検索

冬こそ鍋ダイエット!痩せる理由とコツとは?

冬が近づいてくると恋しくなる鍋。鍋は心も体も温まりますよね。また具材を切るだけで準備でき、片付けも簡単などのメリットがあります。そしてダイエットに鍋が活用できることはご存知ですか?そこで今回は鍋を活用したダイエットとレシピをご紹介いたします。

鍋がダイエットに良い3つの理由

 

1. 野菜がたくさん摂れるから

野菜をたくさん摂ることは、血糖値の急上昇を防いだり、食べ過ぎ防止、便秘の改善に役立ったりなど、良いことがたくさんあります。生野菜は量を多く摂ることが難しいですが、鍋にして野菜を煮込んでしまえばカサが減りたっぷり摂ることができます。

 

2. 体が温まり代謝がアップするから

温かいものを食べると、体温が上がり代謝アップにつながります。ショウガのすりおろしや、唐辛子を鍋に入れると体の芯から温めることができます。

 

3. 炭水化物の摂取量が減るから

鍋のシメと言えば雑炊やラーメンなどですが、野菜やキノコなどの具材を先にたくさん食べることで、シメを食べる前に満足感が得られます。
また少量のご飯でも雑炊にすることで量が増え、炭水化物の摂取量が減ります。ダイエット中であればシメは無理に食べなくてもOKです。

 

 

 

鍋ダイエットをするうえで気をつけたい3つのこと

 

1. 一人用の鍋で食べ過ぎを防ごう

いくらヘルシーな鍋でも食べ過ぎてしまえばダイエットにはなりません。食べ過ぎを防ぐためにも、1人用の小鍋で作りましょう。

 

2. さっぱりした味付けを心掛けよう

こってりとしたチーズ鍋やとんこつ鍋、カレー鍋はカロリーが高くなりがちです。あっさりとした寄せ鍋やしゃぶしゃぶ鍋を選びましょう。

 

3. シメの具材に注意しよう

シメを食べる時は、チーズを入れたリゾットやラーメンはカロリーオーバーになります。少量のご飯を入れてシンプルな雑炊にするのが一番おすすめです。

 

 

そして今回は、とってもヘルシーな鍋レシピを2つご紹介!

 

 

 

 

ヘルシー鍋レシピ:野菜のしゃぶしゃぶ

 

【材料】1人分

・もやし:1/2袋
・大根:50g
・ニンジン:20g
・水菜:20g
・エリンギ:1/2パック
・エノキ:1/2パック
・鶏ささみ肉:1本
・ポン酢しょうゆ:適量

 

[だし]

・水:400cc
・酒:25cc
・昆布:約5cm角

 

【作り方】

(1)大根、ニンジンはピーラーで薄く切る。
(2)水菜は4cmの長さに切り、エリンギと鶏ささみ肉は薄く切る(しゃぶしゃぶしやすい薄さに切る)。エノキは石づきを取り除き、ほぐしておく。
(3)鍋にだしを入れ、煮立ったら昆布を取り出し、材料をしゃぶしゃぶしてポン酢しょうゆでいただく。

 

(1人分 110kcal)

 

 

ヘルシー鍋レシピ:パクチー鍋

 
【材料】1人分
・パクチー:3株
・有頭エビ:2尾
・もやし:1/2袋
・厚揚げ:1/2個
・エリンギ:1/2パック
・水:2カップ
・鶏ガラスープの素(顆粒):小さじ1
・ナンプラー:大さじ1
・レモン(くし切り):適量
 
【作り方】
(1)パクチー、厚揚げ、エリンギは食べやすい大きさに切る。
(2)エビは頭と尾を残して殻をむき、背ワタを取り除いておく。
(3)鍋に水と鶏ガラスープを入れ、ひと煮立ちしたらナンプラーを入れる。
(4)(3)に具材を入れ、お好みでレモンを絞っていただく。
 
(1人分 215kcal)
 

鍋は様々な食材が1回で摂れるので、バランスの良い食事にもつながります。鍋を活用して健康的な体作りにつなげていきましょう!
 
 
 
 

wellfyより

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!