検索

足元に大人の余裕を。今だからこそ欲しいローファー4選

大人の嗜みとして、今こそ取り入れたいローファーをご紹介します!

カジュアルな着こなしに、程よくかっちりとした印象を与えるのに便利なローファー。学生時代には誰もが履いた経験があると思いますが、大人の嗜みとして今こそ取り入れたいアイテムです。きちんとした「上質感」を備えていることが、大人のローファー使いのキーポイント!

 

フレッピーに履きこなしたい正統派

 

WEEJUNS - ローファー ¥17,280(税込)


この秋注目の「プレッピースタイル」にぴったりの、スタンダードな革靴。1876年創業の米国老舗シューズブランドのローファーは、ノルウェーの木こり達が履いていた靴が原型になっているそう。かっちり見えするので、着こなし全体のきちんと感をUPするのに役立ちます。チェック柄のパンツや、ウール素材との相性はもちろん、スウェット素材やオーバーサイズのアイテムを使った「大人リラックススタイル」の足もとを引き締めるのにも最適。

 

老舗「Churchs」の確かな履き心地

 

CHURCHS - KARAローファー ¥61,560(税込)


クラシカルで品格漂う、人気のローファー「KARA」が登場。まず初めに、眩しいホワイトカラーと、上品なツヤが目に飛び込んできます。カラーも質感も重たくなりがちな秋冬のコーディネートに、爽やかな抜けを与えてくれる一足。なめらかなレザーはとても履き心地が良く、足になじんでいく過程も楽しめます。イギリス老舗ブランドとして、日本のセレクトショップでも不動の地位を確立するChurchs(チャーチ)は、足をすっぽり包み込むような抱擁感とヒールの安定感が魅力。

 

ふかふかラビットファーで、足もとにボリュームを

 

INDIVIDUAL - ファー付きタッセルローファー ¥28,080(税込)


甲にたっぷりとあしらわれた、ラビットファーがポイントのタッセルローファー。靴底がゴツゴツとした「タンクソール」になっているのが、今年らしいディティール。見た目は重厚感がありますが、実際はとても軽く、足に負担がかかりにくいのが特徴です。ウェルト部分のゴールドラインがぴりりと効いた格好いいデザイン。凝った靴下と合わせても、可愛く履きこなせます。シンプルな着こなしと合わせて、足もとにボリュームを置いたスタイリングに。

 

すっきりと女性らしいきれい目シルエット

 

MICHEL VIVIEN STEPHEN - ローファー ブラウン ¥81,000(税込)


徹底的にシルエットにこだわった、シンプルですっきりとした印象のローファー。細部まで丁寧なつくりで、パッと見てその良質さが分かるような、クラス感にあふれるアイテム。ラフなデニムと合わせても、カジュアル過ぎず、コーディネートをきれい目にまとめてくれるから重宝します。MICHEL VIVIEN(ミッシェルヴィヴィアン) は、1999年にパリで設立したブランド。美しいシルエットに加え、素材が良く軽いことが特徴のひとつです。

 

技ありの一足から正統派まで、個性豊かなローファーが揃いました。どれも上質さをしっかりと感じられるので、他のアイテムでは思い切って遊べます。ちょっぴりルーズな着こなしでも、足もとはローファーで固めれば好バランス。大人カジュアルの強い味方です。

 

text : FACY LADY 編集部

 

【関連記事】

 

※ 今買い足すべき「スカート」はこれだ!

 

※ 大人気「カシミヤウールニット」がいよいよ発売!

 

※ 楽なのにしっかりキマる「イージーパンツ」集めました

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!