検索

京都の街がアートに染まる!おしゃれなアートが気軽に楽しめて買えちゃうアートフェア

海外インテリアでよく見る憧れのアートのあるお部屋。でも実際にアート作品を買うとなるとハードル高いなって思いません?そんな人にオススメの新しいスタイルのアートフェアをご紹介します。きっと素敵なアートとの出会いが見つかるはずです。

世界的に浸透しているアートを日常に取り入れた暮らし。日本でも生活の中にアートを取り入れる人が増えているそうです。

来年はアートで彩りのある生活を始めてみようかな?でも、アート作品を選ぶのって難しいし、価格も高いイメージだし、ハードルが高め。。なのが本音。ならばぜひとも足を運んでほしいのが、来年京都で開催される「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019」

タイトル「A luminescent box」/和田直祐

 

「ARTISTS' FAIR KYOTO 2019」は、アーティスト自らが展示会場に立って作品の説明から販売まで行うというユニークな取り組み。今年の2月に開催されていて話題となり、来年が2回目の開催です。

オシャレで素敵な作品を作家本人から買えて、しかも手の届く価格帯の作品も多いのでかなり本気で見ちゃいます。これまでアートに敷居の高かった人にもオススメです。

 

京都文化博物館別館:「ARTISTS' FAIR KYOTO 2019」の会場の一つ

 

ARTISTS' FAIR KYOTO 2019

日 程:2019年3月2日(土)、3日(日) ※1日(金)は特別内覧会を開催

会 場:京都府京都文化博物館別館 / 京都新聞ビル印刷工場跡

時 間:10時00分~18時00分

入場料:1,000円(学生無料 要・学生証) ※京都新聞ビル印刷工場跡は無料

[URL] https://www.artists-fair.kyoto/

さらに、「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019」開催にあたりサテライトイベントとして、京都府内のホテルや飲食店などが展示会場になるイベント「ARTISTS’ FAIR KYOTO2019: BLOWBALL」が開催されます。

 

■ 会場のご紹介(一部)

 

京都、錦市場からほど近い、築約100年の町屋をリノベーション。最先端のクラフトビ ールを生み出す醸造所を併設した、“和クラフト”料理が楽しめるレストラン。 
  
創業安政三年(1856年)。変わるものと変わらないものを見極めながら、京都だけが持 つ独自の文化や美しさを、お料理やおもてなしの心を通じて、世界中に発信している。

 

「下鴨プレアデス」 下鴨茶寮と若手アーティストがコラボレーション
"アート"と"ホステル"を合わせ、展覧会の中に宿泊し、美術を“体験”として深く味わっていただくための宿泊型のアートスペース。

 

さらに、2019年春にオープン予定の宿泊型ミュージアム「BnA Alter Museum」では、制作中の宿泊アート空間をはじめ施設全体を特別公開する、「ナイトミュージアムツアー」を開催。食事を楽しむ人や宿泊する人も、注目の若手アーティストたちの作品が想像を超える展示空間で楽しめます。


 

アートに染まる早春の京都。美味しいものを食べてアートを楽しんで、街をめぐる。
伝統とモダンが同時に存在する文化の街、京都でしか味わえないアートとの出会いを楽しんでみてはいかがでしょう。さぁ、京都へGo!

 

「ARTISTS' FAIR KYOTO 2019: BLOWBALL」
※ARTISTS' FAIR KYOTO 2019のサテライトイベント。
日 程:2019年2月初旬~3月下旬 
会 場:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku、スプリングバレーブルワリー京都、下鴨茶寮、BnA Alter Museum、ワコールスタディホール京都 
[URL] https://artists-fair.kyoto/blowball/
※各会場によって開催時期が異なります。詳細はWEBでチェック!
Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!