検索

「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.09 地元の人も愛する幻の佐渡バター】

デザイナーならではの視点から、旅先の情報とともにその土地のお土産、雑貨、食べ物などをご紹介します。

金曜の夜23時新宿発の夜行バスに乗り、朝5時に新潟港に着。6時発の大型フェリーに乗り、土曜の朝の8時半には佐渡島に到着。土曜の夜、島で一泊して日曜夕方に高速船で新潟市内に戻り、新幹線に乗り、21時には東京駅着。都内から実は土日で楽しめる、沖縄の次に大きな島、佐渡島。温泉もたくさんあり、南の島のように海も青く、日本最大級の金銀山の廃墟群もとても美しく、江戸時代に流通していた大判小判はほぼ佐渡島からのものと聞いて驚きました。日本海に浮かぶ島ということもあり、寒さ厳しくどこか物悲しいイメージがありましたが佐渡島のイメージが大きく変わりました。

 

 

日本海なのにこのベタ凪!佐渡島では青い海でシーカヤックも楽しめます。

 

 

海の見える棚田はあまり日本ではありません。夏にはとても美しい景色が広がります。

 

 

かつて東洋一と言われた金銀抽出施設跡。異国の遺跡の一部のような様子。400年の歴史を肌で感じることができます。

 

 

大きな大きなシックナー跡。ここで金を撹拌していたそうな。

 

 

洞窟、鉱山跡、廃墟好きにはたまらない、この美しさとこの規模!あまりまだ知られていないのか、観光客はほぼいません。

 

 

日本海はとくに白身魚が美味しいのだとか。新鮮なお刺身がたくさん盛り付けられているのにとってもお値打ち!

 

 

真っ黒の瓦に焦茶色の壁という家々も作りが統一されていて風情があり、街並みも洗練されておりとても美しいのです。魚も佐渡米も佐渡乳業のソフトクリームも美味しい。なんといっても人が明るくてみんな親切。いろいろな島におじゃましていますがこんなにも素晴らしい島が他にもあったなんて!島は島ごとに空気も文化も美しさもそれぞれで、本当に発見が多いのです。

 

 

伝統的な家がみっちり敷き詰まってる集落、宿根木。なつかしすぎる風景がここにはあります。

 

 

人が一人通れるくらいの道しかない密集した家並みを見ることができる島がありますが、ここもなかなかの密集具合です。

 

 

佐渡乳業の直売所。お土産に買いたいと思っていた「佐渡バター」はすでに売り切れていました。

 

 

佐渡牛乳もトキのデザインが施されており、店頭に並ぶ様子がとても可愛い!

 

 

中でもぜひオススメしたい佐渡島のお土産が、佐渡乳業が作る「佐渡バター」。とにかくどこも売り切れで売っていない!お土産売り場でも棚は空っぽ。大きめのスーパーでも棚は空っぽ。1個(200g)800円ほどする「佐渡バター」は決して安くはないはず。しかし自然豊かな佐渡島で飼育された乳牛のミルクから作られたバターはそこまで量産ができないのか、地元の人にも愛されるなかなか出会えない幻のバターとなっているのです。

 

 

実はここ、地元の人に愛される看板のないスーパー!ここでやっと「佐渡バター」を1個ゲットです。

 

 

「佐渡バター」は厳選された佐渡産生乳と佐渡海洋深層水で出来た食塩を使用し、風味を醸し出す樽型の木製バターチャーンでチャーニングしています。ミルク感たっぷりのやさしい味わいで、見た目は通常のバターより白く、なんだかクリームチーズのよう。佐渡乳業では樽1台で製造しており、樽(チャーン)はスイスからの輸入品で、いまや製造する職人さんもいなくなり追加製造はできないとか。しかも、定期的に約3週間かけて、チャーンのメンテナンスを行うくらいの徹底した品質管理を行っているそう。

「佐渡バター」にもしも出会えたらラッキー!ぜひパン好きには味わっていただきたい逸品です。

 

 

 

【過去の「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!はこちら】

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!