検索

2018年平成最後の冬『モンディーン』から自分へのクリスマスギフトにベストマッチな1本を

年末だから!駆け込みショッピングはこのブランドで!『モンディーン』のスペシャルなリストウォッチを自分のご褒美にいかが?

時計大国スイスのスイス国鉄オフィシャルウォッチである『モンディーン』は、ブランド創業時からシンプルさと想像力を融合し、現代的で革新的なデザインを実現。2018AWコレクションは、『モンディーン』の機能性の高さはそのままに、変わらないアイコニックなスイスデザインをモダンなスタイルへと進化させています。

 

『モンディーン』エヴォ2 シーズナルコレクション

2018 年秋冬限定商品は、『モンディーン』の定番コレクション「evo2」に秋冬らしいカラーパレットを加えて登場。シルバーダイヤルと秋冬らしいストラップバリエーションは、主張しすぎずエレガントで、モードな印象。 カラーは3色展開。やさしいグレーカラーストラップにマットなシルバーダイヤル、ビンテージ感のあるブラウンストラップ にポリッシュ加工のケース、タンレザーに存在感のあるブラックIPプレートのケースとダイヤル。全てのモデルが、傷がつきにくいサファイヤクリスタルケースでできています。

9月下旬発売予定。

 

クリスマス限定コレクションも!

ダイヤルとケースカラーのゴールドと、秒針のレッドがクリスマスらしい華やかなイメージ。3SKU展開で、40mmと30mm のチョコレートブラウン色のストラップとIP加工ゴールドケース、または 26mmのIPゴールドケースのメッシュブレスレットを選べます。モンディーンの変わらないデザインが、変わらない愛を誓う。ペアウォッチとしてもオススメ!

11月下旬発売予定。

 

ヘルベチカ オマージュ・トゥ・タイポグラフィー

世界で最も使われているタイポグラフィーといわれる、「ヘルベチカ」。ラテン語で“スイス”を意味する「ヘルベチカ」を、時計という3次元で表現するモンディーンのヘルベチカ・コレクション。

2018 年スペシャル・エディションは、タイポグラフィーの権威として知られるインドラ・クプフェルシュミット女史の監修によるモデル。その昔の活版印刷などタイポグラフィーの軌跡と、それに携わるクラフツマンシップに焦点を当て、文字盤や本革製のストラップに施された「ヘルベチカ」フォントのエンボス加工などで表現されています。

このスペシャル・エディションは、「植字工と呼ばれる職人たちの手作業による文字組みなど、現代では失われつつある技術や伝統に想いを馳せて欲しい」という、タイポグラフィーの中でも「ヘルベチカ」への愛が深い、インドラ・クプフェルシュミット女史の気持ちが込められています。38mmケースサイズで、ブラウンレザーストラップとブルーストラップの2色展開。ヘルベチカというフォントに想いを馳せて、長く使いたい、大切な 1 本になりますよ。

10月発売予定。

モンディーン社について

モンディーン社は、1951 年「Frank&Bernheim」という時計の輸入販売を業務とする会社としてブラジルで設立。1986 年に発表された「スイス国鉄オフィシャルウォッチ」は誕生以来20年以上が経過した現在でも世界中でロングセラーを記録。

近年では、一流のデザイナー・建築家・アーティストとのコラボレーションウォッチも発表。2014 年にはスイスの代表的なフォントである Helvetica ラインを発表。

 

【お問い合わせ先】

MONDAINE/モンディーン(DKSH ジャパン)
TEL:.03-5441-4515

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!