本場のムードを味わう!週末はクリスマスマーケットで心まであったか。

本場・ドイツでは冬の風物詩となっているクリスマスマーケット。その世界観を再現したクリスマスマーケットを、日本でも楽しみませんか?会場の雰囲気を伝えるレポートと、珍しいクリスマスショップを併せてご紹介します。週末のクリスマスのお出かけにぜひ、足を運んでみて!

ドイツを中心にヨーロッパ各地で開催されている伝統的なお祭り・クリスマスマーケット。

大きなクリスマスツリーが点灯し、賑やかにデコレーションされた雑貨店や屋台が軒を連ね、クリスマスの訪れをお祝いします。

イルミネーションが輝き、ロマンチックムード溢れるマーケットで飲むグリューワインのおいしさは格別!いつもお世話になっている人へのちょっとした贈り物や、普段頑張っている自分へのささやかなプレゼントをクリスマスマーケットで選ぶのも、愛おしい時間に。

今回は日比谷公園と横浜・赤レンガ倉庫で開催している2箇所をご紹介します。

開催は12月25日まで。この週末に、出かけてみませんか?

 

【日比谷公園】東京クリスマスマーケット2018

 

日比谷公園で12月14日から開催中の東京クリスマスマーケット2018。

開催時間が11時〜22時(L.O.21時半)なので、ランチを兼ねてお昼からゆっくりと会場を回るのも良し、日が暮れてからホットワインをたしなむのも良しと、1日の中でいつ行っても楽しめるクリスマスマーケットです!

 

クリスマスムードいっぱいの会場!

 

 

会場にはフラワーアーティストによる手作りクリスマスリースの展示も。北欧、フランス、ドイツなど国によってリースのデザインが異なるようです。たしかによく見ると、傾向が違うような気がします。どれも可愛くて素敵!気に入ったリースには投票もできるので、ぜひ。

 

 

東京クリスマスマーケットのシンボルになっている「クリスマスピラミッド」(写真内右)は、クリスマス・オーナメントの本場、ドイツ・ザイフェン村からやってきた高さ14mもある機械仕掛けの塔。

ザイフェン村は、別名「おもちゃの村」としても有名で、クリスマスシーズンが一番賑わうのだそう。村のあちこちにおもちゃが点在しているとってもかわいい村だとか。行ってみたくなりますね。

 

 

クリスマスピラミッドに付いているロゴは、ザイフェン村のあるエルツ地方のおもちゃ工房のもの。
ロゴまでがファンシー!

よく見るとこんなところにも…小さなクリスマス発見!

 

会場にあるツリーにはサンタクロースの手伝いをする北欧の妖精トントゥらしき姿も。
どこにいるかぜひ探してみてください。

 

キリスト生誕の瞬間を模したジオラマ・クリッペ。
中世壁画の雰囲気があるフォトジェニックなスポットなのに夜はライトアップされないため、明るいうちに立ち寄った方はぜひお写真に納めましょう。

 

「ヒュッテ」と呼ばれる各小屋の屋根にも注目!
雪だるまやサンタクロースなどクリスマスモチーフの装飾がちりばめられていて、夜になればライトアップされて、とっても幻想的。見ているだけで心が和みます。

 

見ているだけでワクワクの本場・ドイツの木工雑貨

会場には、本場・ドイツからやって来た木工雑貨が大集合。

クリスマスのオーナメントは見ているだけでもワクワクしてきます!

オーナメントは、ツリーがなければアクセサリースタンドにかけてもOK。ドアノブや玄関に吊り下げるだけでもかわいいインテリアになります。

 

ショーウィンドウを眺めているだけでも楽しくて飽きない!

 

 

ドイツ製のキャンドルホルダー。絵柄の種類が豊富でどれにしようか迷います。

気になったものは実際に明かりを灯してみてくれるので、雰囲気がわかりやすいですよ。

 

 

キャンドルホルダーは中にアロマキャンドルを入れたり、ホルダーをひっくり返せば、電気笠としても使えます。明かりを灯したとき、黄色や赤が強ければほっこり、青や緑が多ければしっとり。夜が来るのが楽しくなるように、お気に入りを見つけてください。

 

ホットドリンク片手に楽しむマーケット

ホットドリンクやドイツビールを片手にマーケットを歩いてみましょう。

東京クリスマスマーケットでは、1杯目に「マグカップ(購入)とホットドリンクのセット」もしくは「ビールグラス(デポジット)とビールのセット」を購入するスタイル。カップかグラスを持っていれば、2杯目からは空のマグカップに好きなドリンクを注いでくれます。(ドリンク代はかかります)

 

マグカップはその年限定のオリジナルデザインなので、毎年集めたくなりますね!

