検索

「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.06 福島市飯坂温泉 ラジウム温泉玉子】

デザイナーならではの視点から、旅先の情報とともにその土地ならではのお土産、雑貨、食べ物などをご紹介します。

 

 

昨年から福島県とのお仕事が始まりました。日本全国頻繁にいろいろなところにおじゃましているのですが、福島にしっかり滞在したのは今回のお仕事が始まってから。震災から7年以上が経った福島では避難指示区域の解除が進み、農産物の生産や出荷の制限も大きく緩和されてきました。しかし解除後の地域でも住民の帰還は進まず、高齢化も著しいため、農業の人手や労働力の確保が難しい状態が続いていると言われています。当然ながら基準値を超えた農水産物は市場に出回ることはありません。安全性が確保されているにもかかわらず、お米や果物などの取引価格は震災前に比べると低迷を続けているそう。今、福島がどうなっているのか、どんな暮らしや風景があるのか、それを確かめるためには自分が福島に行くことが一番!と思い、福島のプロジェクトに参加したいと両手をあげました。

 

 

桃や柿、お米もお酒ももちろん美味しいのですが、今回お土産にご紹介したいのは福島市にある飯坂温泉の「ラジウム温泉玉子」。日本で初めて「ラジウム」の存在を飯坂温泉で確認され、日本近代科学史の第一歩を刻んだ飯坂温泉ではこれを機に温泉玉子を「ラジウム玉子」として売り出したのだそう。ラジウム玉子は摂氏63℃~70℃の源泉に30分から1時間入れておけばできあがり。実際食べてみると他の温泉玉子より黄身の味が濃厚で弾力もあり、白身がとろけます。ラジウム玉子を牛丼弁当などに乗せたり、白いご飯に乗せてちょっと醤油をかけるだけでなんだか贅沢な気分に。

 

 

 

カラフルな包み紙がレトロでなんとも懐かしく可愛い!ひとつひとつ地元のお母さんが丁寧に包んでいます。常温で約2週間と日持ちもするのでお土産にピッタリです。老若男女問わず喜ばれること間違いなし。

 

 

 

 

この時期、福島は柿のオレンジに染まります。きれいに吊るされる柿のオレンジは見ているだけで元気になります。

 

 

 

 

 

何度かおじゃましてたくさんの方にお会いしましたが、福島は人がとても元気で温かく、ごはんも美味しくて、自然も北欧のように美しい。なんだかイメージと違った部分もありとても驚きました。訪れる度に「ただいま」と言いたくなるような福島。これからお仕事で長い長いお付き合いが始まります。

 

 

 

【過去の「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!はこちら】

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!