検索

雨の日も、雪の日も。フレンチアイコンブランドがタッグを組んだコラボレインアイテム

ラバーブーツやレインコートなど、機能的でありながらそのスタイルやデザインまでが160年以上も愛されている『AIGLE』。そして、フランスのファッション・アイコンとして70年代から活躍するイネス・ド・ラ・フレサンジュによるブランド『INES DE LA FRESSANGE』。ふたつのフレンチアイコンブランドが出会ったコラボアイテムは全部キープしておきたい可愛さです。

 

永遠のミューズ、イネス・ド・ラ・フレサンジュ

 

1957年に南フランスで生まれたイネスは、17歳のときにモデルとしてのキャリアをスタート。シックなパリのスタイルを体現するその魅力で、80年代にはカール・ラガーフェルドのミューズとなり、CHANELのショーやキャンペーンにたびたび登場しました(2016年には娘のヴィオレット・ドゥルソがCHANELに起用されたことも話題に!)。彼女は常に自分の仕事やファッションについて意思を持ち、ジャーナリストたちとのコミュニケーションを楽しむことで「The Talking Model」と言われていたそうです。90年代には自身のブランド『INES DE LA FRESSANGE』を立ち上げ、現在に至るまでフランスを代表するデザイナーとして活躍しています。

 

コンパクトに収納できるレインコート ネイビー ¥39,000 

 

シルエットや配色にこだわりを

 

まずご紹介するのは、ネイビー&レッドの2カラーで展開するレインコート“Army look Parka”。無駄を削ぎ落とした飾らないデザインでありながら、トリコロールカラーのテープが前たてやファスナートップにあしらわれており、イネスらしい上品な仕上がり。ネイビーにはレッドの、レッドにはネイビーのアクセントが効いています。ウエストが絞れるようにデザインされているので、シルエットの変化が楽しめるのも嬉しいポイント。素材には透湿防水性に優れたMTD素材を採用し、『AIGLE』が誇る機能性もしっかりと押さえた実用的なアイテムとして活躍してくれるはずです。

 

 

 

コンパクトに収納できるレインハット レッド ¥9,000 

 

大きめのレインハットでおしゃれに防水

 

天候が変わりやすく、霧のような雨がしょっちょう降るといわれるパリの街。でも、パリの女性たちはそんなことは気にせずおしゃれを楽しみ、傘をささずに歩く人も多いそうです。小雨程度の日なら、つばが広めにつくられたレインハットをかぶればそれでじゅうぶん。こちらにもワンポイントでもトリコロールカラーのテープがあしらわれているので、レインコートとセットで使うのがおすすめ。コートもハットもコンパクトに収納して持ち歩けるようになっているので、天気が心配な日はバッグに常備しておくと安心です!

 

 

 

 

ラバーブーツ(ショート)¥23,500、ラバーブーツ(ロング)¥25,000 

 

定番ラバーブーツをイネス仕様に

 

『AIGLE』のクラシックなラバーブーツを、イネスのシグネチャーであるトリコロールカラーで色づけしたアイテム。ネイビーを基本にしたベーシックな一足なので服を選ばず、はじめて『AIGLE』のブーツを購入する人にもぴったりの一足です。ブーツの中は汗をかきやすいため、ふくらはぎに余裕のあるサイズを選び、ブーツ内の湿気が排出できるようにすることも大切だとか。今回のコレクションは22.5cmから24.5cmまでのサイズが揃うほか、丈の長さも2タイプあるので、まずは自分にフィットする一足を試してみてください。

 

 

『AIGLE』の伝統的な機能美と、『INES DE LA FRESSANGE』の軽やかなデザイン性が組み合わさり、ありそうでなかった上品なレインアイテムが誕生した今回のコラボコレクション。雨の日や雪の日が増えてくるこれからの季節はもちろん、春や夏にも使えるアイテムなので、今のうちにセットで手に入れておいてはいかがでしょう? 大切な人へのギフトにもおすすめです。

 

AIGLE

カスタマーセンター

0120-810-378

www.aigle.co.jp

 

text:坂崎麻結

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!