検索

着膨れ回避を狙うなら「ゆったりアウター」がオススメ

ボリュームスリーブのニットは可愛いけれどコートが入らない...そんな悩みを解決してくれるのがこのアイテム!

 寒さが本格化するこれからの季節はついつい着込みがち。今年は厚手フィッシャーマンニットをはじめボリュームのあるシルエットが多いからこそ、重ね着しやすいアウターを選びたいところ。

今回はごわつかず重さを感じない、ゆったりアウターをご紹介します。カジュアルなものからシックなものまで、12月に入る前のこの季節必見です!
 

ボア使いが今年流!



NOMBRE IMPAIR - ボアコンビ フードコート ¥42,120(税込)


『NUMBER』が紹介してくれたのは、ハズシとして使えるボアコート。今年流行りのボア生地をフロントに取り入れたミリタリーで、他には無い一着に仕上がっています。

かっちりしすぎず甘すぎず、絶妙なバランスで仕立てられた大人アイテム。取り外し可能なフードで、綺麗めスタイルにも早変わり!
 

見えないところにこだわりを



ROOM211 - fur wool coat ¥74,520(税込)


『ROOM211』からは、オリジナルのウールコートをピックアップ。サイドにはスリットが入っていて、色違いの裏地がちらっと見えるのがさり気なく可愛いところ。

ファーでボリューム感もしっかり出ているのが今っぽくて◎ 温かさも抜群なウールコートは今チェックしておきたい!
 

思いっきりボリューミーなシルエットが今っぽい



TELA - キルティングチェックブルゾン ¥41,040(税込)


『TELA』のノーカラーで丸みのあるシルエットが今年らしいブルゾン。胸元にはスケルトンのポケットを施し、アーティスティックな遊び心溢れる一着に。

トレンドのチェック柄をブルゾンに取り入れ、一段上のおしゃれを楽しんでみてはいかがですか?
 

一着は欲しいキルティングコート



OMNIGOD - Quilt nocollar coat ¥36,720(税込)


『木宮商店』がおすすめしてくれたのは、毎年着られるベーシックなキルティングコート。裏面にはポリエステルボアを使用し、薄い見た目とは裏腹にしっかり保温性もあるんです。

シンプルなデザインなのでもたつかず、アウターの下に着込むのも◎ 袖下がナイロン仕立てなので着用時のストレスが軽減されているのも魅力的!
 

2WAY仕様コートは見逃せない



FRAMeWORK - リバーシブルボア×キルトコート ¥49,680(税込)


『FRAMeWORK』はボア×キルティングが、リバーシブルで楽しめる2WAYコートをチョイス!ふんわりとやわらかい風合いのボアもロング丈にすることで大人っぽい印象に。

同じ生地を使用した三角のストール付きで、スタイリングの幅がさらに広がります。綺麗めに着こなせるダイヤ柄のキルティング使用で、シーンレスにヘビロテできますよ。
 

軽さが決め手



nest Robe - シェットランドモッサーノーカラーコート ¥62,640(税込)


『nest Robe』が選んだのはとても軽くて柔らかい浅いVネックが特徴のノーカラーコート。 自然派ライフスタイルにぴったり合う、優しい雰囲気に仕上がる一点です。

裏地もしっかりついているので寒さ対策もばっちり。ボリュームのあるニットの上からでもさらっと羽織れるゆったりとしたサイズ感は、着回しにも最適な優秀アイテム!
 

大人っぽく仕上げるなら



Spick and Span - リバーコート ¥57,240(税込)


『Spick & Span』はロング丈で大人っぽい印象のリバーコートをピックアップしてくれました。さらっと羽織るだけでおしゃれ度がぐっと上がる一着は思わず毎日着ちゃいそう。

ロップショルダーのゆとりあるデザインで、流行りの厚手ニットとも相性バッチリ。軽い着心地は癖になること間違いなし!
 
ゆったりとしたシルエットでも着膨れしないすっきりアウターも豊富に揃っています。トレンドの素材や丈感を取り入れて、寒い冬もおしゃれを楽しみながら乗り越えましょう!
 
 
 

text : FACY LADY 編集部

 

【関連記事】

 

※ どんなコーデにも合う万能さ。持っておくべき優秀キャメルコート

 

※ コーディネートいらず!1枚で「ラクおしゃれ」が叶うニットワンピース

 

※ 可愛さチャージ!甘すぎない大人の「花柄ワンピース」

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!