検索

ビューティをパーソナライズできるTHREEの極上空間がオープン

オーガニック精油と質の高い国産原料にこだわり、最先端のテクノロジーによって肌と心に心地よいアプローチを追究するブランド『THREE』が、11月21日(水)『SENSORIUM THREE(センソーリアム スリー)』をOPEN! パーソナルカウンセリング体験がメインの新コンセプトショップです。

 

メンズライン『FIVEISM × THREE』もフルラインナップで揃う

 

業界初のメンズコスメブランドの登場として話題になっている『FIVEISM × THREE(ファイブイズム バイ スリー)』。こちらもレディースと同じように予約制の各サービスを受けることができます。彼氏とデートで立ち寄るのも良さそうですね!

 

メイクアップは予約制パーソナルカウンセリング

 

専属メイクアップアーティストによる予約制パーソナルカウンセリング*を体験できることが『SENSORIUM THREE』の特徴。さらに、そのカウンセリングしてもらっているシーンを録画した動画を持ち帰ることができるんです。つまり、ショップで、プロに自分にぴったりのメイクを教えてもらい、そして、自宅で、動画を見ながらを、そのメイクテクをしっかり勉強できるという、まさに至れり尽くせりのサービス。これならプロのメイクの仕上がりが自分でも再現できそう。

 

Makeup Advice & Movie 予約制

*60 分コース......当日メイクアイテムを含む 6,000 円以上ご購入のお客様対象(THREE, FIVEISM)

*90 分コース......当日メイクアイテムを含む 12,000 円以上ご購入のお客様対(THREE)

 

 

肌の状態を見極めて施してくれるフェイシャルサービス

 

スキンケアスペシャリストによる予約制フェイシャルを受けることができます。THREEのホリスティックケアアイテムの中から、自分の肌に最も合う組み合わせを用いて行うトリートメントは効果的。そのスキンケアアイテムを自宅に持ち帰って持続的に使うことで、さらなる効果が期待できます。

 

*当日THREE ホリスティックケアアイテムを含む9,000円以上ご購入のお客様対象

 

 

ネイリストによるネイルカラーリングのサービスも

 

予約優先で、THREEのネイルアイテムを、ネイリストがカラーリングしてくれるサービスもあります。

*当日ネイルアイテムをご購入のお客様対象

 

 

自分の髪質に合ったヘアアレンジまで体験できる

 

予約優先で、髪質や気分に合わせたヘアアレンジメントのサービスまで受けられます。自分に最も合うTHREEヘアスタリングアイテムを使用したアレンジは、毎日のヘアセットにも活かせそう。

*当日ヘアアイテムご購入のお客様対象

 

 

 

ショップは自然原料の新素材を使ったジェンダーフルイドな空間

 

コンセプトショップ『SENSORIUM THREE』は、2つのブランドの間を行き来できるジェンダーフルイドな空間の中に、様々な石材を組み合わせて造り上げたオリジナルの新素材を使用したこだわりのデザイン。硫黄石や化石サンゴ、ガラスなど、新旧のマテリアルを組み合わせて造られたそうで、まさに自然とテクノロジーを融合させたTHREEのブランドコンセプトを形にしたような空間。

 

 

自分に合うコスメが最も価値あるコスメ

 

世の中にはたくさんの上質なコスメがありますが、大切なのは、質の高さではなく、自分との相性。優秀と言われるコスメを買ってはみたものの、自分の肌に合わなかったり、うまく使いこなせなくてドレッサーの中に眠らしてしまったという失敗は、誰にでもありますよね? やっぱり、自分に合うものを選ぶことが一番大切です。『SENSORIUM THREE』では、自分に最も合うメイクやスキンケアの価値を体験できます。自分にパーソナライズされたビューティを、ぜひ体験してください。 

 

2018年11月21日(水) OPEN

『SENSORIUM THREE ( センソーリアム スリー )』

東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内ニ丁目ビル 1F

 

THREE

http://www.threecosmetics.com

 

FACEBOOK: @threecosmetics

INSTAGRAM: @threecosmetics

TWITTER: @three_cosmetics

 

FIVEISM×THREE

www.fiveism- x -three.com

FACEBOOK: @fiveismofficial

INSTAGRAM: @fiveismofficial

TWITTER: @fiveismofficial

 

text:宮崎寛子

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!