検索

人が集まる部屋を目指して。グリーンと温もりのある家具で作るマイ部屋。【プチDIY女子達のお部屋案内】

友人を頻繁に呼ぶなら、人が来て「心地よい」と感じる温かみを生み出すことが重要です。

代官山で働く、アイリストの神山エリカさん。この秋から暮らし始めたのは、お友達を呼ぶことも多いという落ち着いた空間。7.5畳のなかに隠された工夫を探ってきました。

 

グレーとベージュ、木の素材

 

代官山にあるネイルとアイラッシュのサロン、yuo virth+LIM(ユオバースプラスリム)で働く、アイリストの神山エリカさん。
今年、美容師さんからアイリストへと転身し、大阪から東京へとお引越ししてきたばかり。
東京で暮らし始めたお部屋は、7.5畳のワンルーム。ラフにまとめられた中にもセンスが光る、居心地の良い空間になっていました。

 

 

玄関側からお部屋を見たところ。

 

 

写真左側に、キッチンとお風呂がまとまっている、ちょっと珍しい間取りのワンルームのお部屋です。窓もたくさんあって明るい。

 

 

ベッドを窓側に寄せたことで、2シーターの大きなソファ、ローテーブルをおいてもゆとりのある空間に。ソファはリビングハウス、ローテーブルは無印良品の折りたためるタイプ。

神山さんのお部屋で気づいたのは、床の色とあった木の素材の家具が多いこと。ベージュやグレーのインテリア、それにグリーンと合わせると、ゆったりくつろげそうな、落ち着いた空間になります。

 

キッチンが決め手でした

 

お部屋探しで重視したのは特にキッチン。廊下やお部屋にあるのではなく、ちょっと奥まったところにキッチンがあるこのお部屋、そのおかげで、キッチンのスペースにも余裕があり、部屋も広く使えているそう。

 

 

こちらがキッチンのスペース。

 

 

食材は、中身が見やすいガラス瓶に入れ替えて。

 

 

よく使う道具はレンジフードにS字フックで引っ掛けます。

 

 

Wolfcraftの吸盤クリップで飾ってあったポストカード。

 

 

器も好きで、よく陶器市に行かれるという神山さん。笠間の陶炎祭(ひまつり)で買ったものや、お友達が作ったものなど、素敵な器がたくさん。

 

さりげなく、飾る

 

あまり大きな家具は買わないようにしているとのことで、本棚や飾り棚などはない神山さんのお部屋ですが、視線の集まるポイントは、無造作に見えながらも素敵に整えられています。

 

 

 

お部屋にはテレビもパソコンもなく、その代わりに本屋さんによく行って、文庫本を買ってくるそう。収納棚はあえておかず、ざっくり重ねてあるだけですが、バランスが見事。なんとも絵になってますね。

 

 

メイクのアイテムやクリップなど文房具も、プラスチックのパッケージのままではなく、ガラスの瓶に入れ変えられているので、何かのコレクションのよう。見せ方がとても上手です。

 

 

玄関にあったこちらの線画は、神山さんご自身が描かれたもの。

 

小さなお部屋でも、隅々まで手を抜かず整えて見せることで、こんな風に雰囲気があって、落ち着く空間が作れるんだなと、感嘆してしまったお部屋でした。

 

神山さんが働くネイルとアイラッシュのサロンはこちら
https://www.lessismore.co.jp/yuo-virth

 

神山さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/_e___k/

 

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

 

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!