プレッピーに旬のエッセンスをひとさじ。『Shinzone』PRE SPRINGコレクションをチェック!【ブランドファイル】

“デニムに合う上品なカジュルアル”を提案し、セレクトショップとしても、オリジナルブランドとしても人気を博す『Shinzone(シンゾーン)』。2019年PRE SPRINGのLOOK BOOKから、今季のテーマとアイテムをいち早くご紹介!

 

テーマはShinzone流「ニュー・プレッピースタイル」

 

1950年代にアメリカ東海岸で広まった「アイビースタイル」をベースに、“ハズし”のテクニックを加えて1960年代に生まれた「プレッピースタイル」。

その後現代においても、特にメンズファッションでは人気を超えた永久定番スタイルとして確立されています。

 

Shinzoneの2019年PRE SPRINGでは「NEW PREP」をテーマに掲げ、得意とする“デニムに合う上品なカジュアル”というフィルターを通した「プレッピースタイル」を提案。

 

 

ベーシックにひとヒネリ加えたアイテムにご注目

 

 

コレクションのキーアイテムとなるのが、まずは「ダブルカフスシャツ」。

プレッピーの原型「アイビースタイル」では欠かせないシャツを、1920年代のメンズのエレガントなドレスシャツのディテールを落とし込み、ダブルカフスシャツで作成。

ドロップショルダーで着丈を長くし、ややテントシルエットに見えるようパターンを調整。

畳んでおいてもシワになりにくく、アイロンも不要な生地を採用しているので、取り扱いやすいのも嬉しいポイントです。

 

 

 

「ビッグサイズジャケット」もキーアイテムのひとつ。

プレッピースタイルの定番アイテムでもあるジャケットをオーバーサイズで作り、ぐっと今の気分に昇華。

オリジナルのウール生地を使い、金ボタンでプレッピースタイルを表現しています。

メンズのジャケット工場で仕立てているため、衿裏がカラークロス(フェルト)の付いた高級感ある仕上がりになっています。

 

 

注目すべきキーアイテム3つ目は「スリットパンツ」。

オフィスシーンからデイリーにまで幅広く使えるきれいめのパンツです。

糸に制電生素材が織り込まれ、静電気をシャットアウトしてくれる生地を採用。

ウエストから膝までが少し細身で、裾にベンツがあるためフレアのように見え、気になる脚のラインもカバー。

また極力ステッチが表に出ないよう縫製されているので、上品な印象に仕上がっています。

 

 

得意のデニムは「スリムカットオフ」が新登場。

THE SHINZONE定番のデニム「ハイウエストスリム」のシルエットを今の気分にアップデート。

股下を従来よりも長くしてフルレングスになりました。

またウエスト位置が高く、細身のシルエットなので美脚見えするのも魅力です。

 

 

 

 

新シーズンも期待を裏切らないすてきなコレクションを発表してくれたShinzone。

ここでは紹介しきれなかったLOOKやアイテムがまだまだあります。

すでに店頭に並んでいる新作もあり、1月以降も続々とリリースされていくのでお楽しみに!

 

 

【お問い合わせ先】

シンゾーン ルミネ新宿店

03-5909-4088

Shinzone