検索

コスメブランドディレクターが作るインナービューティーランチをいただく!【お茶飲み話し】

楽しくて美味しい食事からつながる心と身体が喜ぶヘルシーなお料理と<OSAJI>コスメ

 

お肌のことをとことん考えたオーガニックスキンケア、ヘアケア、ボディケアと甘酒のお店として今年、2017年1月にオープンした『OSAJI 谷中店』。

近くには、亀の子束子店などもあり、谷中特有のアットホームな雰囲気に溶け込むように、ショップをスタートさせたコスメブランド「OSAJI」オサジ。

 

お店やさんもお客さんもどことなくゆっくりと時間を過ごすような空気が、オサジの持つ「1点1点丁寧なものづくりをする」理念と通じている。

 

お肌に対して真摯な姿勢で商品を開発し、お客さんのお肌のニーズや問題点を常に敏感に察知し納得のいくスキンケアアイテムを発信しているオサジは、今、敏感肌の方や乾燥肌の方などトラブルを抱えている方にも優しいと評判のオーガニックコスメ&ライフスタイルブランドだ。

 

そんな皮膚の仕組みと真摯に向き合ってきたオサジの開発者 茂田正和さんが、このオサジのことをさらに知ってほしい、そしてお肌についてもっと知ってほしいという願いのもと、お肌と身体が心から喜ぶビューティーランチの会がまだまだ初夏の日差しが心地よい梅雨の合間に催された。

 

 

そこにはオサジブランドをもっと知りたいと思う、さまざまなメディアの方々などがしっかり着席した形で、なんと、オサジの開発者 茂田正和さんが自ら腕をふるうコース料理を提供してくださるという驚きのスタイル!

 

 

一人一人にお品書きの入ったメッセージカードが。


 

オサジのブランドカラーのライトパープルのショップカードと合わせた麻のリボンが洗練された印象。

カトラリーやお皿もシンプルで使いやすく、お食事を際立たせてくれる素敵なテーブルウエア。

飲み物は長野リュードバンのシードル。

すっきりした味わいで、食前にふさわしい一杯。

 

 

山名八幡宮ピッコリーノの天然酵母パン

ヘンプシードオイルで


 

群馬県高崎市にある、安産・子育ての宮、山名八幡宮の近くに位置する天然酵母パン屋ピッコリーノの歯ごたえもあって満腹感を味わえるひと品。

さらりとしたオイルもまた味わい深い。

 

 

 

 

山名野菜のスティックサラダ、金山寺味噌を添えて


 

お芋やニンジン、そして茄子など、新鮮でパリッという食感がたまらないこちらも山名で採れたお野菜。お味噌でもお塩でも合う食材たち。まさに素材の味を堪能できた瞬間でした。

 

 

マグロと枝豆のタルタル、塩麹と卵黄のソース


 

スタイリッシュなお皿に乗ってきたのは、マグロと枝豆のタルタル。

もう絶妙な味でこのお料理の頃には、私、白ワインもいただいてしまい、、その白ワインとも程よく調和してくれた一品。

 

 

酒盗と大葉のスパゲッティ


 

酒を盗むと書いて、酒盗。

そんな酒盗と大葉のパスタ。

文句なしの美味しさ。

 

 

 

沖縄県産アグー豚のロースト、トリュフ醤油で



 

柔らかく、噛めば噛むほど味の出るアグー豚。

トリュフ醤油がたまらない!

どうしたらこんな風に美味しく仕上げられるのか?!

お料理もコスメと同様、丁寧に作られ、そして、お客さまのニーズを組んだ味付けが本当に印象的。

 

 

 

京都のくずきり、熟成黒蜜で


 

甘すぎない甘さがまさに大人の甘味。

ヘルシーデザートで締めくくるのがオサジ流。

味は言うまでもありません!

 

 

たった2時間弱でしたが、食を通して、オサジコスメについて、ビューティーについてさらに気づきを教えてくれたランチタイムでした。

こんなに美味しいそして繊細な味付けが施されたお料理を作られているディレクター茂田さんが、真摯に向き合うオーガニックコスメ、OSAJI(オサジ)。


 

この夏ちょっと知ってみませんか?

きっと、肌にも身体にも心にもいたわりを届けてくれるはず。

 

www.osaji.net

 

 

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!