検索

ヨーグルトの効果的な食べ方、ご存知でしょうか……!?

ヨーグルトは、食べた方と飲んだ方どちらが便秘解消に効果的?どのタイミングで食べるのがベスト?今回はそんな意外と知らないヨーグルト情報をお届けします。

乳酸菌パワーを活かす2大ポイント

女性の大きな悩みの一つ「便秘」。そんな便秘を改善してくれて腸内環境を整えてくれるヨーグルト。
そんなヨーグルトが便秘改善に役立つのは、乳酸菌のはたらきによるものなのです。

その乳酸菌パワーを上手に活かすには、
●毎日取り続けること
●乳酸菌のエサとなるオリゴ糖をとること
の2つがポイント!また毎日食べることにより、便秘やお肌にもよい効果があります。

続いて、ヨーグルトを毎日取り続けていくための秘策をご紹介。

 

 

 

ヨーグルトの効果的な食べ方3つのルール

 

食べても飲んでもいい?

ヨーグルトの便秘改善効果ですが、食べるタイプと飲むタイプでの違いはありません。食べやすさや食生活スタイルに合わせて、自分に合ったものを選ぶことが一番だと思います。

そのため、時間があるときは食べるタイプにし、外出中などゆっくりできない時は、飲むヨーグルトにするなどして状況に応じてうまく使い分けるのがよいでしょう。

 

低脂肪や低糖の商品を選ぶ

飲むタイプは糖分が多めなのでエネルギー(カロリー)の取り過ぎには気をつけてください。エネルギーが気になる場合は、低脂肪や低糖の商品を選ぶようにしましょう。

 

空腹時より食後に取る

乳酸菌は胃酸に弱いので、空腹時より食後に取ることをおすすめします。外食のときは難しいかもしれませんが、自宅ではなるべく食後のデザートとして食べるようにしましょう。

 

 

 

ヨーグルトの豆知識

 

最後にひとつ豆知識をご紹介します。実はオリゴ糖を取ると、腸の中で乳酸菌を増やすことができるのです。

オリゴ糖を豊富に含む身近な食品には、キャベツ、玉ねぎ、ごぼうなどの野菜、大豆製品、はちみつなどがあります。
また、きな粉(※大豆から作られる大豆製品)、はちみつは、ヨーグルトのトッピングとしてもおすすめ。

 

毎日の生活に積極的にヨーグルトを上手に取り入れていきましょう!

 

 

 

 

wellfyより

 

 

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!