朝の運動はココに注意!毎日30分の長続きエクサでのんびり痩せよう

早起きは三文の徳。とはいいつつ、せっかく早い時間に起きても、ぼーっとしているうちに時間が過ぎてしまうことはありませんか?今回は、長続きする朝のエクササイズと注意点についてお話します。

朝活をして痩せたい!

 
朝早くに目が覚めても、ベッドからなかなか出られずにぼーっと過ごしてしまう…、または二度寝してしまう、なんて経験はありませんか?

そのぼーっと時間、是非朝活に活用してみませんか?
朝のちょっとした時間でも、ダイエットに有効活用できますよ。ではさっそく、朝のエクササイズを見ていきましょう♪

 
 
 
 

起床直後に運動してもOKなの?

 

まず気を付けてほしいのは、「起床直後は、運動をするのにあまり適した時間帯ではない」ということです。

寝ている間は体の活動レベルが最も下がった状態。そして、起き抜けはまだ活動レベルが上がっていません。筋肉や靱帯(じんたい)などが冷え切っているため、この状態で運動をするとケガをしやすくなります。

また、前日の夕食以降、基本的には食べ物を口にすることもありません。そのため、朝食前は筋肉や脳のエネルギーが枯渇(こかつ)した状態でもあります。
体が思うように動かなかったり、注意力が散漫になったりして、思わぬ事故にも繋がりかねないのです。

 

 

 

 

朝エクサの注意点

 
しかし、起床直後に運動をしてはいけないのかというと、そんなことはありません。気を付けなければいけないということを知った上で行う必要がある、ということです。

具体的には、次のポイントに注意して行うようにしましょう。

 
 

急に激しい運動をしない

準備運動のようなものから始め、徐々に身体を温めていきましょう
★特に寒い時季は重要です!

 

 

水分&エネルギー補給をしてから運動をする

 
コップ1~2杯のお水を飲み、バナナやチョコレートなど、軽いものを食べてから運動を行いましょう(ジュースやスポーツドリンクなどでもOK)

続いて、おすすめのエクササイズパターンをご紹介いたします。

 
 
 

朝のおすすめエクササイズ3つ

 

(1)ヒップ・太もも・ふくらはぎのストレッチ[15秒くらいずつ]

 

(2)室内で、その場マーチ[1~2分ほど]
★腕・太ももを水平になるくらいまでしっかりと上げる

(3)自宅周辺をウォーキング[15~20分程度]
★散歩ペースから徐々に速歩ペースに上げる

 

 

 

朝から上手に体を温めて活動レベルを上げておくと、午前中から代謝もアップ!
ぜひ無理のない範囲で、ケガなく楽しく続けてみてくださいね♪

 

 

 

 

 

wellfyより