写真家・高橋恭司氏が絵付けした器「炎画(ヒビ)」1stコレクションが、セレクトショップ「HOEK」で独占販売スタート! 

写真家・高橋恭司氏が、益子焼の窯元・成井窯との共創プロジェクト「炎画(ヒビ)」を発表。そのファーストコレクションがショップ「HOEK」で独占販売を開始。ここでは制作に至った経緯や作品の一部をご紹介します。

成井窯の器に、独自の感性と創造性で新たな息吹を吹き込む

「炎画」一輪挿し ©️Kyoji Takahashi

 

90年代から出版・広告をベースに活躍し、国内外から評価を得ていた栃木県益子町出身の写真家・高橋恭司さん。

しかし商業的なマス・メディアとは一定の距離を置き、新たに創作活動をスタートさせ、最近では写真のほかドローイングも手掛けるように。

 

そんな常に新たな挑戦を続ける高橋氏が今回取り組んだのは、器の絵付け。

土台となる陶器を手掛けるのは、同じく益子が誇る陶芸家、故・成井恒雄さんの意思を継ぐ窯元・成井窯。

生前より、その自由で力強く、素朴であたたかな作風で多くのファンを魅了していた成井恒雄さん。そのご子息であり陶芸家の成井亙氏と高橋氏との出会いから、今回の企画が実現したといいます。

高橋氏が初めて器の絵付けを手がけた今回のコレクション「炎画(ヒビ)」。

従来の彼の作品以上に遊び心とウィット感のある、瑞々しい仕上がりになっています。

 

そしてこの特別な作品が、原宿にあるセレクトショップ「HOEK(フーク)」で先日から独占販売されています。

 

今回のコレクションに加え、店内では高橋氏の新作オリジナルプリントやドローイング、写真集もあわせて販売中。

 

また、「お父さん、だいじょうぶ?日記」などの著書を持つ写真家・加瀬健太郎さんと、若手モデルの代表格であり写真家としても活躍するlukaさんという、気鋭の写真家2名による、器「炎画(ヒビ)」を用いた撮りおろし作品も展示販売されているので、そちらにもご注目ください。

 

「炎画」丸皿 ©️luka
「炎画」マグカップ ©️Kentaro Kase

 

 

「これは炎と一緒に描いた絵画」という高橋氏の言葉にあるように、登り窯で燃える炎と、釉薬での絵付けの化学反応が織りなす共創作品。

同じものは2つとなく、すべての作品が世界で一点限りの特別なもの。

作品数も60点ほどで限りがあるので、早い者勝ちです。

しかも価格は1,200円〜6,000円(税抜き)と良心的。

この機会にぜひ店頭で両者(高橋×成井窯)のクリエイティビティに触れてみてください。

 

 

【SHOP DATA】

 

HOEK 

東京都渋谷区神宮前5-12-10 鈴木マンション406

Tel : 03-6805-0146

Mail : info@hoek.jp
定休日 : 水曜日・木曜日
営業時間 : 12:00-19:00

Instagram : @hoek_shop

 

 

text : Yu Konisho