検索

【そうだ、団地に住んでみよう】北摂エリアで子育てを考えるなら、東豊中第二団地はいかが?【プチDIY女子達のお部屋案内】

緑が多く、ゆったりとしたつくりで、陽当たり良好。団地って、実は自分の暮らしに合ってるかもしれない。団地に住む魅力を紹介します!

 

今回は、大阪、豊中市にある東豊中第二団地を訪問。MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトのお部屋などもある、人気の北摂エリアの団地です。その魅力を探りに行ってきました。

 

東豊中第二団地って、どんなところ?

 

北大阪急行「桃山台」駅が最寄り。梅田までわずか16分の利便性の良さが魅力

東豊中第二団地の最寄り駅は、北大阪急行の桃山台駅。地下鉄御堂筋線に乗り入れ、梅田、なんば、天王寺に直接アクセスできる利便性の良さは、大阪に住んでいる方にとってはもはや言わずもがなでしょう。梅田からはわずか16分で到着します。桃山台駅周辺は静かな住宅街。駅ビルにはスーパーや医療施設も入っていて、団地から徒歩圏内にもスーパーがあるので、日常のお買い物には困らなさそう。駅からは、バスで5分、歩いても16分で団地の入り口まで到着。通勤時間帯なら約4分に1本の間隔でバスが運行しているので、申し分ないですね。

 

徒歩圏内にも、ちょっとしたお店の集まるスポットがありました。こちらは、美味しいと評判のパン屋さん。毎朝お散歩がてらパンを買いに来るなんていうのもいいですね。

 

 

北摂エリアの人気の秘密は、子育て世代に選ばれる緑豊かな環境

駅から団地までのバス通りは、並木道になっていてすごく雰囲気がよく、気に入ってしまいました。帰ってくるとほっと落ち着くような、緑豊かな環境です。

 

団地の敷地内にも、ちょっとしたプレイロットや芝生エリアが綺麗に整備され、大きな木もたくさん生えています。

 

東豊中第二団地の敷地は、竹林が囲むような形になっています。敷地内にも、建設当初から時を経て立派に育った木々があちこちに見られるので、敷地のどこにいても自然を身近に感じられるのが、この団地の良いところですね。

 

こちらは、団地の5階からの風景。周りを竹林に囲まれている様子がよくわかります。お部屋にいながらにして森林浴ができてしまうような環境ですね。

 

 

団地の東側には小学校、南側にはこども園がそれぞれ隣接していて、お子さんも安全に通学、通園することができます。こども園の建物には、子供向けの絵本も充実しているという東豊中図書館も併設されていています。

 

 

さらに、団地の西側には、広さ4.1ヘクタールの市民公園、二ノ切池公園が隣接。
豊中市の市花であるバラが60種類以上も育つバラ園に、大きな芝生の広場があり、小さなお子さんとのお散歩や、ピクニックにも良さそうです。

 

 

さらに、市立の温水プールやジョギングコースも整備されています。近所に、手軽に運動できるスポットがあるのって、嬉しいですね!これならスポーツジムいらず。

 

北摂エリアは文教地区としても知られ、ファミリー世代に特に人気があります。中心部へもアクセスが良いエリアでありながら、緑豊かな住環境が手に入るところが、何と言っても一番のポイントと言えそう。休みの日には、万博公園や服部緑地などの大きなレジャー施設もすぐ近くです。

 

 

東豊中第二団地のお部屋一覧を見る

 
 

現代の暮らしに合わせたリノベーションで、お手頃に暮らす

東豊中第二団地は、日本で初めてニュータウン開発が進められた千里ニュータウンと同時期に建てられた団地。建設当初から50年が経過し、昔ながらの団地の間取り、内装も、現代の暮らしに合うようにリノベーションが進められています。

 

人気のある MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトのモデルルームに案内していただきました。
シンプルな空間に、無印良品の家具を置いていくと自然と調和するように考えられています。
和室は麻畳にリニューアル。しっかりとした素材なので、ソファなどを置いて洋室スタイルで使うこともできます。

 

すべて壊して新しくするのではなく、使えるものは大切に残したリノベーションのお部屋。大きな押入れを活かした収納や、襖が外せて自由度の高い間取りなど、こうしてみると、団地のお部屋って、現在の家族の暮らしにも便利なところがたくさんありますね。

 

 

北摂エリアでは、駅近くの分譲マンションなどは広い間取りのものが多く、家賃も少しお高め。でも東豊中第二団地なら、40平米前後の小さな間取りから広い間取りまで様々なタイプのお部屋があるのもポイントです。人気の北摂で、お手頃な賃貸住宅を選ぶ選択肢の一つとして、東豊中第二団地をおすすめしたいということです。

 

 

人気のお部屋を見せていただきました。

 

 

リラックスできるリビングが魅力。若い世代向けに考えられたリノベルーム(141号棟202号室/1LDK /45㎡/6.23万円)

 

 

こちらは、特に若い世代にとって心地よい暮らしかたをイメージしながらリノベーションされたお部屋。仕切りを取り払って南北に風の抜ける13.3畳の広々のリビングに。元々あった押入れ部分は、左右に収納を確保しつつ、真ん中はテレビ台スペースに生まれ変わりました。

 

 

 

キッチンの蛍光灯が丸見えにならないように隠して設置されていたり、ふたり暮らしを想定して、脱衣スペースの仕切りが取り付けられていたりと、ちょっとしたところに細かい配慮も多く、ストレスなく暮らせそうです。

 

 

 

この部屋の詳細を見る

 

 

既に満室となっている場合もありますので、ご了承ください。

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

 

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

 

 

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!