素敵なご縁に出会えるかも? 『紙単衣』の水引アクセサリー&雑貨【ブランドファイル】

2019年もあっという間に1ヵ月が過ぎようとしています。今年こそは何かよいことに巡り合いたい!と思っている方に、おしゃれで目を惹く『紙単衣(カミヒトエ)』のアイテムをご紹介します。

見たことのない、水引アクセサリーとは?

デザイナーの小松慶子さんが作り出すのは、生まれ故郷・長野県飯田市の伝統工芸「水引」を使ったアイテム。「水引」の繊細な美しさと自由な表現力を活かして、ほっとする瞬間や喜び、楽しみを感じる日常シーンをより豊かに彩る水引アイテムを提案しています。

 故郷の伝統工芸「飯田水引」を扱って以来、素材の美しさと造形の自由度に魅せられ、水引の普及と可能性を探求するブランド 『紙単衣 -kamihitoe-』をスタート。

ブランド名は、こより状の和紙に色染めや極細の糸を巻きつけて作られた水引の姿が、まるで紙が単衣をまとっているようなので、『紙単衣』と名付けたそうです。

 

ハッピーを詰め込む“水引がま口ポーチ各”¥10,000+税(参考価格)

 

そばに置きたい、ほっとする水引小物

シリーズの中でも、今回ご紹介する「あわじ結びコレクション」は、毎日頑張っている人を応援するために、自宅やオフィス、外出先でも使える実用的な水引小物を提案しています。

「封印・魔除け/縁結び/長寿」の意味を持つ伝統的な「あわじ結び」だけを結んで作ったコレクションです。「こんなアイテムまで水引でできるの?!」と驚いてしまいます。

上品にまとまる“水引イヤホンコードホルダー”¥1,200+税(参考価格)
大切な約束のための“水引リップ&印鑑ケース”各¥5,500+税(参考価格)

 

落ち着いた色味となめらかな質感は上品で温かみを感じさせてくれます。バッグやアクセサリー類の身に着けるシリーズは和装はもちろん、洋装にも溶け込むデザインで、女子会、デート、パーティーシーンなど様々なシチュエーションに使えそう。

 

 

コースターとして使える“花まるご祝儀袋”各¥2,000+税(参考価格)

 

“あわじ結び”は、一度結ぶと簡単にはほどけないこと、また両端を引っ張るほど強く結ばれるため、ご縁を結ぶと伝えられ、お祝い事に広く用いられてきたそう。

自分へのご褒美にも、プレゼントにしても喜ばれるとっておきのアイテムになりそうです。

 

昨年4月から、東京都小金井市に水引アトリエ&ショップをオープン。オーダーメイド制作やワークショップ開催の依頼なども承っているそうなので、ぜひこちらもチェックしてみて。

 

【SHOP DATA】

紙単衣 水引アトリエ&ショップ
東京都小金井市梶野町1丁目2−36 Room N-06 紙単衣

ウェブショップはこちら→紙単衣

 

text : Mikiko Akiyama(marmelo)