検索

ファッション業界に殴りこみ!?衣裳もLet's D.I.Y!【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 前編】

D.I.Yのスピリットを独自の切り口で教えてくれるコラムをどうぞ。独特な笑いを生み出す芸人、バッファロー吾郎の竹若さんによる〝何かものを作りたくなる” D.I.Y.コラムです。

空気が澄んで気持ちの良い日々になってきました。その空気の中、澄んだ音楽を聴きながら、澄んだ香りに包まれて、澄んだD.I.Yを楽しんでみましょう!

澄みきった空気が漂う季節は、気分も芸術家のようになりますね! いっそ芸術家になりきって色んな事にチャレンジしてみましょう!

・・・むむ?澄んだD.I.Y!?すみません!澄み切った世界の向こう側へ行ってしまって、何の根拠も意味もない訳の分からない事を言ってしまいました。

 

 

では程よく淀んだいつもの空気をまといながら今回のテーマに参ります!

今回は「衣装をD.I.Yしてみよう!」です。

普段のD.I.Yでは使わない素材や道具にビシバシ刺激を受けましょう! 未知なる世界へ旅立ってスキルアップ! 美味しいことだらけですね!

衣類やコスチュームを作るっていうのはまた別の話なのでは!?という意見ももちろんなのですが、これが以外と回り回って役に立つ事となるのです。

私も4年前ぐらいから、衣装を作ったりリメイクやお直し等をやり始めました。スパイダーマンやバットマン等のアメコミが大好きで、アメリカンビッグサイズのアメコミプリントTシャツをリサイズしたり、アメコミキャラのコスチューム自体を作ったりして数々のイベントでウロウロしております。

まず衣装を作り出して変わったことは、単純に素材や道具の知識が増えました。

家や部屋に関わるD.I.Yでは木材やアルミ等の固い材料が多いですよね!でも衣装関係の素材は柔らかいです!ほとんど未知の世界です!そしてそんな柔らかい材料を構築していく道具達も発想の違う興味深いものばかりなのです!

もちろん衣類に関しても「安く仕上げる」という考え方は同じなので、数多くのモノを見て触って検討いたします。そうこうしているうちに素材や道具の知識が増えますので、いつものD.I.Yへ流用して可能性が広がりますし、数少ないファッション業界と建築業界の橋渡しと的な存在になれるでしょう!

 

適材適所がキーワード!

グルーガンも目から鱗の道具です! その活躍はもうすでに手芸界を飛び越えてますね!

布などの柔らかい素材を扱っていますと、様々な箇所の強度についても意識するようになってきます。一般的なD.I.Yだと強度は高ければ高い程良いという凝り固まった考えに陥ってしまいます。

ザクみたいな強さの家具よりグフみたいな強さの家具を作って「ザクとは違うのだよ!」と声高らかに言いたいですもんね!

しかい適材適所のように「適した場所に適した強度を施せる」ようになれば、それだけで経費の節約につながりますし、ゴツゴツしたありきたりのデザインではなく、しなやかな唯一無二のデザインに変化してゆくはずです!

きっと声高らかに「私のザクは、頑丈なだけのグフとは違うのだよ!」と言える事でしょう!

 

素敵な新しい出会いと、その出会いをいかに上手く活かせるか!? その壁を越えればさらに貴方らしい表現が待っています!

では後半はさらにオートクチュールなD.I.Yな世界をお届けいたします!

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!