検索

すっぴんでも桜色のほおに。血行を良くして、オンナっぽさをUP!

華やかなメイクやファッションをしていても、顔の血色が悪かったら台無しに!ほんのりピンクのほおは、女性らしさの大きなポイント。今回は素肌の血色感をUPする方法をお教えします!

ほんのりピンクの血色のいい肌になるには?

 
さくらのようなピンク色のほおは、男性から見てもドキッととさせられるポイント。

でも、ファンデーションやチークなどで肌色をカバーしても、その場しのぎになるだけ。やはり顔を一番綺麗に見せてくれる基本は素肌なんです。

今回は、そんな顔の血色に注目!まずは、血色が悪くなってしまう原因から見ていきましょう。
 
 
 

血色が悪い原因とは?

血色が悪くなる原因のひとつとして、「血行不良」が考えられます。疲労やストレスによって顔の血液やリンパの循環が悪くなり、そのため顔色が冴えなくなってしまうのです。

また、血液やリンパ液の流れが滞ることによって、別のくすみの原因も引き起こされます。それは、肌の新陳代謝の遅れです。

血液やリンパ液は肌の細胞に酸素や栄養を送るはたらきをしています。そのため、この流れが滞ると、細胞が生きるために必要な酸素や栄養分を十分に送り届けることができません。その結果、肌の新陳代謝の遅れを招いてしまうのです。

さて、血行不良は血色のほかにも、肌の代謝を鈍らせることから、美肌を作るサイクルにも影響を与えることがわかっていただけましたでしょうか?

皆さんの今の血行状態は大丈夫でしょうか?さっそくチェックしてみましょう!

 

 

 

血行不良チェック

 

血行不良の確認は、体調管理にも役立ちます。ご自身で定期的にチェックしてみましょう。
3つ以上チェックがついた方は赤信号!

□最近よく眠れていない
□ストレスがたまっている
□いつも体が重く感じる
□極端なダイエットをしている
□肩こりがひどい
□喫煙している

セルフチェック、いかがでしたでしょうか?現代社会で頑張る女性は、疲れやストレスが多いはず。チェックがたくさんついてしまった方、多いのではないでしょうか?

それでは、血行不良を改善するにはどうしたらよいのでしょう。次でその方法をご紹介します!

 

 

 

血行不良を改善して、血色を改善する方法

 
まずは、血液やリンパの流れを良くする蒸しタオルをつかったスチームとマッサージがおすすめです。
 
 

血行改善マッサージ

1.蒸しタオルを首にあてる

水で濡らしたタオルを1分程度電子レンジにかけ、蒸しタオルを作り、首に1分程度当てます。じんわりと心地よく温まる程度の温度がベスト。蒸しタオルをレンジから取り出す際はやけどに注意!

 

2.顔に蒸しタオルをあてる

「1」で使った蒸しタオルを、首の次は顔全体に当てます。こちらは10秒ほどでOK。

 

3.クリームなどでマッサージ

顔の熱が少し引いたら、ローションをなじませ、浸透したらクリームをのせて顔全体を額から順に首まで、軽いタッチでマッサージ。額、頬、あごは顔の中心から左右のこめかみに向かって。首は、左右の耳の下から、首をなぞるように肩まで流してください!
血行が良くなるので、これを続けると肌のくすみが解消されていきます。

 

 

食事から血行を良くする

また、血行を良くするには、青魚に多いDHAを取りましょう。DHAには、肌の水分を保ち、潤いをキープする効果もあります。
DHAを摂取するには、さんま、あじ、かつおなどの背の青い魚、うなぎやあなごなどがおすすめです。

 

 

美しく楽しい毎日のためにも、血色の悪さはなんとしても解決しておきたいところ!まずは明るく元気な顔色を手に入れてみませんか?

 

 

 

 

wellfyより

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!