検索

王道からこだわりまで花柄ワンピースを着たい!【Holiday Circus SNAP】

五感すべてでお洒落を体験できるファッションイベント「Holiday Circus」は今年で二回目の開催!「MIX and MUCH(ごちゃまぜる)」をテーマに演出された空間に多くの人が賑わう中、PeLuLu編集部が来場されたお客様のファッションをスナップしました!

今季のトレンドでもある花柄のワンピース。あなたの思い描く理想の花はどのようなものでしょうか?

 

10月20日・21日にTENNOZ CANNAL EASTで開催された「Holiday Circus」に訪れた人々が心に決めた、”今年の花”をスナップしてきました。

 

 

フレンチな小花柄を足元でトーキョー風に着崩す

めぐみさん 30才 会社員

 

愛知県からイベントに姉妹で遊びに来たという、めぐみさん。「studio CLIP」で購入したブラック地に青い小花が散るロングワンピースは、フレンチシックな装いです。

 

 

そこに姉妹でお揃いのリブレギンスを合わせて、トーキョーカジュアルに仕上げていました。足元のコンバースは小花柄に合わせた、儚げなパープルブルー。

 

 

「MHL」のロゴがポイントとなった帆布バッグは、出店ブースを散策できるように大きめをピックアップ。

お目当てのものは手に入れられたでしょうか?

 

 

背負った花に負けない!フラワー刺繍

若井ちえみさん 32才 duftオーナー

 

 

今回出店されていた、東京・世田谷区にある生花店「duft」のオーナー、若井さんが着こなしていたのは、繊細な刺繍が入ったチャイナドレス風のワンピース。

 

 

全身にくまなく入った、立体的な刺繍には圧巻。duftの花々に負けないくらいのインパクトがあるものの、その柄はリアルすぎずにテキスタイルのようで上品に黒地に映えます。

 

 

足元で日光を反射していた「Maison Margiela」の真っ白な足袋ブーツが、全体のスタイリングに抜け感を出していました。

 

 

スイート?モード?チュールに咲く大量のバラ

リカさん

 

ヴィンテージライクなチュールに、ロマンティックに咲く大量のバラ。ロンドンのブランド「sister jane」で見つけた、甘くも、モードにも感じるワンピースに「細かなところまで行きわたったこだわり」を感じて恋に落ちたとリカさんは話します。

 

 

 

ヒールを履いても地面につきそうなマキシ丈。足元は「adam et Rope」で購入したチャンキーヒールブーツを合わせて、甘さを調節しています。

 

 

耳元には、「BEAMS BOY」で購入した2017年デビューしたばかりの新ブランド「maturely(マチュアリー)」のピアス。ここにも小さな花が咲いていました。

 

 

それぞれが心に決めた、フラワーコレクションはいかがでしたか?

【Holiday Circus SNAP】はまだまだ続きますので、今年の秋冬ファッションのコーディネートのヒントに、ぜひほかの記事もチェックしてみてくださいね。

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!