バルトの国々へ旅をしよう!エストニアとラトビアの知られざる魅力をお伝えします。

エストニアとラトビアという国をご存知ですか?リトアニアを含むそれらはバルト3 国と呼ばれ、気候や風土、黒パンが大好きな国民性はそっくり。それはまるで兄弟姉妹のよう。緑豊かで、美しい文化が息づくバルトの国々へあなたも行ってみませんか?

自然を味わうエストニア 

しあわせと手仕事の国

水を含んだヴィヒタで身体を叩くことで葉に含まれたビタミンが身体に浸透して血行を良くする。キズなども治りやすくなる効果もあるのだとか。

小さな島を巡るエストニアのオーガニックな旅

バルト海に面するエストニア。特に首都タリンは昔から港町として栄えてきた歴史があり、中世の時代に建てられた建造物や街並みは「タリン歴史地区」として世界遺産に登録されています。今回は、エストニアの中心地である旧市街から離れ、大小含めると、なんと2222もあるエストニアの島々の暮らしをご紹介。手作りロッジで楽しめるエストニア伝統のスモークサウナ体験や、島の伝統を受け継ぐおばあちゃんの手芸品。サーレマー島出身の女性が手がける100%オーガニックなコスメもあるんです。たくましくも温もり溢れるエストニアの魅力は、自然を愛する心から生まれているよう。自然とともに生きる彼らの暮らしは”しあわせ”に満ちていました。

 

サウナの煙で燻した肉の料理や、近くで積んだディル。
野菜スープはエストニアの定番的な家庭料理

 

 

「ティルク ビオのオーガニックコスメ」

 

エストニアのサーレマー島出身のPille Lengiさんが手がけるオーガニックコスメブランド『tilk bio(ティルク ビオ)』。Tilk=水のしずくの意。“水やハーブなどが落ちる瞬間のフレッシュなもの、身体にストレスをかけないものをコスメに”という彼女の強い思いから立ち上げられたブランド。地元で摘まれたハーブを贅沢に使ってクリームやオイルなどを展開しています。新鮮なものを届けたいという思いから、オールハンドでほぼ受注生産という素晴らしいこだわりようです。

 

食用の大麻の種を乾燥させたフェイシャルオイルは乾燥肌用のユニセックス仕様
旅行好きなデザイナーならではの携帯しやすい小ぶりなパッケージが愛らしいハンドクリーム。

 

 

ムフ島にしかない民芸品の宝庫「オアド・ヤ・エード民芸店」

 

2222を数えるエストニアの島々の中でも、このムフ島は手刺繍が有名。島の人々(おばあちゃん達)が作った民芸品や雑貨が揃う島最古の工芸品ショップ。手刺繍のモチーフは家族の印を模様として入れるのが一般的。けれど自然の多いこの島で描かれる刺繍はなんだか、魚や動植物のモチーフが多くとても愛らしい。ムフ島のキーカラーはピンクとオレンジカラーで島によって少しずつ刺繍モチーフが異なるのも面白いところ。店主のおばあちゃんの後ろにある陶器は、青=エストニア、松の木のモチーフ=ムフ島を表すのだとか。

 

 

歌と踊りと自然派ワイン

楽しみ上手な国ラトビア

 

受け継がれる文化とラトビアの新たな魅力

夏が短く、長い冬が続くラトビア。寒さと隣合わせのこの国では、編み物やバスケット作りなどの手仕事は日々の暮らしには欠かせないもの。その技術は今でも家庭の中で代々受け継がれています。家族や民族間の絆がとても深いラトビアの人々。それは年配層に限ったことではなく、若い世代にも自然と浸透しています。今回は、日本でも人気のラトビアの工芸品の他にも、ラトビアの豊かな自然を満喫しながら楽しめる新たな健康レジャースポットや、ラトビア発”田舎へ泊まろう”ツアーなどラトビア国内を充分に満喫できるプランをご紹介。都心から少し離れて、田舎を巡ってみたら、また新しいラトビアの魅力が見つかるはず。

 

 

「ヴァルグマ・パサウレの裸足の林道」

松ぼっくりを敷き詰めた松ぼっくりロード。ゴツゴツ感が痛いあなたはどこか不調があるのかも?
色とりどりな扉の向こうにはラトビアの大自然が広がる。
「さぁ、靴を脱いで森の中へ出かけよう! 」 入り口には履き捨てられた靴のオブジェ。
運動の後には近くの森で採れたハーブ入りの足湯で疲れた身体をいたわって。

 

首都リガから車で1時間、大自然に佇むレクリエーションセンター“ヴァルグマ・パサウレ=うるおいの世界”。2.6kmほどの林道に松ぼっくりや粘土、芝やウッドチップなどが仕掛けられた「裸足の林道」は、遊び心溢れるユニークな仕掛けが散りばめられ、楽しみながら地面の感触を体感できます。

 

 

「ズイルヴァーのワイナリー」

冷やして呑みたくなるさっぱりとした味わいのルバーブのワイン 8€

 

苗木の育成からワイン醸造まですべて自社で手がける「ズイルヴァー」のワイナリー。ワイナリーのあるラトビア北部は、寒暖差が大きくカルヴァドス(リンゴが原料の蒸留酒)を作るためのリンゴ栽培に適した地。農場では他にもチェリーやツルコケモモなど様々な果実が栽培されている。残念ながら国内のみの展開なので、ぜひ足を運んで味わってみてくださいね。

 

「ヅィルヌペスのカントリーハウス」

 

1924年に建てられた穀倉をサウナつきの建物に改築した宿泊施設。実際にホストファミリーが暮らす農家で、ラトビア様式の田舎暮らしを満喫できます。果物や野菜積み、干し草集めや魚釣りなど大自然の中でゆっくりとした時間の流れを体感。伝統的なラトビアの家庭料理も存分に味わって。

 

 

5年に一度開催される「歌と踊りの祭典」

 

ラトビアで5年に一度開催される「歌と踊りの祭典」。ラトビア国内から1600を超える合唱団や舞踏団が集まります。民族によって異なる衣装も見どころ。葉っぱ模様のソックスに、スリッパのような手編みシューズがとっても愛らしい。ラトビアの職人が編み上げたバスケットなど週末に開かれる野外マーケットで買うのがオススメです。

 

問い合わせ先

株式会社Foresight Marketing

Tel:03-6661-2045

CAITOプロジェクト(田園ツーリズムプロジェクト) 

http://balticsea.countryholidays.info

facebook バルト海沿岸の田園を旅しよう

https://www.facebook.com/Caito.japanese/

Instagram gorural_fin.est.lat

https://www.instagram.com/gorural_fin.est.lat/

 

photograph:Masahiro Arimoto

取材協力:CAITOプロジェクト(田園ツーリズムプロジェクト) 

機材協力:フィンエアー