私らしく暮らす  グレーとブラックでつくる大人ワンルーム【プチDIY女子達のお部屋案内】

部屋を少し大人っぽく模様替えしたいなら、「色」を徹底的に揃えるのもひとつの方法です。ひとつひとつのアイテムを厳選して作り上げられた、モノトーンインテリアのお部屋にお邪魔してきました。

 

「ぴったり」を厳選してつくったワンルーム

 

建築・不動産関係のお仕事をされているmairoom203さんがお住まいなのは、26㎡の1Kのお部屋。このお部屋でひとり暮らしを始めて3ヶ月ほど。部屋に置くひとつひとつのものを吟味して厳選し、すっきりと見えるモノトーンインテリアをつくってらっしゃいます。

 

6.5畳ほどのお部屋ですが、ベッドと、大きな一人がけのソファを置いてもまだゆとりがあるように見えるのは、お部屋の中に生活感を感じさせるアイテムや、収納棚などがほとんど置かれていないせい。
「収納が広めのところで探しました」とのことで、奥に見えるクローゼットは実はウォークインタイプ。衣類と合わせて、細々としたものは全てクローゼットの中に。
バストイレはセパレートで、洗面台の鏡がとても大きくてまるでホテルのよう!一見、普通に見えるけど、とても暮らしやすそうな間取りのお部屋でした。上手にお部屋探しされていますね。
よく行くインテリアショップはIKEAやHAYなど。印象的なガラストップのテーブルはZARA HOMEのもの。

 

「こういうものが欲しい」と思ったら、ネットでとことん、イメージぴったりのものを探すそう。「なんとなく」で選ばれたものがないお部屋は、全体がバラバラにならず、こんなにまとまって見えるんですね。

 

 

北欧デザインを感じるアイテムを随所に取り入れて

 

どうしても作りたかったのが、こちらのディスプレイのコーナー。この場所にぴったりのコンソールテーブルを探し、壁にははがせるノリを使ってグレーの壁紙を自分で貼りました。

 

本来はテレビを置くことを想定されている場所に、mairoom203さんが一番こだわってつくったディスプレイコーナー。クリスマスやお正月など、季節に合わせて飾るものを入れ替えて楽しんでいるそう。毎日帰ってくるお部屋で、自分の大好きなものが迎えてくれる空間があるって素敵ですね。

 

壁に飾られているものも、デザインセンスを感じるものが多いです。幾何学的な形が印象的なキャンドルホルダーはデンマークのmenuのもの。
美術鑑賞も趣味ということで、こちらのカレンダーはミュージアムショップで見かけて購入。とてもシンプル。
こちらのスタンドライトはIKEAのもの。

 

ひとつひとつ飾られているものがお部屋の雰囲気にもとてもマッチしていて、見ているだけで楽しくなってくるmairoom203さんのお部屋。もし、お部屋に飾りたいお気に入りのアイテムを見つけたら、そのアイテムがとことん映えるようにお部屋の方を合わせていけばいいのかもしれないな、なんてことを考えました。

 

 

 

mairoom203さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/mairoom203/

 

 

 

 

ひとり暮らしのインテリア実例を見る

 

 

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

 

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101