検索

パリが愛した写真家、ロベール・ドアノーのドキュメンタリー映画が4/22公開

20世紀を象徴するフランスの国民的写真家ロベール・ドアノーの人生と創作のすべてに迫る、初のドキュメンタリー映画『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』。4/22(土)より東京都写真美術館ホールとユーロスペースにて公開!

 

フランス=“愛(アムール)の国”のイメージを確立させたドアノーの写真

ロベール・ドアノー、その名は知らなくとも「パリ市庁舎前のキス」という写真を目にしたことのある人は多いのでは?1950年にアメリカの雑誌「LIFE」の依頼で撮影され、1980年代にポスターとして発売されると世界中に広まったこの写真。今となっては、愛<アムール>の国・フランスの象徴といっても過言ではないけれど、ドアノーの演出によってこの写真が撮られた当時のパリでは、恋人たちが街中でキスすることなど珍しい時代だったんだそう。

 

映画を通して浮かび上がる、パリを見つめ続けたドアノーの眼差し

 


生涯を通して、“パリの日常”をとらえた数々の名作をのこし、誰もが憧れる恋人たちの都・パリのイメージを創り上げていった写真家ドアノー。街角に潜む“瞬間のドラマ”を職人技で釣り上げ、ときには演出によって“人生の真実”をより深く表現する、彼の独自の写真哲学が本作で明らかにされていきます。

 


作品では、撮影風景やインタビューなどの当時の貴重な資料映像、親交のあった著名人による証言から、写真家ロベール・ドアノーの人生と創作のすべてに迫っていきます。今では世界でもっとも有名な写真のひとつとなった「パリ市庁舎前のキス」の知られざる撮影秘話も。

 


さらに、ピカソ、フランソワーズ・サガン、ロマン・ポランスキー、サビーヌ・アゼマ、イザベル・ユペールなど、ドアノーが撮った同時代を代表する著名人のポートフォリオ作品も楽しめます。

 

監督はドアノーの孫娘であるクレモンティーヌ・ドルディル。家族だからこその視点で、優しさにあふれた祖父、撮影にこだわりぬく写真家の両面を描き出し、愛とユーモアに溢れたドアノーの写真家人生を浮き彫りした本作。

 

一生を写真に捧げ、家族を愛し、パリが愛した写真家、ロベール・ドアノーの眼差しの先にあったものは?ぜひ劇場で確かめて。

 

パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー<永遠の3秒>


監督:クレモンティーヌ・ドルディル

出演:ロベール・ドアノー/ダニエル・ペナック/サビーヌ・アゼマ/ジャン・クロード・カリエール/堀江敏幸

2016年/フランス/フランス語/アメリカンビスタ/80分/原題:ROBERT DOISNEAU: THROUGH THE LENS

©2016/Day For Productions/ARTE France/INA ©Atelier Robert Doisneau

配給:ブロードメディア・スタジオ

4月22日(土)東京都写真美術館ホール、ユーロスペース他全国順次公開

http://doisneau-movie.com/

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!