おしゃれは賢さと品の良さが決め手。ベーシックなローファーでオンオフを使い分け

高級ビスポークシューズのような履き心地と上品さ。インドネシア発のJalan Sriwijayaで見つけるトラディショナルかつモダンな一足は、ヘビーローテーション間違いなしの相棒になるはず。

Jalan Sriwijayaの品の高さは製法にある

創業者のテデ・チャンドラによって1919年にインドネシアで誕生した靴工場Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)は、当時オランダの植民地だったインドネシアで、外国人向けのミリタリーブーツを作り始めました。経営者の息子であるルディ・スパーマンがイギリスのノーザンプトンで修行を積み、伝統的な手作業によるハンドソーンウェルテッド製法を習得しました。高級ビスポークシューズに用いられるこの製法は、アウトソールの縫い付け以外は全て職人によるハンドメイド。莫大な時間と労力がかかり大量生産が困難な製法のため、ハンドソーンウェルテッド製法の靴はとても希少ですが、履いていくうちに自分の足の形に沈みができるこの製法の靴は唯一無二のシューズを生み出します。

 

ベーシックでミニマルなブラックは万能シューズ

98808 BLACK ¥32,000(税別)

マットなカーフ(生後6ヶ月以内の子牛の皮をなめした少量しか採れない貴重で高価なレザー)を使用したブラックの革靴。レディースでは珍しいホールカットの仕立ては、シルエットの美しさと職人技が光る一足。一枚革で足を包むようにつぎはぎがなく仕上げたものを「ホールカット」と呼び、高度な技術が必要とされ、フィット感が桁違いです。洗練されたミニマルさに、細身のシェイプが女性らしさを演出します。きれいめのスタイルにはもちろん、ダークカラーのカジュアルなボトムスとも好相性です。

 

艶っぽい足元を演出するならコレ

98789 BORDO ¥34,000(税別)

シューズの甲部分に施されたゴールドのビットがラグジュアリー感を演出してくれるローファー。カーフレザーはボルドーカラーでフェミニニティを感じさせ、ゴールドとの組み合わせが上品な色気が漂います。フォーマルなデザインなので、オフィスカジュアルにも最適です。シースルーなどフェミニンなソックスと合わせて、デニムとカジュアルに合わせるのもおすすめ。

 

ブラウンのコインローファーはスタイルの抜け感に

98610 CUOIO ¥32,000(税別)

コインローファーは1930年代に誕生したローファーの中でも代表的なシューズ。サドル部分に切れ込みが入っていて、1セント硬貨を差し込んだことからコインローファーと呼ばれるようになったという説も(諸説あり)。60年代に流行したコインローファーはやっぱりブラウン。当時流行ったアイビールックのスタイルに合わせて欲しい一足です。その他のスタイルにも、オールドスクールなテイストがファッションの抜け感になってくれますよ。

 

タッセルローファーはクラシックに

98826 BLACK ¥32,000(税別)

ハリウッド俳優ポール・ルーカスが1940年代にイギリスから持ち帰った房飾り付きのレザーシューズをシンプルにして欲しいという要望で誕生したタッセルローファーは、足元の存在感を放つシューズです。タッセルやメダリオンが豪奢な印象を与えながら、ブラックカラーでクラシカルな佇まいに。お出かけシューズとしてパンツ・スカートどちらにも合わせやすく、また、ミニマルなカジュアルスタイルのポイントにも活躍してくれるはずです。

 

オンオフで長く愛用できる靴を

Jalan Sriwijayaはリペアサービスも行なっており、壊れたり傷んだ革靴をプロの職人が丁寧に手作業で修理をしてくれますが、長く使うためには日々のお手入れも大切。ブラシで汚れを落とし、クリームを布で塗り込むときのブラシと布は柔らかいものがカーフレザーにはおすすめです。オンオフで長く、そしてヘビーローテーションで履くことのできる愛しいローファーを探してみてはいかがでしょうか?

 

Jalan Sriwijaya

www.jalansriwijaya.com

text: 和田典子