェ。クリーム好きにはたまらない、まさにクリーム党のためのデザートです。とにかくまろやかで、トッピングのメレンゲも口に熱ですっと溶けてしまいます。このとろけるパフェをどのタイミングで食べるか…悩みます。

 

ミックリベリークッキー

 

ベリークッキーにキャラメルとフレッシュベリーをトッピング。サクサクのカントリー風クッキー、キャラメルソース、ベリーの酸味が三位一体に。アイスクリームにトッピングしても良し。

 

猫パンチ クリームパン

 

猫の手をイメージした一口サイズのクリームパン。ブリオッシュ風なので、バターのしっかりとした存在感があります。苺ジャムにも似た味わいのクリームが、この風味豊かなパン生地によく合っていて、もしもパン屋さんに売っていたらリピート必至は間違いありません。

 

まだまだ多彩なデザート!

 

苺のロールケーキ

ふんわり食感の、カスタードクリームのロールケーキ。卵の味がしっかりと感じられます。

 

ストロベリータルト ア・ラ・パリジェンヌ

タルトの上にはビターオレンジ風味のカスタードクリーム。

 

ストロベリー”キジトラ”シャルロット

バニラムースと苺のジュレのシャルロットケーキ。バニラのムースがあっさりとしていて、口直しにも良いです。

 

 

同じようにいちごを使ったデザートでも組み合わせる材料が違うと、こんなにたくさんの味の変化を楽しめるのかと驚きました。
さらにいちごを満喫するだけでなく、フランスにちなんだ伝統菓子が味わえるので、なんだかパリを旅行している気分でデザートを楽しめます。デザートの合間にはフレッシュ苺をつまみつつ、優雅なティータイムを過ごすのにぴったりのデザートビュッフェです。

 

南プロバンスから友達猫がやってくる…期間限定の新デザート追加

 

延長が決定した『ストロベリーCATS コレクション』では、2019年5月7日(火)から6月3日(月)までの1ヶ月間、いちごデザートに加えて南プロヴァンスをイメージした新デザートが登場します。ラベンダーや蜂蜜、レモンを使った、春から初夏の季節にぴったりのさっぱりとしたデザートが約10種類ラインナップ予定。

 

 

デザートのタイトルも「猫のバカンス」「ラベンダー畑でつかまえて」「猫も待ち焦がれる初夏のアバンチュール」と、可愛くてキュンとするお菓子ばかり。
延長期間中の1ヶ月限定なので、この期間にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

GW明けが予約の狙い目!日程が合わない時はディナーで

 

予約が必須の『ストロベリーCATS コレクション』ですが、今ならGW明けの予約が取りやすいとのこと。しかもGW明けには、いちごデザートと南プロバンスの新デザートの両方を味わえます!これから予約を考えているなら、5月7日(火)以降が断然おすすめです。

 

行きたいけど、仕事などでどうしても日程が合わない…という方は、ディナービュッフェに来て、少しだけデザートビュッフェを楽しむという裏技も。

 

実はディナービュッフェ中も「ムーランルージュ」のビュッフェ台のみは残したまま、厳選されたいちごのデザートが楽しめるようになっています。ディナービュッフェなら食事をメインに、食後はデザートも楽しめるというおいしいどこ取りができるので、意外と狙い目ですよ。

ディナーでお見せできるにゃんこたちは一部ですが、日中の喧騒を忘れて、ゆったりとした会場でビュッフェ台を心ゆくまで撮影できます。

大満足のいちごデザートビュッフェで春のティータイム

 

パリの世界観をまるごと味わえるヒルトン東京のスイーツビュッフェ。
猫好きにはたまらない仕掛けがあちこちに散りばめられているので、お茶目な猫たちの姿をぜひ見つけに出かけてみてください!
とにかく最高に可愛いモフモフにゃんこ。いちごとのコラボレーションは最強です!

 

information


「ストロベリーCATS コレクション」デザートフェア
会場 ヒルトン東京(マーブルラウンジ1F)
期間 〜2019年6月3日(月)
料金 お1人様 ¥3,900(お子様¥2,500)土・日・祝日 ¥4,050(お子様¥2,600)
時間 2:30pm〜5:30pm
予約 https://www.hiltontokyo.jp/plans/restaurants/sweets/marble_lounge_1812

 

「いちごデザート&約60種類の豪華」ディナー ビュッフェ
会場 ヒルトン東京(マーブルラウンジ1F)
期間 ~2019年6月3日(月)
料金
・月~木曜日 お1人様 ¥5,000 /お子様 (4~12歳)¥3,000
・金~日/祝 お1人様 ¥6,000 / お子様(4~12歳)¥3,500
※税金・サービス料は別途
時間 月~木 18:00~21:00 金・土・日・祝日 2部制(1)18:00~20:00 (2)20:30~22:30
予約 https://www.hiltontokyo.jp/plans/restaurants/buffet/marble_lounge_1812_2