検索

ワンルーム・1Kをおしゃれに広く使うには?家具の配置パターン別まとめ【プチDIY女子達のお部屋案内】

ひとり暮らしだから、そんなに広い部屋には住んでられない。空間をうまく使うには家具の組み合わせ別の配置術が肝心です。

 

ひとり暮らしで選ぶことの多い、20平米前後の1K・ワンルームの間取り。
家具をうまく配置することで、空間を広く、使いやすくまとめている事例を、パターン別に集めました。

 

ベッド+ローテーブルのインテリア実例

まずは定番の、ベッドとローテーブルでつくるお部屋の実例です。
縦長のワンルームでは、部屋の入り口からベランダまで、視線が抜けるように空間を使うことがポイント。
真ん中には低い家具を置くことで、部屋が広く感じられます。

 

「縦のライン」を揃えてすっきり見せる

 

 

DIYが大好きでお部屋を楽しくカスタマイズしているakiさんのお部屋

 

たくさんのものがありますが、左側のベッドとハンガーラック、右側のデスクやテレビ台のラインがぴったり揃っています。真ん中の空間には、高さの低いテーブルを置いて、視線が抜けるように。

 

「横幅ぴったり」にベッドを寄せて空間を広く使う

 

 

窓側にぴったりベッドを寄せて、空間を広くとった配置のお部屋。

 

 

木製パレットにマットレスを載せた手作りベッドは高さが低いので、空間を圧迫しないところがポイントです。

 

ベッド+ダイニングテーブルのインテリア実例

ひとり暮らしでもしっかり自炊派なら、作業テーブルとしても使える背の高いテーブルをキッチンの近くに置くと便利です。
狭く感じさせないためのポイントは、テーブルのサイズ感。
部屋に合ったサイズのものを選べば、機能的に生活できます。

 

折りたたみ式のテーブルを置く

 

 

サイズをぴったり測ってオーダーする

 

 

大谷さんのお部屋は、キッチンとの間に大きめのテーブルを設置。料理をする時にも大活躍。

 

 

動線を邪魔しない絶妙なサイズ感は、実はお部屋に合わせてサイズを測り、minneでオーダーしたものだから。部屋で一番お気に入りの場所になりました。

 

ベッド+ソファのインテリア実例

コンパクトな家具を選んで

 

 

naa9290さんのお部屋はでは、少し小さめのベッドを選んでぴったり壁に寄せることで、大きなソファを置いても十分使える空間を作りました

 

 

ベッドとソファは足つきのもの、テーブルはガラストップのものを選んでいるので、床が見えて空間を広く感じます

 

 

 

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

 

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!