検索

まるで旅気分! なテンションを上げるお土産たち『JOURNEY JOURNAL』

友人たちの「Souvenir」コレクションをピックアップしてみました。

 

こんにちは、JOURNEYの加藤です

 

最近、自分は旅に出られていないかわりに
周囲の友人達があちらへ、こちらへ

 

頂いたお土産に、
かすかな旅の気分を味わいつつ
これを書いています

 

お土産、手土産。最近の嬉しかったもの

 

From 台湾

 

taiwang

台湾いくよー、と聞き即おつかいを頼んだ

 

「PEKOE」のドライフルーツ

 

前に台湾へ行った時に食べて気に入り
以来台湾と聞けばうわ言のように
「PEKOEの・・」と繰り返している

 

マンゴーとかいちぢくとか色々あるのだけど、
ライチが美味しい
台湾版のDEAN&DELUCAみたいな感じで、
調味料とかオイルも良いものが売っています

 

http://www.yilan.com.tw/html/modules/mymall/

 

ドライフルーツは、美味しいし
日持ちもするし、軽いし
実にお土産向きなのではないかと今更気づく
(みんな知ってる、多分)

 

From 青森

aomori

りんごバタージャム

 

ふらりと仕事場に現れた友人が、
おもむろにリュックから出してくれた
旅の空気がふわーっとして、たまらなく嬉しい

 

漂う「そこでしか買えないやつ感」にわくわく
そして普通の食パンにこれを塗るだけで、
アップルパイみたいな味になるという。

食べながら「何かに似てる、何かに・・」
ともぐもぐしていて

 

「アップルパイか!」

 

と気づいた時の閃きもぜひ味わって欲しいです

青森は食べ物も美味しいし、
桜もきれいだし素敵な美術館もあるし
みんなもっともっと行ったらいいと思う

 

From Paris

pariss

ここはFUDGEのウェブサイトなので、

女の子の好きそうなのも忘れずに

 

H&Mの高級ライン&OTHERSTORIES
(http://www.stories.com/)
のボディスクラブ

 

基本は服屋さん?だと思うのですが、
ここのコスメやボディケア、
あと下着とかもお手頃で可愛い。
日本にもそのうち入ってきそうですけどね。

 

なぜ二つあるかというと、

 

1つは去年自分が旅先で買ってきたもの
コリアンダーの入った香りがとても気に入り、
沢山買ってお土産にしたんでした。

 

もう1つは、
先日パリに出張していた友人が
このお店にチェックインしていたので、
この香りのやついいよ、
と勧めたら同じものをお土産に買ってきてくれたもの

彼女とは好みや感覚が近くて、
こういうシンクロが幾度となくある
お土産とか贈り物もなんというか
答え合わせをするような感覚

 

そしてもうこれで
しばらく私の体はツルツルのはず。
向こう一年くらいは

 

From USA

usas

アメリカ。行ったことの無い国。

 

白っぽいのは古いクロス。
もともとは古い砂糖袋かなにからしい。
いい感じの布、
という大雑把なリクエストしたら
きちんと良い布がやって来た

 

横に写っている国旗のバンダナは、
豊洲で買ったものらしいです
アメリカ製と書いてあったし、
ちょうど近くにあったので一緒に
豊洲土産。フロムトーキョー

 

From 吉祥寺

kichijoji 

珈琲・散歩 というお店の
季節のオリジナルブレンド「春味」

 

頂いて初めて知るお店でしたが、
まず店名が「散歩」
これが素敵でない訳がないだろう、
という勝手な先入観

 

重ねて「春味」
春は1番好きな季節。
桜は咲くし自分の生まれた季節でもあるし

 

頂いた日に焙煎された「されたて」を頂く贅沢
そしてこの送り主もまた、
春の日だまりのような人なのでした

 

お土産に限らず、
どうも自分は人に物を贈るのが
半ば趣味のようなところがあって
それは完全に一方的な「あげたがり」で、
むやみに贈り物をすると
相手を逆に困らせてしまったり
恐縮させてしまうことも
重々承知しているけれど、
それでもあげたがりは治らないので
もう仕方ないと開き直っている。

 

お酒がやめられないとか、
そういうのと同じことにして。

 

お土産をもらって嬉しいという気持ちは
結局、一緒にいない時間に
相手を思ったり何かを選んだり
探したりする時間の尊さということなんだろう、
と、結局は思います

 

あと、どこへも出かけていなくとも、
少し旅の気分を味わえてちょっとラッキー
みたいな

 

なので、お土産は必ずしも有形である必要は無く
旅先での体験を聞いたり、
写真を見せて貰うことも含まれる。
知らない国で出合った人との交流とか聞いてると
興奮して眠れなくなるほど。困ったものです

 

こんなこと書いてたら、やはり旅に出たくなる
知らない場所が、そろそろ呼んでますね

 

それではまた

 

______________________________
プロフィ−ル
JOURNEY attaches de presse
メーカーでのインハウスのプレスを経て
2007年よりフリーで活動を開始。

2013年より屋号をJOURNEYとする。

洋服やBAG・アクセサリーなどの服飾雑貨、
うつわと生活道具・プロダクト、
個性のある小さなSHOPまで
ライフスタイル全般を行き来するアタッシェドゥプレス。

 

関連記事

「植物と暮らす」

「はじめまして」

 

FUDGE.jpより

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!