検索

ワンルームに作る私だけの室内庭園【プチDIY女子達のお部屋案内】

小さな部屋に大きな植物はおけないけれど、程よい大きさのものをバランスよく並べれば、お部屋全体で楽しむことができます。

植物をうまく暮らしに取り入れ、楽しむヒントを探しに、暮らしの達人の部屋をたずねます。
今回おじゃましたのは、sakiyukaさんの部屋。ひとり暮らしの小さなワンルームでも、季節のグリーンをたくさん取り入れた、爽やかな空間が広がっていました。

 

 

都内にお勤めのsakiyukaさんのお部屋は、ひとり暮らし向けのセキュリティーがしっかりとしたワンルームマンション。白や、木の素材を活かしたナチュラルなインテリアの中に、たくさんのグリーンが生き生きと飾られている、気持ちのよい空間です。

 

 

大きなドウダンツツジの枝が見事。

 

同居人は、うさぎのかなさん。垂れ耳が可愛い。

 

よく見ると、お部屋のあちこちには流木があしらわれていたり、海を感じる小物がいっぱい。
「ダイビング雑誌の出版社で働いていたので、海へ行く機会が多かったんですよ」
グリーンとマリンスタイル、こうして組み合わせてみるとしっくり馴染みます。

 

 

知り合いのカメラマンさんの展示会でイーゼルとして使われていたという流木のオブジェ。

 

 

100円ショップで売っているコーナーラックも、前面に流木をつけるとさわやかに。

 

「斑入りのものや、垂れ下がる植物が好き」というsakiyukaさん。引掛シーリングにつけられるライティングレールにエアプランツやアイビーを配しています。

 

よく行くグリーンショップは、品揃えが豊富で値段も手頃な、練馬のオザキフラワーパーク。意外に、100円ショップで気に入った子を見つけてくることもあるのだそう。

 

 

こちらは珍しい未剪定のパキラ。

 

 

「ずっと探していたんですけど、なんと100円ショップにあったんです」。水で膨らむジェルにさして。

 

以前、花屋さんで働いていた経験もあり、現在は都内で働く傍ら、ウエディングフラワーのコーディネートアシスタントもされているというsakiyukaさん。観葉植物だけでなく、季節に応じた切り花を綺麗に飾るテクニックもさすがです。

 

 

棚の中には、たくさんの花器のコレクションが。

 

 

栄養ドリンクの瓶を、ラベルと麻紐でカスタマイズしたオリジナルのものも。

 

 

これだけたくさんあると、花を買ってくるのが楽しみになりそうですね。

sakiyuka さんに、切り花を上手に飾るポイントをお聞きしてみました。

 

ポイント1
口がすぼまった花器を選ぶ

 

 

器は、なるべく口がすぼまった種類のものを選ぶこと。ブーケを飾るときも、綺麗にまとまってくれます。「もらいもので、口が広がったものも持っているんですが、飾りやすさが全然違ってこればっかり使っています」

 

ポイント2
切り花は水を吸いやすいよう手入れをすると長持ち

 

 

「お花によって、手入れの仕方はいろいろあるんですが…」と例として教えてくれたのは、切り口の断面を広くし、水を吸いやすくする方法。ナイフで表面を削るか、はさみで大きく斜めにカットしてあげるとよいのだそう。「ドウダンツツジなどの枝物は、こまめに水を替えたり、メンテナンスをすれば1ヶ月はもちますよ」

 

季節の植物いっぱいで、いつも爽やかな空気の流れるsakiyukaさんの部屋。「好き」という気持ちが、きちんと手入れしてあげることで植物にも伝わって、生き生きとした表情をみせてくれる。そんな気がしてきたのでした。

 

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

 

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!