検索

食べ過ぎを香りでSTOP!心身ともにリラックスしながらデトックスするアロマブレンドレシピ【プチ不調のためのホリスティックビューティー】

オーガニックコスメブランドreMioのアドバイザーが日々のちょっとした不調や気分転換に、簡単に取り入れられる植物オイルや精油の使い方をご紹介していきます。

前回のコラムでは【正月病を撃退!良質な睡眠とモチベーションをUPするアロマブレンドレシピ】をご紹介して頂きました。

  • お読みになってない方でご興味ある方はこちらから↓

https://pelulu.jp/55571

 

寒い日が続く中、寒いと身体があたためようとしているのかついつい食べる量が増えていませんか?

また、正月太りから食べ過ぎの習慣化になっている人もいるのではないでしょうか?

私自身もいまだに習慣化しているのかついつい食べ物に手を出して完食しがちです‥。

そこで今回は、食欲を落ち着かせる&デトックスするアロマセラピーをご紹介いたします。

 

 

香りの力で脳をごまかす!

香りは嗅ぐことによってダイレクトに脳に働きかけると言われています。

道を歩いているとどこからか美味しい香りがして、「お腹が空いたな‥。」なんてことが

ありませんか?

その作用をうまく活用してとまらない食欲をストップ、脂肪燃焼を促すことが期待できます!

 

今回は食欲抑制や代謝アップ!デトックスにピッタリなアロマブレンドをご紹介致します!

 

 

デトックスやダイエットにピッタリな精油

デトックスやダイエットにおすすめとされている精油は主に4つ。

  • ・グレープフルーツ
  • ・ジュニパーベリー
  • ・ゼラニウム
  • ・サイプレス

 

【グレープフルーツ】

 

誰もが知っているグレープフルーツは香りを嗅ぐことによって抑えられない食欲を抑制、脂肪燃焼が期待できる!と言われています。

無性に甘いものが食べたくなった時にグレープフルーツを嗅ぐだけで満足感を与えてくれると言われています。

また、香りだけでなく肌吸収から余分な水分や老廃物を排出する働きや、リンパの流れを促進するなどむくみやセルライトが気になる人には必見なオイルです!

 

 

【ジュニパーベリー】

 

古くから魔除けや宗教儀式の際に使用され、浄化に優れた植物です。

お酒の「ジン」の香り付けに使用されているのも有名な話ですよね。

そんなジュニパーベリーは身体をあたため、デトックス効果が高く老廃物の排出やセルライト、むくみに働きかけます。

他にも、肌の不調を整え吹き出物等に働きかけたり、デオトラント効果も期待できます。

  • ※少し刺激が強い精油ですので敏感肌の方は使用量にはお気をつけ下さい。

 また、妊娠中の方はご使用をお控え下さい。

 

 

【ゼラニウム】

 

バラに似た香りをもつことから、ヨーロッパではバラの代用品として親しまれてきました。

実際は花や葉から抽出されるのでローズの中に少しハーブっぽさが混じったグリーンフローラルな香りが特徴です。

ゼラニウムには心と身体に起こる様々なバランスの乱れを整える働きがあります。

身体の中の余分な水分や老廃物を流し、リンパの流れを良くするのでむくみ対策にピッタリです。また、身体をあたためる作用も期待できます。

ジュニパーベリーとブレンドがオススメですが、ジュニパーベリーは好みが分かれる香りなので

苦手な方はゼラニウムだけをブレンドするか、ジュニパーベリーを少なめでゼラニウムを多めにバランスを取るのもオススメです。

 

 

【サイプレス】

 

ジュニパーやヒノキに似たウッディーでスッキリとした香りが特徴です。

まるで早朝の森林の中にいるようなさわやかで心を落ち着かせてくれるような香りです。

免疫力を高め、咳や喘息など呼吸を整える作用や、老廃物の排出、むくみやセルライトに役立ちます。

お肌の引き締めも期待できるので、ボディ改善にはピッタリなオイルです!

  • ※少し刺激が強い精油ですので敏感肌の方は使用量にはお気をつけ下さい。

 また、妊娠中の方はご使用をお控え下さい。

 

 

身体を引き締める!デトックス美ボディオイル

  • ホホバオイル‥‥50ml (精油希釈濃度1%)
  • グレープフルーツ‥‥3滴
  • ジュニパーベリー‥‥1滴
  • ゼラニウム‥‥2滴
  • サイプレス‥‥2滴
  • ローズマリー‥‥2滴
  • ジュニパーベリーを2滴でローズマリー1滴に変更でもオススメです。

 

《オススメの使い方》

  • ・運動、入浴前に香りを取り入れることで燃焼力UP!

 ※マッサージをしない場合はデコルテや首にリラックスしながらなじませて香りを取り入れてください。

・お風呂上がりのマッサージオイルとして

・入浴剤のバスオイルとして

 ※バスソルトと混ぜて使うと発汗作用UP!

 

  • グレープフルーツは交感神経に刺激を与え血行の流れや新陳代謝を促す作用がありますが

それがかえって眠気の妨げになる場合があります。

個人差がありますが、もし気になる場合は寝る1〜2時間前にグレープフルーツの香りを嗅ぐのはお控えください。

朝の目覚めを良くしたい人にはオススメです!

 

 

 

食べたい衝動を抑えるスッキリブレンド

 

 

  • グレープフルーツorオレンジスイート‥‥2滴
  • ペパーミント‥‥1滴

 

《オススメの使い方》

マグカップなどの器に熱湯を注いで、その中に精油を落とします。
上がってくる湯気に鼻を近づけて、香りも意識しながらゆっくり深呼吸をして下さい。

 

ペパーミントには空腹感を紛らわす嬉しい効果があります!

ほのかな甘さと爽やかな香りで気持ちもスッキリ!

食事前15〜30分前に香りを取り入れておくことによって、食べ過ぎ防止が期待できます。

 

いかがでしたか?

食べたい!という気持ちはなかなか抑えるのは難しいですよね。

また、食欲はストレスからもくると言われているので、心のケアもとても重要ですよね!

日々の生活の中に香りを取り入れて少しでもストレスを溜め込まないようにしてください。

 

【クレジット】

reMio(レミオジャパン)

オーガニックエッセンシャルオイル

https://remio.jp/product

 
Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!