名品図鑑ベストヒットIssue_デイリーユースもドレスアップにも!ヘビロテ必須な『PATRICK』のシューズ

スニーカーブランドとして根強いファンを持つ、『PATRICK』。でも、魅力はそれだけではありません。フランスらしい洗練されたデザインの靴を履いて、オンもオフも軽やかに歩こう。

 

(右から)ドレスシューズ¥15,000、スニーカー ¥17,000 / PATRICK


 

1892年に、西仏プゾージュ村で靴職人のPatrick Beneteauが息子たちと靴を作ったことに始まった、シューズブランド『PATRICK(パトリック)』。

トレードマークである後方に鋭く刻まれた2本ラインは、1972年に誕生。これが、ブランドイメージを確固たるものにしました。その6年後の1978年、日本に初上陸。

鮮烈な色遣いと洗練されたフォルムはファッションに敏感な人たちを中心に注目を浴びたそう。1990年から日本国内での生産販売を開始。当時のキャッチコピーでもある“足元のメークアップ”を現在も忠実に受け継ぎ、洗練された大人のブランドであり続けたいと考えているといいます。

 

 

ドレスシューズ¥15,000 / PATRICK


 

T.P.Oを選ばない、永遠のスタンダード

フランスのカジュアルシューズデザインの定番ともいえるスタイリングで、年齢を問わず楽しめるドレスシューズ。ゴートレザーを用いて作られたこの靴は、シンプルなフォルムに薄めの一体型合成ゴムソールを組み合わせたデザイン。オンオフ問わず活躍してくれる、マルチなシューズです。

履いていることさえ忘れてしまいそうな軽さで脚にストレスを感じさせず、仕事でたくさん歩かないといけない日やたくさん歩きたい休日だけでなく、特別な日の食事などにも共にしたいと思わせてくれます。

 

シックでスポーティなレザースニーカーが、スタイリングの楽しみを広げる

同じ黒のカラーがシックのシューズはソフトなステアレザーを使った人気定番モデル。足全体を包み込むような履き心地を叶える、上質なスニーカーです。これから寒くなっていく季節にはクラシカルでモードなスタイリングに合わせたいと思わせてくれる大人の一足。カジュアル過ぎず、シンプルなデザインはどんなスタイリングでも好相性です。

 

 

スニーカー 各¥18,000 / PATRICK


 

足元から秋を取り入れたいと思わせてくれる、2色のスニーカー

風合いの良いベロア素材、ボルドーとグレーは秋冬の表情を与えてくれます。靴の持つ雰囲気や個性に合わせたシューレースも魅力に感じさせてくれるスニーカーは、ショートブーツのように足首まで包んでくれるデザインでも秋気分を盛り上げてくれます。

3種のシューズは、そのすべてにレザーが用いられています。きっと履くたびに足に馴染んでいくのも楽しませてくれるはず。

2019年は、『PATRICK』の靴で軽やかに出かけてみませんか。

 

 

PATRICK

tel:03-6450-1515

http://patrick-labo.jp

 

photograph:Hiroshi Nakamura
styling:Saori Ikeda
text : Akira Watanabe