検索

切りっぱなしロブの人気はまだまだ止まらない! 今チェックするべき3デザインはこちら。

カットで軽くするか、パーマでウェーブをプラスするか。進化するロブデザインに注目です。

今年、大流行の切りっぱなしロブは、何といってもそのカジュアルさが人気の理由。その魅力はそのままに新しい楽しみかたもじわじわ浸透中…!

表参道のおしゃれ2サロンからそのポイントを教わります。

 

 

より一層のラフ感を出して、カジュアルさを満喫!

 

「pledica」スタイリストのOZAKIさんからは、カットでブツブツ感を強めた無造作なロブが到着! あご下の長さでワンレングスにカットし、前髪や表面には動きをプラス。カラーはベールモノトーンで染めて透けるような質感に。これから増えるゆるいTシャツやラフな夏のコーデに組み合わせて楽しみたいヘアデザインです。

 

スタイリングは全体を無造作に乾かしたあと、オイルをもみ込んで。外ハネを強調させたい時は毛先を軽く巻いてもOK。

 

model:水村里奈

stylist:OZAKI(pledica)

 

 

新顔はウェービー×切りっぱなしロブ!

 

 

「Cocoon」からはウェーブをミックスした新提案が。ストレートにはちょっと飽きたかな…という大人女子におすすめしたいNEWなバランスです。スタイリストのSHUNさんからはホット系パーマのデザインが到着。根元や中間にカールをつけて、毛先は切りっぱなしの質感を残すのがポイントだそう。カラーは地毛を生かすのも、ダークトーンでもOK。前髪は眉上が今っぽくて◎です。

 

仕上げに使ったのはウェット系のワックス「ジェミールフラン アクアピュレ」。全体になじませてウェーブをほぐすように散らしてできあがり。

 

model:江崎夏実

stylist:SHUN(Cocoon)

 

 

クラシカルムードを取り入れたレディなロブスタイル!

 

 

さらにもうひとつ。「Cocoon」スタイリストの中村さんのオススメスタイルは、厚めの毛先とパーマを組み合わせたちょっぴりクラシカルなウェーブヘア。毛先は厚く重めに残し、トップはレイヤーを入れてカット。パーマは通常よりも長いロッドを使うことで揺れ落ちるウェーブがつくれるそう。切りっぱなしのカジュアル感とゆるふわのフェミニン感のコンビはみんなから高評価を獲得できそう。

 

パーマを生かすようにウェット系のワックスを。こちらのロブも使用したのは「ジェミールフラン アクアピュレ」。全体になじませてから、しっかりもみ込んで完成です。

 

model:清水あさみ

stylist:中村マサアキ(Cocoon)

 

 

 

SALON DATA

 

pledica

プレディカ

東京都渋谷区神宮前3-4-9-2F

tel:03-6432-9602

open:12:00~22:00(平日)、11:00~21:00(土)、11:00~19:30(日・祝)

火曜、第1・第3月曜休み

http://www.pledica.jp/index.html

 

 

 

Cocoon

コクーン

東京都渋谷区神宮前5-6-5 Path表参道 A棟 B1

tel:03-5466-1366

open:11:00~20:30(月・水・木)、11:00~21:00(金)、11:00~19:00(土・日・祝)

火曜・第3月曜休み

http://www.cocoon-van.com

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!