検索

賃貸マンションでもできる、冬の「寒さ対策」まとめてみました。【プチDIY女子達のお部屋案内】

そろそろの冬に向けて、インテリアも衣替えをする方も多いのでは? ちょっとした工夫で、お部屋をあったかくするアイディアをまとめてみました。

 

寒さの一番の原因は、「窓」や「ドア」から入り込む隙間風!

 

冬の寒さの原因は、サッシの隙間など、部屋の開口部から入り込む隙間風の影響が大。建物の古さというよりも、構造的に気密性の低い部屋は、寒さに弱くなるといえます。どうにもお部屋が寒いな……という場合は、諦める前に、賃貸でもできるちょっとした工夫を試してみましょう。

 

 

1. カーテンで部屋と部屋を仕切る

ワンルームなど、仕切りの少ない部屋に住んでいるときは、突っ張り棒&カーテンで暖房の熱を逃さない工夫をするだけで、かなり体感温度が違ってきます。

 

オープンなクローゼットの入り口なども、布で仕切ると結構違ってきます(この部屋はこちら

 

 

2. 断熱性の高いカーテンに交換する

カーテン自体の素材も侮れません。例えばこんなタイプに交換するだけで、窓からの隙間風を大きく減らせます。

・裾が長めのカーテン
・布が分厚いドレープカーテン
・ハニカムブラインドなど、空気を含む構造のカーテン

 

冬はドレープがたっぷりある、分厚いカーテンに変えましょう。さらに床につくぐらいの長さのものを選んで、隙間風をシャットアウト!(このお部屋はこちら

 

 

3. 窓に断熱シートを貼る

カーテンだけじゃどうにもならない! という場合は、窓に簡単に貼れる、断熱シートがおすすめ。賃貸でも、水で貼れるタイプなど、貼ってはがせる手軽なものから試してみましょう。

 

 

4. 床にコルクタイルをしく

窓も気になるけど、フローリングの冷たさが耐えられない! という方は、敷き詰めるだけで簡単に断熱できる、コルクタイルがおすすめ。

 

赤ちゃんのいるお宅などでも、コルクタイルは活躍(この部屋はこちら

 

 

5. 部屋の湿度を上げてみる

特に関東の冬は乾燥に注意。空気が乾燥していると、身体から汗が蒸発するときに熱が奪われ、寒さを感じやすくなると言われています。また、冬の大敵インフルエンザウイルスも、湿度を上げることは効果あり。加湿器がなくても、こんな気軽な方法で、湿度はコントロールできますよ。

 

・ やかんでお湯を沸かす
・ 濡れタオルを干す
・ 植物に霧吹きで水をやる

 

植物に毎日霧吹きで水をあげるだけでも、湿度はかなりコントロールできますよ(このお部屋はこちら

 

 

そろそろ、天気予報でも、寒くなるという予報が出ています。寒さ本番になるまえに、準備したいですね。

 

 

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

 

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!