さまざまな“食のコミュニケーション”が生まれる「コマワリキッチン」に注目!

空き家再生を目指す豊島区。初めての試みとなる公民連携シェアキッチンがオープン!地域の人が食を通してコミュニケーションが取れるスペースです。

元祖シェアオフィス「トキワ荘」の街、

南長崎で“シェアキッチン”がOPEN!

 

 

豊島区南長崎活性化プロジェクトとして、2019年1月22日に公民連携シェアキッチン「コマワリキッチン」が誕生しました。実は空き家問題が深刻化している豊島区……。区と民間が一丸となって、街を活性化していく活動が徐々に広まっています。「コマワリキッチン」もその一環で、豊島区南長崎の商店街にあった空き店舗がシェアキッチンとして生まれ変わりました!

 

飲食店営業と菓子製造の許可を取得しているので、食品衛生責任者の資格取得者であれば、自分の家号で製造・販売が可能です。店内にはイートインスペースも設備。
【施設設備】業務用3口ガスコンロ&コンベクションオーブン、冷凍冷蔵庫、対面冷蔵ショーケース

 

コマワリキッチンではキッチンスペースを借りることができるだけではなく、作った料理やお菓子などを販売することもできるそう。(※食品衛生責任者の資格取得者のみ)また料理教室や食育イベントの開催にも利用可能で、「食」を通した様々なコミュニュケーションの場所となります。その他に起業するためのアドバイスを受けられる“起業塾”も開催されるなど、新たな創業の起点としても広く活用される予定です。

 

また、南長崎といえば“トキワ荘”があった街として有名ですよね。手塚治虫や藤子不二雄など日本を代表するマンガ家達が集い、刺激を受け合いながら、名作を生み出していった“トキワ荘”は、元祖シェアオフィスと言っても過言ではありません。2020年3月にはトキワ荘の復元施設としてマンガ・アニメミュージアムが建設される予定で、コマワリキッチンのオープンを皮切りに南長崎の新しいまちづくりが本格始動していきます。

 

「コマワリキッチン」という名前に込められた想いとは……。

 

コマワリには漫画の“コマ割”とかけられていて、それぞれのシーンでそれぞれの登場人物のストーリーが輝く場所となるように、という想いが込められているそう。またトキワ荘の一コマ(一室)で漫画家達が切磋琢磨していたように、切磋琢磨できる場所として活用されていく姿を重ね合わせると、改めて素敵な空間だと感じますよね。

 

【利用料金】※会員料金は月額、税込金額

ドロップイン会員(月5時間) ¥15,000

シルバー会員(月15時間) ¥21,000

ゴールド会員(月30時間) ¥35,000

プラチナ会員(月50時間) ¥55,000

追加延長料金/時間 ¥1,500

起業塾(全5回)  ¥15,000

 

 

問い合わせ先:

コマワリキッチン運営局

TEL:050-1749-7251

住所:東京都豊島区南長崎2-3-3 エクウス南長崎1階

HP:https://komawarikitchen.jp/