バレンタインの季節。ダンデライオン・チョコレートの新コンセプトショップ「Bean to Bar Lounge 表参道 GYRE」がオープン!

サンフランシスコ発のBean to Bar チョコレートが味わえる『ダンデライオン・チョコレート』。これまで蔵前や鎌倉のショップが愛されてきましたが、ついに2月1日、表参道に新たなコンセプトショップが誕生しました! コンセプトはシングルオリジンチョコレートを味わい尽くすことのできるテイスティング・ラウンジ。ここでしか食べることのできない新たなメニューも楽しむことができるので、バレンタインとホワイトデーの季節にぜひ足を運んで。
カカオ本来の味を楽しめる職人気質なチョコレート

アメリカのクラフトムーブメントにより誕生した「Bean to Bar チョコレート」は、豆からバーになるまでのすべての工程をひとつのファクトリーで完結させることで、素材や作り手のこだわり大切にした新しい考え方。「ダンデライオン・チョコレート」では、そんな職人気質のチョコレート・バーをはじめ、チョコレートから派生したさまざまなメニューに出会うことができます。2016年に日本へ上陸して以来、蔵前、伊勢外宮前、鎌倉、京都の東山に店舗をオープンしてきました。

 

  

 

 

ダンデライオン・チョコレート初のコンセプトショップ

2月1日にオープンしたばかりの「Bean to Bar Lounge 表参道 GYRE」は、シングルオリジンのスイーツを味わい尽くすことができるテイスティング・ラウンジ。定番のチョコレートバーなどはもちろん、シングルオリジンへのリスペクトをさらに深化させたスイーツ&ドリンクが新たに開発され、よりカカオの個性を感じられるメニューが揃います。

 

チョコレートの面白さは、カカオの産地や含有量によって異なる味わいを比べて楽しめること。Bean to Barの専門店だからこそ実現できたユニークなチョコレートのメニューは、大人の女性にぴったりのスイーツなんです。

 

オープニングレセプションでは、埼玉・川越のクラフトブルワリー『COEDO』とコラボレーションし、タンザニア産のカカオ豆から作ったカカオニブとチョコレートを使用したクラフトビール「Dunkel」を初お披露目したことも話題になりました。こちらは8000本の数量限定で購入することができるので、気になる人はぜひ早めに足を運んでみてください!

 

Bean to Bar Loungeのために開発された、風味豊かなスイーツ&ドリンク

 

ガトーショコラ ¥300(1個)

 

まずは昨年12月よりオンラインストアで販売をスタートして以来、即日売り切れになるほど話題を呼んだダンデライオン・チョコレートのガトーショコラが、Bean to Bar Loungeのペストリーメニューとして登場。まるで濃厚なチーズケーキを食べているような芳醇な味わいを持つインド産カカオのチョコレートを使用したもの、それからナッツのようなフレーバーが感じられるドミニカ共和国産カカオのチョコレートを使用したもの。この2種類のガトーショコラが並ぶので、その風味の違いを確かめてみてください。

 

シングルオリジンホットチョコレート ¥580

 

アメリカで長く親しまれ、ダンデライオン・チョコレートでも定番人気のあるホットチョコレート。Bean to Bar Loungeのオープンに合わせて新開発したメニューでは、イチゴなどベリー系の味わいを思わせるベリーズ産カカオ70%と、モカのような深いフレーバーを持ちすっきりとしたキレのある後味が特徴のドミニカ共和国カカオ70%のチョコレートドリンク2種類が楽しめます。カカオの異なる風味をダイレクトに感じることができるホットチョコレートで、冷えた身体をゆっくりあたためてくださいね。

 

チョコレートマカロン ¥300(1個)

 

新メニューのなかでも特に気になるのが、3つの産地の異なるカカオ豆から作られたシングルオリジンのチョコレートマカロン。それぞれのカカオの個性が引き立つように、製造方法も産地毎に工夫しているそう。タンザニア産、インド産、ドミニカ共和国産のカカオそれぞれの色合いや味わいの違いを贅沢に楽しめる、見た目にもカラフルで可愛らしいメニューです。

 

マヤ・マウンテン, ベリーズ 70% ¥1,200
ホットチョコレートミックス ¥1,800、カカオニブ ¥1,600

 

また、Bean to Bar Loungeには定番のチョコレートバーやカカオニブもラインアップ。インターナショナル・チョコレート・アワード2018(Asia-Pacific)において銀賞を受賞した「マヤ・マウンテン, ベリーズ 70%」は、チーズケーキ、チョコレートにディップした苺、ローストしたピーナッツのような味わいが感じられる特別な一枚。カカオ豆とオーガニックのきび砂糖のみで作られたホットチョコレートミックスや、ローストしたカカオ豆を外皮を取りのぞき細かく砕いたカカオニブ(お酒のおつまみや、料理、スイーツのトッピングにもぴったり)などもおすすめですよ。

 

 

 

ダンデライオン・チョコレートは創業時の2010年よりシングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのケインシュガーのみを使用した「Bean to Bar チョコレート」にこだわり、カカオ豆の生産地や収穫年、発酵過程はもちろん、農園で働く生産者たちの労働環境など、チョコレートづくりにおけるすべての側面に配慮してきました。新たにオープンしたBean to Bar Loungeは、クラフトチョコレートのムーブメントを文化として根付かせるために、様々な挑戦を続けるブランドの哲学を感じられる場所になっています。そしてなにより、「本当に美味しい」と感じるチョコレートに出会えるので、ショッピングの帰りにぜひ立ち寄ってみてください!

 

ダンデライオン・チョコレート Bean to Bar Lounge 表参道 GYRE

東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1F HAY TOKYO内 

営業時間:11:00~20:00(ラストオーダー 19:30)不定休

電話番号:03-5962-7262

 

ダンデライオン・チョコレート・ジャパン

dandelionchocolate.jp

 

text:坂崎麻結