検索

定番だからこそ厳選したい。一目置かれる白シャツ

同じ白シャツでも素材や色味、パターンなど少しの違いで印象はまったく変わります。

清潔感・気品・格式…シンプルな白シャツにはたくさんのシグナルが込められています。シンプルなだけに少しの違いで印象を大きく変えるため、自身のスタイルや個性が浮き彫りになる程の奥深いアイテム。今回は、厳選した定番の白シャツをご紹介します。

 

 

背筋がシャンとする勝負シャツ

A.P.C. - Ginaシャツ 白/ペールブルー ¥18,360

KENZOやagnès b.で経験を積んだジャン・トゥイトゥによって1987年に設立されたA.P.C.。「Atelier de Production et de Creation(生産と創造の工房)」の頭文字を取ったブランド名で、フレンチベーシックで機能的な服に、ストリート要素が加わった服作りが特徴です。メンズウェアからインスピレーションを得たGinaシャツのデザインは、身幅に余裕があるルーズなフィット感がマスキュリンな印象を与えます。コットンのエキスパートといわれるイタリア・LARUSMIANI社の、強くひねりをかけることで光沢の妨げになる毛羽を少なくしたコンパクトヤーンという糸がシャツの表情を女性らしく演出します。きれいな表面と腕を通したくなるさらりとした肌離れが心地よい、こだわりの生地が特徴です。パンツやスカートにインした時に出るシワとシルエットの美しさを楽しむのも、インせずにちょっとルーズに着るのもいいですね。

 

 

シルエットの強弱を楽しむ一枚

unfil - high twist cotton gabardine cropped shirt, light beige ¥28,080

2017秋冬シーズンにスタートした日本ブランドのunfilは、フランス語で「1本の糸」を意味し、上質で着心地が良い素材やシルエットにこだわりを持っています。プルオーバーシャツは、広い身幅に短い着丈で、体を動かすことによって色々なシェイプが現れます。ハイウエストのボトムと合わせたり、裾からインナーを覗かせたり、着回しを幅広く楽しむことができるのが嬉しいですね。左右の大きい胸ポケットやフライフロントなど、シンプルなベースに遊び心の効いたデザインが特徴的。衿やカフスの裏に肌触りのよい起毛素材を使っており、カラーも温かみのあるライトベージュなので、これからの季節にもおすすめです。

 

 

シワ加工がぐっとナチュラルな印象に

Vas-y Lentement - NVL1161W WRINKLED ORGANIC REGULAR COLLAR SHIRT, WHITE / NATURAL ¥15,120

フランス語で“ゆっくりやろうよ”という意味を持つVas-y Lentementは、ワークやミリタリー、アウトドアクローズをモチーフに2010年秋からスタートしたユニセックスブランド。白シャツは、シワ加工が施されており、ぐっとナチュラルな印象を与えます。レギュラーカラーですが、シワ加工された襟が柔らかい雰囲気に。洗濯の繰り返しでシワが減っていくように作られており、着用していくうちにシワの変化を楽しむことができる一枚です。オーガニックポプリンを使用した張りのある生地で、ニットやコーデュロイなどのゆったりした素材のアイテムとも好相性。

 

 

糸からオリジナルで作られた白シャツ

Nigel Cabourn - BRITISH OFFICER'S SHIRT - OXFORD ¥18,000

世界中から集められたヴィンテージウェアをインスピレーションに服作りをするイギリスのブランド・Nigel Cabourn。デザイナーのナイジェル・ケーボンは1971年にイギリスのノーザンブリア大学在学中にNigel Cabournの前身となるCRICKET を立ち上げ、40年以上もトレンドに左右されない創作を続けています。定番白シャツは、紡績からオリジナルで取り組んでいます。良質な繊維だけを選別したタテ糸と、2種類の繊維を最適にブレンドしたヨコ糸で織られたファブリックは天然素材が持つ自然な光沢を生み出し、何年も着用することによってさらに素材の味が加わります。デニムと合わせたり、ヴィンテージ感のあるスタイリングがオススメです。

 

 

あなた好みの1枚を見つけて

定番の白シャツでもその一枚の印象はさまざま。シーンや気分に合わせて、自分好みの白シャツを見つけてみてはいかがでしょうか?

 

text:和田典子

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!