1杯目には「エッグ・ノック」を注文。牛乳と卵を使ったカスタードベースのとろりと甘い冬のドリンクです。

 

 

北米では寒い季節によく飲まれるそうです。ハリーポッターの中でも登場したので、知っている人も多いのでは?味はミルクセーキに似ています。甘くておいしい!

 

 

おやつには、ハンガリーの伝統的な焼き菓子の「クルトシュ」を。

外はカリッとしていて、中はもちもちの不思議なスイーツ。くるくると巻いて焼き上げるので、渦巻き状になっています。沖縄の国際通りにお店がある「クルトシュ カラーチ」がこの時期限定出店。

 

プレーン、シナモン、ココナッツ、キャラメル、ココアの5種類の中から選べます。写真はシナモン。その場で焼いてくれるので熱々の出来立てをいただけます!これだけでも結構な食べ応えがありました。

 

暖かいテントでショーを見ながら一休み

 

会場にはステージのある大型テントの設置も。バンド演奏や弾き語りなど日替わりのステージがあるので、タイミングが合えば音楽を聴きながら、ゆっくりと休憩するのもいいですよ。

冷たいビールも暖かいテントの中ならついつい飲むペースが上がっちゃうかも。

 

 

お腹が空いたらしっかりと食事もとれます。ドイツビールとソーセージの定番の組み合わせはもちろん、クリスマスマーケット限定のメニューもチェックしてみてください!

最近パンに目がない私は、ふわふわブリオッシュの中に濃厚なビーフシチューが入った「シチューパン グラーシュ」をいただきました。直径10cm、高さ15cmというボリュームたっぷりの食事系パン。

 

 

シチューに合わせて、ドリンクは「国産木苺の自家製グリューワイン」をチョイス。グリューワインも各ヒュッテでメニューが違うので、会場に着いたらまずはマップを入手しましょう。アルコールが苦手な人やたくさん飲めない人も、ノンアルコールのワインメニューがあるので安心ですよ。

 

 

昼から夜までゆっくりと楽しめる東京クリスマスマーケット。
おすすめは、夕方の少し明るい時間帯から出かけて、ワインやビールを飲みながらのんびりと雑貨を見て回り、暗くなってからはヒュッテのイルミネーションを堪能するコースです。

ステージの時間帯に合わせて出かけるのもアリですね!

 

東京クリスマスマーケット2018

開催日程:〜12/25まで(全日11:00〜22:00 L.O.は21:30)

場所:日比谷公園 噴水広場

※雨天時開催、荒天は中止の場合も有。

https://tokyochristmas.net/

 

【横浜 赤レンガ倉庫】クリスマスマーケット

横浜の赤レンガ倉庫で開催しているクリスマスマーケットは、ドイツの古都・アーヘンのマーケットをイメージ。今年で開催9回目となる人気会場です。

アーヘンのクリスマスマーケットは、伝統の焼き菓子「プリンテン」がモチーフになっているそう。そこで横浜会場のエントランスでも、巨大プリンテンが出迎えてくれます。

 

 

ロマンチックムード全開の赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット。プリンテンのアーチを前にアツアツな雰囲気…!異国情緒たっぷりです。

 

クリスマスツリーに願いをかける

 

エントランスのプリンテンアーチをくぐると、奥には立派なクリスマスツリーがお目見え。ツリーに続く道々にはクリスマスフードのヒュッテが並びます。

 

 

近くに寄るとその大きさに圧倒!ぜひライトアップして幻想的な夜に見て欲しい光景。

「永遠に枯れない命」を意味するクリスマスツリー。眺めていると、どことなく厳かな気持ちになります。

 

 

赤レンガ倉庫のヒュッテもバリエーション豊か。サンタクロースやトナカイのモチーフ以外にも三賢者とマリア様など、聖夜にまつわるシーンを見つける楽しさもありますね。

 

大切な人にプレゼントしたくなるクリスマス雑貨

 

ドイツ雑貨が並ぶ中、ひときわ目立つマトリョーシカのヒュッテ。台いっぱいにところ狭しと並んでいて、賑やかで鮮やか!ツリーやサンタクロースなど、中にはクリスマスにちなんだ珍しいモチーフのマトリョーシカも。手作りなので、顔が一つひとつ違う一点モノ。どの子にしようか迷います。

