検索

鈴木えみが手がけるLautashiがファッショニスタを魅了する理由

フォトグラファーのビル・カニンガムが「ファッションは毎日を生き抜くための鎧だ」と言ったように、日常的に着る服こそ強い鎧でありたいもの。Lautashiの個性ある洋服は、そんな強い鎧になってくれます。

モデルとして活躍する鈴木えみがデザイナーとして2017秋冬コレクションでデビューしたLautashi。12歳から“「人物像」を着替える職業”というモデルとして様々な服をまとってきた彼女が、「身にまとうものによって生まれる気持ちの変化、“ファッションとココロの関係性”をスタイルに投影」したブランドです。ファッション業界人からも一目置かれる服作りをしている同ブランド。今回はファッショニスタに愛されるLautashiの魅力を紐解いていきます。

 

 

デザイン性が高くモードでありながらも究極的にリアルクローズ

boulson - purple ¥60,000(税抜)

 

Lautashiの洋服の魅力のひとつは、モードでありながら“日常で着る服”と“着る人”のことが絶対的に考えられているところ。着てみないとわからないし、着る人によっても表情を変える洋服に、モデルで培った感覚が丁寧に注入されています。こちらのショート丈のライトアウターは、ボタンを開けると自然と肩が後ろに抜けてくれる作りに。パープルとリブの色の組み合わせは、顔色が明るい印象を与えてくれます。また、光沢感あるベルベット生地をコーティングして洗いをかけ、スエード風に加工したオリジナル生地は着用していくうちに味が出てくるので、長く愛用して表情が変わっていくのを楽しみたいですね。

 

 

袖を通したくなる着心地の良さと動きのあるシェイプ

silk shirts - multi ¥45,000(税抜)

 

上記のアウターのようにオリジナルの生地を作るなど、生地へのこだわりや着心地の良さ、素材を最大限に生かしたシェイプがファッショニスタの心を掴んでいます。シルク100%のシャツは腕を通したときの滑らかさが心地良く、パフスリーブが動くことで美しい弛みが現れます。左右の長さと色が違う身頃がセンターフロントで交差しているデザインなので、左右の裾を結んだり片方の裾だけボトムスに入れたりと着方に色々なアレンジができるのも嬉しいですね。

 

 

洗練された遊び心あるデザインと女性らしいシルエット

左:jaquard knit tops - blue ¥32,000 marmaid skirt - navy ¥36,000(税抜)右:check dress - check ¥38,000(税抜)

 

特別な日ではなくて日常的に、ちょっと特別なものを着たい。フォトグラファーのビル・カニンガムが「ファッションは毎日を生き抜くための鎧だ」と言ったように、日常的に着る服こそ強い鎧でありたいもの。Lautashiの個性ある洋服は、そんな強い鎧になってくれます。 セカンドシーズン以外のコレクションに登場しているマーメイドスカートはLautashiのアイコニックな一枚。女性のラインを美しく出してくれるシルエットと、動くと波のように揺れるネイビーカラーのフレアに見惚れてしまうはず。トップのジャガードニットは、“俯瞰で見たときの海をイメージ”したグラフィカルなデザインで、目を引くデザインとモックネックのクラシカルさが絶妙なバランスでミックスされています。 2種類のグレンチェックがセンターでセパレートされたアシンメトリーのワンピースも、ミニマルでありながら袖違いの遊び心が込められています。インナーにタートルネックを合わせたり、ロングコートを合わせても、女性らしさが際立ちそうです。

 

 

ファッションを超えたコラボレーション

 

今年10月に発表した4シーズン目となる19春夏コレクションでは、Amazon Fashion Week Tokyoの独自に実施するプログラムAmazon Fashion “AT TOKYO”にも選出され、初のインスタレーションを発表し話題を呼びました。「光のタイムマシン」をテーマに、メディアアーティストの落合陽一とサウンドアーティストのKAITO SAKUMA a.k.a BATICによる日常の街の光と音に包まれた演出は、日常で着る服のリアル感をさらに惹き立たせました。こうしたファッションの垣根を超えたコラボによって、ブランドコンセプトを強く打ち出すのもLautashiの魅力。来年の春夏シーズンには、是非このコレクションアイテムもチェックしてみてくださいね。

 

日常的に身にまとう服によって、気持ちは幾分も違います。現代社会に生きる女性の強い鎧となる服を、あなたのクローゼットに入れてみてはいかがでしょうか。

 

Lautashi

lautashi.com

 

text:和田典子

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!