猫のポーズで猫背を克服!プチ不調を改善するヨガポーズ。

「寒いと自然に背中が丸くなってしまう…」という人も多いのでは? でも猫背でいると、他人からの印象が悪くなるだけでなく、肩こりや背中の痛みの原因になるなどいいことがありません。最近はスマートフォンの利用が姿勢の悪さの助長に拍車をかけていて、猫背の人は増加傾向にあるようです。今回は猫背の影響と、猫背改善ヨガポーズをご紹介します!

猫背が引き起こすイヤ~なこと

 

まず、猫背になってパソコンの画面を見てみてください。自然とあごが出た状態になりますよね?

これは別の言い方だと、首の後ろ側が縮まっている状態。首の後ろは自律神経が通っている場所なので、ここが圧迫されると「片頭痛」を起こすことがあるのだとか。また「顔のたるみ」につながる場合も。

 

猫背は首の後ろ側を縮めますが、反対に首の前側は伸びてしまうんだそうです。それが首のたるみにつながり、顔が下の方向に引っ張られてしまう…。そして、フェイスラインまでぼんやりしてしまうんですね。さらに猫背は体の臓器を圧迫する姿勢でもあります。そのため「内臓の不調」を招くこともあるので要注意です。

 

 

 

 

”猫”背は”猫ポーズ”で直す?

 
毎日根気よく意識して正していけば、猫背は直せるといわれています。

矯正する方法はいろいろありますが、毎晩自宅で簡単にできるストレッチをご紹介しましょう。猫背の人、猫背気味の人もぜひ参考にしてみてくださいね。

 
 
 

猫背をリセットする猫ポーズ

 

ヨガのポーズのひとつ、「猫のポーズ」。これが、猫背に効くそうです。

体が硬い人でも簡単にできるポーズなので、トライしてみる価値あり!

 

 

(1)背筋を伸ばして正座をします。このとき足の指は重ねないこと

(2)お尻を上げて、肩幅くらいの広さに両手をついて四つんばいになります

(3)お尻は突き上げたまま、そのまま腕を前にすべらせ、胸とあごを床につけるようにします。息を吐きながら行いましょう

(4)ストレッチした状態で5回呼吸を繰り返し、リラックスします

 

 

猫が伸びをしているイメージの、とても気持ちがいいポーズ。毎日の習慣にして、猫背を改善しましょう!

 

 

 

 

 

wellfyより