 

 

マトリョーシカはロシアの縁起物。お守りなのだそう。幸せな願いを込めたマトリョーシカを、クリスマスプレゼントに送るのも素敵ですね。

 

会場限定オリジナルマグはクリスマスブーツ型

 

横浜・赤レンガ倉庫のオリジナルマグはピンクのクリスマスブーツ型。限定マグカップで飲むと、クリスマスムードも倍増です。アップルグリューワインにホイップとシナモンを追加して、甘さが体に染み渡るとびきりの冬のホットドリンクに。寒ければ寒いほど、幸せが募ります。

 

 

ホットワインやドイツビールに相性抜群のオリジナルソーセージ。付け合わせのザワークラウトのすっぱさもクセになる、最強の組み合わせです。一品でも満足感があるので、いろいろなフードを楽しみたい人は友達やカップルで行って、みんなでシェアを!

クリスマスマーケットを堪能した後は、赤レンガ倉庫で買い物も楽しめて一石二鳥。

 

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫

開催日程:〜12/25まで(11:00~21:00 L.O.は21:30)

場所:横浜赤レンガ倉庫

※荒天時は休業の場合有

※イルミネーションのライトアップは16:00~営業終了まで(ツリーのみ23:00まで)

※物販ブースの営業時間は11:00〜21:00まで

https://www.yokohama-akarenga.jp/christmas/

 

一年中クリスマスのお店・Christmas Toys

 

横浜の赤レンガ倉庫に行くなら、少し足を伸ばして欲しいのが元町・中華街駅が最寄りの「Christmas Toys」。ここは、クリスマスが大好きなオーナーがつくった”一年中クリスマス”のお店です。

隣にある「ブリキのおもちゃ博物館」と双子の洋館につくられたこのお店、店構えからクリスマスの楽しげなムードが溢れています!

 

どこからともなくサンタクロース大集合!

 

敷地内に、一体何人いるのかわからないほどたくさんのサンタクロースが!滞在中にも、お店のスタッフさんがどこからともなくサンタクロースを抱きかかえてやってきます…。

 

 

 

反射して写らなかったのですが、ワゴン車の中にも複数のサンタクロースが乗り合わせています。まだお店の中に入っていないのに、店先だけでもかなりの人数のサンタに出会えます。

 

クリスマス好きにはたまらない!テンションが上がる店内

 

お店の中に入ると思わず「わー!」と声が出てしまうほど、クリスマス一色!まるでヨーロッパの雑貨屋さんへ来たかのような錯覚に陥るかも。どこを見ても、クリスマスが溢れていてテンションが上がりっぱなしに。

 

 

クリスマス雑貨はシーズン以外でも入れ替わりがあり、新しい商品が入荷してくるそう。夏場はバリエーションが若干少なくなるとのことですが、その時期にしか手に入らないものや、人気があって売り切れてしまうアイテムも多くあるので、気になる人は要チェックです!

 

ブリキのおもちゃ博物館にも立ち寄って!

 

「Christmas Toys」に来たら隣の「ブリキのおもちゃ博物館」にもぜひ立ち寄ってみてください。この博物館には、1890年代から1960年代にかけて主に日本で製造された玩具、約3,000点が常設展示されています。どこか懐かしく感じる玩具からTVドラマで使われた小道具まで、オーナーの貴重なコレクションは見応えたぷり。

 

 

 

どこかで見たことのあるブリキロボットも。ブリキの質感が、懐かしくてなんとも味わい深い。博物館で玩具を見た後は、入口のショップでついつい買い物しちゃいます。

 

アイドル犬・ロビーに会おう!

 

博物館のアイドル・ロビーくんは、地元でもちょっと有名な看板犬。ロビーくんへ会いに、お客さんがリピートして来店するほど。その大きさに、初めて会う人はきっとビックリするかと思いますが、とっても大人しくて賢いから、一目会えばロビーの虜になってしまいますよ!

 

 

大抵は看板犬としてお店にいるそうですが、タイミングによっては外出していることも。訪問した日、実はシャンプーをしにお出かけ中でした。たまたまタイミング良く、ふわふわになって帰って来たロビーくんと遭遇!会えてよかった!

 

Christmas Toys / ブリキのおもちゃ博物館(TOYS CLUB)

所在地 横浜市中区山手町239

営業時間 9:30~18:00 (土・日・祝日は~19時)

 

いくつになってもやっぱりワクワクしてしまうクリスマスシーズン。

クリスマスマーケットで存分に楽しみましょう!